Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

書籍・雑誌

2014.07.02

世襲議員のからくり (文春新書) [新書]

昨日の ニューズオプエドにおいて、上杉隆が、元のボス・鳩山邦夫さんの相続がらみのお金の話とかに絡めて、得意の鳩山家ネタにからめて、世襲議員のからくりについて解説していた。

名前は言えないけどと言いながら・・・



内容(「BOOK」データベースより)
1990年代半ば、世襲政治家が永田町の中枢を占めて以来、日本の政治は劣化した。世襲を守る政治システムは、国民には見えにくい。そのからくりを永田町激怒の深層レポートで明らかにする。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
上杉/隆
1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者などを経て、フリージャーナリストに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

2012.07.14

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて 安田 浩一

7月17日号のSPA!で鴻上尚史さんがこれについてのエッセーを書いていた。(「レッテル貼りに潜む危険性について」)ちょっとおぞましい内容の話を含むんだが・・・しかし目を背けようのない問題。

ドン・キホーテのピアスのこのテーマは来週も続くらしい。上杉さんのコーナーの津田さんゲストも次回も続くみたいなので、2週連続で買うことになりそうな週刊SPA!

<画像を見れば分かりますが、そう叫んでいる人たちは、多くが、普通の若者です。言葉は過激で驚きますが、外見だけだと、本当に普通の人です。むしろ、繊細というかナイーブに見える人がたくさんいます。>

Continue reading "ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて 安田 浩一" »

2011.07.24

第1回ハゼ釣り大会(サプライズゲスト 上杉隆さん!)

スイカジャーナリストとハゼ女

某所の動画サイトで上杉隆を発見。(14分30秒あたりに登場。)

上杉隆といえば・・・これでしょ・・・最新書籍予約Done.
→→


2011.03.17

ウィキリークス以後の日本-自由報道協会(仮)とメディア革命-光文社新書-上杉隆

上杉隆さんの最新著作がでた!

2010.09.12

上杉隆の40字で答えなさい

『上杉隆の40字で答えなさい』がいよいよ出るらしい。
きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」
という副題がついている。このきわめて非教科書的ってことろがすごく期待できるところかも。

Continue reading "上杉隆の40字で答えなさい" »

2010.08.16

「若者はかわいそう」論のウソ 、8月15日近況

そうだった。いくつか書籍紹介記事を書くんだった。思い出した。
「若者はかわいそう」論のウソ
という若者論。若者論の新書ってたいていチェックして読むようにしてるんだけど、これはまだ読んでない。

対談:鈴木寛文部科学省副大臣、ノンフィクション作家・稲泉連氏、元「派遣村」村長の湯浅誠氏とのスリリングな対談を収録

スズカンさんとの対談がでてるところがチェックポイント。
いくつか批判的なブログ記事も見かけたからそれらやアマゾンの批評も読んでから買って読んでみるかな。

Continue reading "「若者はかわいそう」論のウソ 、8月15日近況" »

2010.07.22

夏の読書その1

夏になると塾生たちの課題作文だったり税金についての作文だったり自由研究だったり様々な課題のアドバイスだったりをする。季節的な仕事だ。彼ら彼女らにいろいろ言うためにも自分自身も自分自身に課題としていくつかパブリックにして読んでみて書いてみようかと思う。時には自分にも課題を課さないといけないと思う。ということでいくつか書籍リンクをしてみようと思う。いっぱつめはこの世に出現した日付が暦的に一致する学者さんの書籍から。一日一個くらいペースで7つくらいはあげてみようと思う。決意。できたら全て読んで感想も書いてみたいが・・・どこまで出来るだろうか。最近ブログに文章を書く習慣が弱まっててついついツイッタばかりになっちゃってるからそれも少し反省してみる。

Continue reading "夏の読書その1" »

2007.04.11

アエラに田中誠一さんが

紹介されていた。文星芸術大学と京都精華大学で講師しているらしい。

子供ならもっと高い山に登りたがるはずさ

を前に歌っていた方。
英五さんの歌だけど。
谷和彦が復興でカバーしたけど。

2006.09.25

闘論外伝を買おうとしたらなかった

サイゾーに出てた対談をまとめて出したらしきやつを22日発売といことで並んでるかとおもいきやないので聞いてみて質問してみた。「オカドメ」さんのってことで通じないで、オカドメなんちゅうったっけ?ってことで検索してサイゾーのページに行って始めて店員さんは確認。でも三省堂新宿支店では入荷がないらしい。さてどうしたんだろう。遅れてるのか。元々扱ってないのか。

新書を数冊かって帰ることになった。漢字の雑誌も漢字検定に向けて一冊。領収書は個人名でもらった。今回は塾の名前でなくて。

ツンドクで読んでないものも山ほどあるのだがまた新しいのを買ってしまった。新書ってやっぱり新鮮なのがいいので。でも必ずしも最新刊のものばかり買ったのではないけども。

いまどきの「常識」
若者の法則

意識とは何か
脳とコンピュータはどう違うか

香山リカと茂木健一郎さんがらみを二冊ずつ。一冊は共著のようですね。
もう一冊は最近立て続けに読んでるナカマサさん。
私の辞書にはナカマサさんは二人いて男の方のナカマサさん。(もう1人はフォトグラファーのナカマサさん)二人の苗字は違うけども。苗字もナカマサさんのほうのナカマサさんです。ナカマサマサキ。カタカナで全部書くとどこが苗字でどこからが名前なのかが実は判りにくい名前ですね。ナカ[マサ]×2キっていう書き方もできるのか?

ナカマサさんのやつで今回私が買ったのは「不自由」論です。←こういう書き方をすると非常に不正規な表現の為にどこが書名かがわかりにくいですが、わざとです。

書店を分類すると、岩波が2冊、ちくまが2冊、ブルーバックスが一冊。

追記:闘論外伝はサイゾーのところから直接買うことも可能なようだ。

2004.11.12

世界が完全に思考停止する前に

世界が完全に思考停止する前に

角川


紀伊国屋

森達也さんの最新刊。
是枝さんの名前も出ている。

学校で国歌斉唱の際に起立しなかった教職員が大量に処罰され、公園のトイレに「戦争反対」の落書きを書いたら、建造物損壊で有罪になる社会が現出することなど、いったい誰が予想できただろう。

森さんはもう既に来るべきところまで来てしまっているという時代認識。地下にでも潜るつもりで闘わないと行けない。現状認識の厳しさに学ぶべき点があるとおもう。この人。

無料ブログはココログ
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)