Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

映画・テレビ

2017.08.04

#kshinjuku 20170804 動画φ(..)メモメモ。キング牧師、映像の世紀 JAPAN ~世界がみた明治・大正・昭和

2012.06.12

「バッヂとペンと 〜日隅一雄の闘い〜」 TBS 報道の魂 6月17日(日曜深夜)放送

日付曜日間違えていたので訂正。

6月17日(日)25時20分~50分「バッヂとペンと~日隅一雄の闘い~」(「報道の魂」TBS)

2011.08.05

チェルノブイリ・ハート

チェルノブイリ・ハート - goo 映画
チェルノブイリ・ハート - goo 映画

ヒューマントラストシネマ渋谷で13日からか。
あそこは毎週水曜は1000均一だったはず。水曜日に見に行くか!

いよいよ明日公開、『一枚のハガキ』

一枚のハガキ - goo 映画
一枚のハガキ - goo 映画

これは是非すぐにでも見たいなあ。NHKで監督のことを孫娘が撮影したドキュメンタリーを見た。あれもういっかい復習してから映画見ようかな。

Continue reading "いよいよ明日公開、『一枚のハガキ』" »

2011.07.26

ぶんぶん通信(4枚組) 映画「ミツバチの羽音と地球の回転」撮影現場からのレポート [DVD]

鎌仲ひとみさんの映画がまとめてでてる。

http://www.ustream.tv/recorded/16251056

鎌仲ひとみさんがいまさっき出演したUSTのrecordedのURLです。
あとで見なきゃ。
最後の所しかみれなかった。

2011.04.22

映画「ありがとう」舞台挨拶in神戸三宮 田中好子さん追悼アップ

http://youtu.be/oJss7LVR-8I

Youtubeで田中好子さんのことを検索してみたらば、私が最後に銀幕で見たすーちゃんの出ている映画がアップされていた。もう5年前なのか。2006年が制作だとすると・・・映画館で見た『ありがとう』・・・震災の場面はリアルできっと実際の被災者のひとたちには厳しいものがあったかもしれない。でも観終わった感じはすごく前向きでハッピーになれる映画に仕上がっている。いつのまにかもうビデオにはなっているようだ。

エンディングテーマは「生きてりゃいいさ」。河島英五さんが加藤登紀子さんにおくった歌で、のちになってセルフカバーした。去年でたセルフ・アンド・カバーにも収録されていたと思う。

2011.03.20

小寺勝之Katsuyuki Koderaさんのツイートによれば、ニュースの深層火曜日だけ電事連がスポンサー降りたらしい

http://twitter.com/ame_inu/status/49389977871720449

小寺勝之Katsuyuki Koderaさんのツイートによれば、ニュースの深層火曜日だけ電事連がスポンサー降りたらしい

上記リンクツイートによれば・・・
<<上杉隆氏 @uesugitakashi がキャスターを務める「ニュースの深層」(朝日ニュースター)火曜日で、電事連がスポンサーを下りた。>>

2010.02.04

アバターを見たので、これからネットその他で批評文を読みまくる

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100203/212564/
「アバター」が映すアメリカの苦悩
気高い「野蛮人」に憧れる野蛮な「文明人」

#############################

3Dの映画って初めて見た。まあそういう人は多いんだろうけど、私は最近ゲームとかもやらなくなったから、ああいう立体的な動きのものを見ること自体がはじめてに近くそれもあって衝撃だったなあ。それにシナリオとか構成とかについても興味がわいた。いろいろおかずにして文章を読んでみようと思う。twitterとか普通の人たちのつぶやきレベルのものもたくさん読めるしブログだって検索すれば延々と読めるだろうし。

キャメロン監督は12月22日に二重被爆の山口彊さんを見舞って「原爆の悲劇を世界に伝える映画を作ります」と語ったらしい。山口さんは1月4日に亡くなった。ニュースが英語でも世界中に配信されていた。私は最近のことだからやはりそれをtwitterで知った。そして録画してあった『二重被爆』をもういちど見てみた。
(週刊朝日2月12日号に山田直樹さんによる関連記事が出ています。それを参考に書いてます。フジのめざましテレビでもそのネタにふれてたらしい。)

2009.06.08

西川監督がトップランナーに出るらしい

http://www.nhk.or.jp/tr/lineup.html
b


2006年、監督2作目となる長編映画『ゆれる』が、カンヌ国際映画祭監督週間へ正式出品され、国内でもブルーリボン賞監督賞を受賞。人間の奥底に潜む残忍さを見事に描いた作品と高い評価を受ける。
今年、3年ぶりのオリジナル作『ディア・ドクター』を完成させた西川。「自分の仕事は、人間とはどういう動物なのかを解いていくこと。人とは何か?自分とは何か?あなたとは何か?」静かに、しかし熱く燃える映画への情熱に迫る。

6月末にはディアドクターの公開らしい。今回は特別鑑賞券を買って見る予定。特別鑑賞券を前売り期間に買って映画を見るのって生まれて初めてかもしんない。そんだけ期待している。なんせ鶴瓶師匠だもんね、主演が。他の共演陣もよさげだし。監督も大期待の監督だし。調べて分かったけど是枝さんとトークイベントみたいなん先月末にやっていたらしい。チェックしもれてた。東京在住ってそういうイベントをフルに情報つかんで見に行かないとほんっともったいないって思う。

6月19日(金)深夜0:10<近畿地方のみ 深夜0:55~>
近畿だけ時間がずれてるんだって・・・

2009.05.31

ディア・ドクターのキャンペーンが始まってるらしい

来月の27日にはもう公開するらしい。新宿武蔵野館でやるらしいので6月の最後の週末には見にゆかないとなあ。今日の鶴瓶さんのラジオでゆってたが、6月28日(日)には生放送で、西川美和監督が、日曜日のそれに来るんだってばさ。これは絶対聞こうと思う。「ゆれる」も傑作だったから、今回の映画にも期待している。あえて予告編とか情報とかを見ないでから見に行こうと思っている。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)