Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

谷和彦

2020.01.05

不眠症だとか鎮静剤だとか、本夛マキとかハマノヒロチカとか、マリーローランサンとか高田渡とか、河島英五とかオフコースとか、そして真昼の空は厳しすぎるから・・・

 

 

不眠症だとか鎮静剤だとかちょっと眠れなかったり不調だったりする歌詞(≧▽≦)
本夛マキさんの「眠れない」というアナマキ時代の唄をうまいことシェアしようとしたけれど何処にもないことに愕然(≧▽≦)
正月は例によって寝てばかりで曜日もどこかに感覚消失で昼と夜との境界線もよくわからないまま昨日と今日との境界線のメッセージもようわからないままに過ごしていた。

 

最近、タブレット純だとか吉田照美小池美波だとか「昭和歌謡」的なラジオを習慣的に聞いていてどうも「今の唄」よりも30年前とか40年前とかをたくさん発見することが多い。昭和歌謡といえば数年前に下北沢440でのマキさん出演したイベントはめっさ楽しかったなああ。熟女Bに撃ち抜かれた(≧▽≦)。

 

 眠れない唄で思いだすのは、
河島英五君はどうだい
オフコース「眠れぬ夜」

 

 

まぶしい方がよく眠れるのさ。昼は昼でパチンコ台とにらめっこ。てゆかパチンコ行かなくなったなああ。カラオケも行かなくなった。そいえば年末時間つぶしで年越しをカラオケで一時間時間つぶしたけれども。まったく声が出なくなっているなあ。

 

そして、谷和彦さんの「真昼の空」にたどり着くの。

 

https://youtu.be/HUiRXqzVCkk?t=1968

 

僕は泣くライブ 谷和彦(サバイバルランド)
<<
谷和彦が、1994年に自主制作で発表したCDアルバム「僕は泣く」の全曲演奏ライブです。
2017年9月26日、ツイキャス生放送した映像の録画です。
画像は粗いですが、楽しいライブですよ~。
出演、谷和彦(歌 ギター)、鮎川茂行(ミニドラムス)、仲大盛永勝(歌 ギター)。
>>

 

より、「真昼の空」にpointしてみました。

 

真昼の空は学校みたいに厳し過ぎるのか?
真昼の空はまぶしすぎるから眠くなるのか?
まぶしい方がよく眠れるのか?

 

 

 

夜が怖くて眠れない 月が見張っているようで

 

違うよ いつだって月夜は
君の気持ちを大きくするだけ
<境界線のメッセージ> #本夛マキ

 

徒然なるよしなしごとの( ..)φメモメモ。意図的断続的意識断裂的な文章になってしまった。

 

結局昼の間に汗水たらしてうんと働いたら眠れるんだろうけれども・・・そんなこともあるわけもないし。眠りっぱなしで眠りすぎたあとに夜に眼が冴えちゃうんですね。起きたい時に起きて活動する生活ならば特に無理に眠る必要もないし。起きる時には起きっぱなし。休日祝日にたまに自宅で過ごすとひたすら寝てばかりで何もしないことが増えた。いや?ずっと前からそうでしょ?あんたはっていうことも言われそうだけれども。。。

 

あけおめ、ことよろ。

 

2018.07.21

谷和彦「無限の唄」 at 四天王寺

2018.01.31

河島英五 ベスト & ベスト PBB-27 Special Edition #河島英五 #谷和彦

90年代河島英五バックバンド "The Slow Train(ザ・スロートレイン)"の演奏をスロートレインミュージック企画で編集されたライブアルバム。94年に出て?98年にもういっかい再発?されたのだろうか?どの曲ももちのろんで知っていた歌ですが全編、全般、すべて!!なんか新鮮!!こんなライブ録音編集盤がでていたとは・・・チェックが甘かった!

 個人的には、ブーツ→太陽の島のところなんか特に最高!!


1. 酒と泪と男と女
2. 祖父の島
3. おばあちゃんのひとりごと
4. 時代おくれ
5. 訪ねてもいいかい
6. カヌーにのって
7. ブーツに履きかえて
8. 太陽の島
9. 野風増
10. 旅的途上
11. 行かないでくれ(SLOW TRAIN COMING)
12. ほろ酔いで

全曲歌詞カード付


2017.11.07

サバイバルランド クリスマスライブ🎄 12月22日金曜日 19時〜 @新大阪 #谷和彦 #サバイバルランド #381BAL


サバイバルランド クリスマスライブ🎄
12月22日金曜日 19時〜 @新大阪

#谷和彦 #サバイバルランド ( #谷和彦 キャス http://twitcasting.tv/kazzsabahico )

2017.10.30

#kazzsabahico 谷和彦ツイキャスアーカイブ 『秋、甚平』

#kazzsabahico 谷和彦ツイキャスアーカイブ 『秋、甚平』

曲目情報追記予定。

2017.10.27

彼氏が遊んでくれない 谷和彦

2001年前後の作品。

2017.09.28

僕は泣くライブ 谷和彦(サバイバルランド) youtube Kazuhiko Tani Channelより

僕は泣くライブ 谷和彦(サバイバルランド) youtube Kazuhiko Tani Channelより

この動画は、ツイキャスの @kazzsabahico さんの kazzsabahicoツイキャスにて行われた生演奏が転載バカボンされたものです。

2017.09.27

#谷和彦 album『僕は泣く』(1994年発売)全曲ライブ @kazzsabahico #谷和彦



←Youtubeに差し替え!

「僕は泣く」全曲ライブ
1994年にスロートレインミュージックから発売されたあの名盤アルバム『僕は泣く』の全曲演奏ライブ。谷和彦さんのツイキャスチャンネルにてBokuhanaku

許しておくれ 河島英五カバー(初期、河島英五とホモサピエンス「運命」より)
まった村ラブソング サバイバルランドのナンバー(仲大盛さん作曲)

曲目
1 SLOW SLOW TRAIN
2 もみじ
3 真昼の空
4 愛してるって言えなくて
5 サファイアの笑顔
6 まるゐ飯店ブルースパーティ
7 苔むしてたまるか
8 お前にあげる
9 僕は泣く
10 ネガティブな夜

おまけコーナー 二部?

かけがえのない人 河島英五カバー
何かいいことないかな 河島英五カバー
ふるさと情恋歌? 河島英五カバー 未発表曲(下北山村のコンサートの思い出話とともに)
元気出してゆこう 河島英五カバー


2017.09.25

#kazzsabahico 谷和彦 ツイキャスアーカイブ 6)ラジオ音質チェック放送ながら盛り上がっちゃった,涙そうそう~おばあちゃんのひとりごと~ひやしあめの雨(ものまね)~まるゐ飯店ブルースパーティ~自分

涙そうそう
おばあちゃんのひとりごと
ひやしあめの雨(ものまね)
まるゐ飯店ブルースパーティ
自分

ながいこと、これ、こちらにツイキャスから転載埋め込みしてないことに気が付いてなかった!!のだった。


谷和彦 guitar&vocal(with 特別ゲスト=鮎川茂行 drms)2017年9月26日火曜日夕刻6時半くらいから『僕は泣く』全曲演奏するライブがツイキャスで!!

Bokuhanaku

1994年に発表発売された
谷和彦さんのアルバム「僕は泣く」の全曲再現のライブがあります。

http://twitcasting.tv/kazzsabahico/

谷和彦さんのツイキャスチャンネル↑にて!!


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)