Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

本夛マキ

2020.01.05

鎮静剤 本夛マキ『LiveLife!』より Amazon Music

不眠症だとか鎮静剤だとか、本夛マキとかハマノヒロチカとか、マリーローランサンとか高田渡とか、河島英五とかオフコースとか、そして真昼の空は厳しすぎるから・・・

 

 

不眠症だとか鎮静剤だとかちょっと眠れなかったり不調だったりする歌詞(≧▽≦)
本夛マキさんの「眠れない」というアナマキ時代の唄をうまいことシェアしようとしたけれど何処にもないことに愕然(≧▽≦)
正月は例によって寝てばかりで曜日もどこかに感覚消失で昼と夜との境界線もよくわからないまま昨日と今日との境界線のメッセージもようわからないままに過ごしていた。

 

最近、タブレット純だとか吉田照美小池美波だとか「昭和歌謡」的なラジオを習慣的に聞いていてどうも「今の唄」よりも30年前とか40年前とかをたくさん発見することが多い。昭和歌謡といえば数年前に下北沢440でのマキさん出演したイベントはめっさ楽しかったなああ。熟女Bに撃ち抜かれた(≧▽≦)。

 

 眠れない唄で思いだすのは、
河島英五君はどうだい
オフコース「眠れぬ夜」

 

 

まぶしい方がよく眠れるのさ。昼は昼でパチンコ台とにらめっこ。てゆかパチンコ行かなくなったなああ。カラオケも行かなくなった。そいえば年末時間つぶしで年越しをカラオケで一時間時間つぶしたけれども。まったく声が出なくなっているなあ。

 

そして、谷和彦さんの「真昼の空」にたどり着くの。

 

https://youtu.be/HUiRXqzVCkk?t=1968

 

僕は泣くライブ 谷和彦(サバイバルランド)
<<
谷和彦が、1994年に自主制作で発表したCDアルバム「僕は泣く」の全曲演奏ライブです。
2017年9月26日、ツイキャス生放送した映像の録画です。
画像は粗いですが、楽しいライブですよ~。
出演、谷和彦(歌 ギター)、鮎川茂行(ミニドラムス)、仲大盛永勝(歌 ギター)。
>>

 

より、「真昼の空」にpointしてみました。

 

真昼の空は学校みたいに厳し過ぎるのか?
真昼の空はまぶしすぎるから眠くなるのか?
まぶしい方がよく眠れるのか?

 

 

 

夜が怖くて眠れない 月が見張っているようで

 

違うよ いつだって月夜は
君の気持ちを大きくするだけ
<境界線のメッセージ> #本夛マキ

 

徒然なるよしなしごとの( ..)φメモメモ。意図的断続的意識断裂的な文章になってしまった。

 

結局昼の間に汗水たらしてうんと働いたら眠れるんだろうけれども・・・そんなこともあるわけもないし。眠りっぱなしで眠りすぎたあとに夜に眼が冴えちゃうんですね。起きたい時に起きて活動する生活ならば特に無理に眠る必要もないし。起きる時には起きっぱなし。休日祝日にたまに自宅で過ごすとひたすら寝てばかりで何もしないことが増えた。いや?ずっと前からそうでしょ?あんたはっていうことも言われそうだけれども。。。

 

あけおめ、ことよろ。

 

2019.02.20

2019年3月9日(土曜日) 本夛マキ ワンマンライブ! 『“HOME date.” 〜39!サンキュウ!いつもありがと〜』 at 東京神宮前date.

東京で新年最初の!!本夛マキさんワンマンライブ。
原宿の隠れ家!「date.神宮前」にて。
神宮前二丁目商店街。カレーのヨゴローさんの上の上の三階。

2018.11.20

2018年12月20日(木曜日) 『本夛マキワンマンライブ! ~今までと今とこれから、2018~』 at 下北沢 風知空知 個人的には今世紀最大の忘年会にしたい所存

2018.07.13

本日のお昼のFMラジオ(オヒルノオト JFN系各局)!! 本夛マキさん!!出演!!おおいえい!!すけさんかくさん!! 待機!!はやすぎ!!待機!! ラジコで聞くのだ!これでいいのだ!

2018.06.25

本夛マキ(ex. アナマキ=アナム&マキ) 現在、ヨモギの一人 one of "Yomogi" ソロ活動初めてのMV 穴巻時代の「あるがまま」以来。

ソロ活動初のMVということは
すなわち
アナム&マキ時代最後のMV「あるがまま」以来のミュージックビデオ。

傑作です。名作です。
すんばらしいものができた!!!!
ビデオはこだまこずえさんによる制作。
ビデオも完璧なものができたと思う。

塾生の一人が絵で参加。絵も描けてギターも弾けて勉強もできて陸上部の中学生。うらやましいと思う塾長なのでR!!

2018.05.20

「わたしの小さな世界」本夛マキ・Hondamaki MV、そして私の10代?は?

「わたしの小さな世界」本夛マキ・Hondamaki MV

5月25日の渋谷BYGでのライブ(イノトモさんの20周年記念、一緒に祝う趣旨のツーマンLIVE!!)から売り出される本夛マキほぼほぼひとりで制作のディレクション(イノトモさんディレクター!!ありがとう!!イノトモさん(((o(*゚▽゚*)o))))コンセプトアルバム!!

本夛マキ初の コンセプトアルバム
“わたしの10代 〜わたしの小さな世界〜”


は、来る、2018/5/25渋谷BYGでのライブより、ライブ会場限定発売開始!となります。この表題曲の「わたしの小さな世界」以外の歌はまさに!!それ!!本夛マキさんが10代の時につくった作品群がンン年の時を経て陽の目を見たカタチ。ライブではほとんど滅多に演奏されることのないような隠し扉の中のような世界かもしれない。勿論まだ聞いてない。

 そんなこんなで私自身、「わたしの10代」が最近ぶつかり続けているテーマ。私の10代は1974年から1984年までのおよそ10年間の間の出来事。年表を刻んでみたり、その頃の読書を振り返って再読してみたり、その頃に聞いていた音楽をもういちど回してみたり、あの頃見た映画を思い出してみたり。

1974年
から
1984年
までの年表を書いてみようかと。


2018.04.23

わーい![本夛マキ] #hondamaki @hondamaki  アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2018年 6月号 Vol.76 (CD付) [雑誌]

クリックしちゃうか!!

2018.04.02

#イノトモ #本夛マキ #20180525 #渋谷BYG #倉井夏樹 #長久保寛之 #inotomo20th #わたしの小さな世界 #わたしの10代

イノトモさんの二十周年と
本夛マキさん (⋈◍>◡<◍)。✧♡ の コンセプトアルバム!!CONCEPTね!conceptね!!の発売記念!発売予定記念(#^.^#)の記念のライブが!にゃにゃにゃんと!!あの渋谷のロック喫茶 ライブハウス!!老舗ライブハウス!!BYGにおいて!!
これはもう大騒ぎせずにはいられんて。。!!

全世界から!!全国から!!見に来てほしい!!

Continue reading "#イノトモ #本夛マキ #20180525 #渋谷BYG #倉井夏樹 #長久保寛之 #inotomo20th #わたしの小さな世界 #わたしの10代" »

2018.03.26

5月25日(金)渋谷BYG イノトモ×本夛マキ 〜イノトモデビュー20周年&本夛マキ新作リリースを一緒に祝いまshow〜 出演 イノトモ、本夛マキ、倉井夏樹(Harmonica)、長久保寛之(EG) 19:30〜 3,000円(+ドリンクオーダー)

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)