Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

FACEBOOK

2016.11.16

#谷和彦 Facebook動画 「融合」(谷和彦作詞作曲演奏)大阪某所秘密のパーティ

秘密な
秘密
内緒内緒
さてここはどこでしょう(#^.^#)

追記予定。

2016.09.29

#谷和彦 「かけがえのない人」 河島英五cover 2016年9月18日 西宮北口 RJ&BME’S「河島英五の集い」


「かけがえのない人」 河島英五cover
2016年9月18日 
西宮北口 RJ&BME’S「河島英五の集い」にて。

2016.09.22

ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)のFACEBOOKページに「いいね」をヨモしく!!

Yomogi_makiblog


date. 神宮前 #dateatjingumae #datejingumae


2016.09.21

#谷和彦 Facebookページはこちらから「いいね」したり「シェア」できます。バリバリやっちゃって!!



ちなみに、谷和彦さんの個人ページは こちら。同姓同名さんがとっても多いですから注意を要します。
友達申請をするのはちょっと気が引けるという場合には、↑↑↑の方にある「Facebookページ」=アーティストページの方に「いいね」をして「TOPに表示」設定にしてみて随時情報を受け取ってくださいなりね。ころすけなりね。いいなり!!いいなり!!おいなり!!


谷和彦さんのツイッタのアカウントは!!@kazzsabahico
https://twitter.com/kazzsabahico

ツイキャスのアカウントは
→ kazzsabahico ですからして・・・
→ http://twitcasting.tv/kazzsabahico


Tanikazuhiko20151228


FacebookのLike Buttonをバリバリつかうじぇ。ばりばりろけんろ!!

FBに関するメモblog。

My Country  [渡辺和栄 Kazue Watanabe(pf) 米谷智 Satoshi Yoneya (尺八 bamboo flute) 堀越彰 Akira Horikoshi (ds) ]

My Country;Japanese traditional folkmusic with piano,drums and shakuhachi bamboo flute
メンバー: 渡辺和栄Kazue Watanabe(pf) 米谷智Satoshi Yoneya (尺八 bamboo flute) 堀越彰Akira Horikoshi (ds)

My Country Facebook page


2016.09.19

雲のファルセット #谷和彦; MyCountryのFACEBOOKページの動画コンテンツより、谷和彦(vo/gt)&渡辺和栄(pf) 2016年1月30日(土)下北沢lown

MyCountryのFACEBOOKページの動画コンテンツより、谷和彦(vo/gt)&渡辺和栄(pf) 2016年1月30日(土)下北沢lown

「雲のファルセット」(谷和彦 作詞作曲 歌 with 渡辺和栄pf)

ええうたやああ。。。cloudnote

MyCountryについて
谷和彦について
いろいろまとめて書いておくφ(..)メモメモ

FBへのリンクもいろいろ貼ろう、この際。


2016.09.01

もうすぐ #谷和彦 さんがネットに復活(2004年までのネットシンガー的な存在)してから一年、あれから一年振り返りつつ最初のFACEBOOK動画だった『愛燦燦』coverを埋め込んでみる

谷さんの愛燦燦cover素晴らしい。
本夛マキさんheart01もこの歌coverして歌ってて凄くよかったことを記憶しております。最近聞かないけどとてもアレはよかっただよかっただ。

FACEBOOK動画にしてもYoutubeの動画にしても、今では簡単に誰でも再生することができるようになっています。そんでも、ただそれを再生するだけの受け身な姿勢は芸がない。せめてYoutubeならばログインして「いいね」とは言わないけでもいわゆる↑の矢印であげるということをしてみたりしないと、それ大事ね。何にでもはっきりと賛否を表明するということは何かの基本なんですよ。ただFBでぼけっと「いいね」してるだけではないんですわ。YoutubeのビデオニュースドットコムのNコメにアレレなコメントがついてたらそれらをしっかりと↓方向に下げる下げるというアクションはせぬと、でも、あげたりさげたりそれだけでなくて、全体に公開されてるコンテンツは引っ張んてきて自分の場所に埋め込んでコメントを書く、ここまでやらないとブログをやっている意味がないじゃないですか。

そうそう、そういうこと。

ということで、谷さんのFB動画の第一弾だった「愛燦燦」をこちらに埋め込んでみたのである。


更に、ツイキャスのアーカイブからもいくつか埋め込んでみる。
ただツイキャスは再生するだけでなくて自分のところにそれぞれにところに埋め込んでみてこそ一般に公開されてシェアされてる意味があるのだから。ドンドンとバリバリとドバドバとそういうことをせぬとアカン。

改めてヘッドフォンで聴くと迫力のギターボーカルね。高音質ラジオ配信。

「ツイキャス→ツイッターでコメントをつけてツイート→埋め込み」というやり方で…

今年の夏は、個人的には「ひやしあめ」がマイブームだったなあ。東京は(大阪でも少ないらしいけど)極端にサンガリアの自販機は少ないんだけど、ときたまサンガリア製品が入ってる自販機を見つけても「みっくちゅじゅーちゅ」とかはあっても「ひやしあめ」は入ってないんだなあ。五反田に東京のサンガリア営業所があるらしくその周辺にはあるのではないかと探索したことあるが見つからんのだった。でもって、ネット検索してみても、どうやら西麻布とか新宿明治通り付近にあるとかないとか情報があるんだが・・・。まだ見つけていないのだった。かといってAmazonで箱買いするのもキケンな香りだし・・・何十缶も来ると、初めて飲んでみて好みじゃないときに後悔することになるのもアレだし。



http://www.geocities.jp/sabawori2/saba/aska/hoshituki.htm

↑谷和彦さんのウェブより旧コンテンツをキャプチャーしてみて
↓画像を拾ってみました。歌詞カードがわり。
「星と月と朝焼け」


Hoshitukiasayake

「星と月と朝焼け」はとっても思い出深い歌です。このキャスの最初の方で谷さん自身が語られてる頃の歌。「ネットシンガー」的な存在としては世界に先駆けての存在だった谷さん。2000年頃から今でいうblog(その頃はブログという言葉はまだなかった)のように日記をウェブ上(朴訥さばをり新聞という「ホームページ」)で日々日々更新して、掲示板(BBS)でファンと常時交流してcommunicationを取って、楽曲ができたらばダウンロードできるようにして、そしてCDを焼いたらば通販して、ときどきLIVEをしてリアルな場所での歌の会をひらいてみたりというサイクルの音楽活動。←<アンダーラインのところが私が定義するところの当時の「ネットシンガー」の音楽活動のありかた>

「星と月と朝焼け」は2002年当時か?ぬかるみの世界のウェブ版(そちらも谷和彦=ネットシンガー的存在と同じく早すぎたコンテンツで一年で終了の憂き目に)のぬかるみドットコムでオンエアされた歌だった。確か複数回かかったんでなかったか?5,6回オンエアーされた常連で曲がかかったインディーズアーティストの一人だった。ぬかるみドットコムでは音楽著作権の管理団体の管理してない楽曲を広く番組で募集していて、その条件にあう楽曲群でもあったことが頻繁にかかった理由だったんだろうと思う。ちょうど「復興の詩」に笑福亭鶴瓶師匠が出演した回の前後のことだったから。鶴瓶さんにはきっと手渡しで谷さんの音源のCDが・・・。ということだったのだろうか?と記憶と推測が。
ぬかるみドットコムの中で、師匠が、特にこの「顔の写真のでないほうがええ」みたいに触れてたことがあったからそれって、当時2000~2002頃にウェブ上で発表されたりCDに焼いてみたりしたものの編集したCD-Rのことだったんじゃないかと考えらます。そこに入っていたのがこの「星と月と朝焼け」「彼氏が遊んでくれない」だったりしたんだと。特にその2曲は番組へのリクエストとしてかかって採用されてオンエアされた為に記憶がクッキリはっきりしている。アルバム『僕は泣く』(顔のある方 笑)からも確か曲がかかってた気がするんだがなぜか?何がかかったか覚えていない。
 そういえば「ぬかるみドットコム」は一年で終了(新野先生のわがまま?笑)。。。結構私はオモシロかっただけどなあ。。。そして運営会社はその直後に倒産していたし・・・やはり何か新しいビジネスモデルにチャレンジするのは大変な事なのだろう。
 月500円で定期配信のラジオコンテンツって今なら普通に丁度良いくらいの価格だけど、しかし当時のぬかるみドットコムはコストをかけ過ぎだったわよね。新野先生の新幹線代と弁当代とスタジオとディレクターと…。今だったなら簡単に安価に実現できただろうからPayしただろうに。

Youtubeからも一つ。

河島英五さんのロックンロールな方面のバックバンドの「the Slow Train」?ザ・スロートレイン?をバックに録音された名作の幻のアルバム「僕は泣く」(顔のある方ね。。。)の中に入っていたほうの「まるゐ飯店ブルースパーティ」。この音源にはバイオリンが入っていません。その昔のLIVE音源には、サバイバルランド時代の音で・・・すなわちバイオリンなる弦楽器の音がはいっていたものがあったのだそうで、そのことを初めて知ったのはYoutubeのどなたかのコメントによるものでした。しかい私にとっては勿論のこと、こちらのスロートレインのほうの「まるゐ飯店ブルースパーティ」のほうが最初でしたからとってもありがたくアップした人に感謝しております。山のようにある昔の音源とかってアナマキ(のラジオだとかのログとかラジオ出演の音とか。。。)でも谷さんのんでもどっかにこそっとドバドバっとあげてみてもいいんだけど、地鶏とかできなくてスマホのカメラと仲良くできないのと同じで動画とかいじったりするのってアップしたりも含めてなんか苦手なのね。というか、MDとかカセットとかの音源もあったりしてPCに吸い取るまでが距離が遠いというのもありますな。とはいえ、谷さんのとかはだいたいMP3にはなっててメディアプレーヤーの再生リストとかにはなってるのね。

さてまだまだ追記ありか?
たまには「続き」のほうに書いてみるか、後ほど。

2016.08.08

#谷和彦 潮騒Ⅱ(しおさいつー) @kazzsabahico さんオリジナル作品

90年代のなかば?くらいの河島英五コンサートの
谷和彦さんの歌うコーナーでよくこの聞いていたことを思い出すのと、
更にゼロ年代前半には世界に先駆けて早すぎた「ネットシンガー」谷和彦としての音源発表の中にもこの歌は含まれていて、当然ながら、音源をネットのショップでゲットして擦り切れる(まじか!)ほど聞いた歌。


無料ブログはココログ
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)