Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

スポーツ

2007.10.19

ファイターズ進出!

ファイターズが二年連続で日本シリーズ進出を果たしました。「信じられない」が「信じてた」に活用したのが面白かったですね。胴上げの瞬間だけ仕事をとめてテレビをつけました。mixiでSFコミュを主宰しているのでやはりその瞬間だけは目撃しておかないと。SFってのはサイエンスフィクションではなくてスワローズ&ファイターズということです。もう100人越えてるのでそれなりの規模です。私は燕よりの管理人です。東日本に偏ったプロ野球コミュニティになっています。楽天野球団も混ぜちゃうと本当に東日本一体を網羅することになりますけど(千葉ロッテ入れてしまうとあまりに満遍なくなってしまいますし)。そういえばmixiには東京ヤクルトと横浜と広島でプレーオフを!っていうコミュもありますね。綺麗に4,5,6になってしまいましたね。

2006.11.09

WBCで世界一が日米野球で全敗って

なんだかなあ。あれだけ出場辞退が相次げばノムさんが頑張っても無理だよな。確かに。読売主催で何を今更「日米野球」かよっていうのもあるんでしょう。選手会からすると。順序も変だよなあ。日本シリーズがあって亜細亜シリーズがあってそして日米決戦があるんだったら・・・ってゆうか、それでもなんだかなあ。亜細亜シリーズの先にワールドシリーズ勝者とクラブチーム世界一を決めるようなリアルワールドシリーズがあれば面白いんだよね。ミクシーの「スワローズ&ファイターズ」コミュも盛り上がってきているし、来年こそはスワローズとファイターズの日本シリーズだったらばなあ。さてファイターズの監督はどうなるんだろうか?岩村の行き先はどこになるんだろうか?

2006.10.13

稲葉よかったね

ファイターズ優勝おめでとう!
今年はファイターズが日本一になってほしいです。新庄に最後にばりばり泣いてもらいたい。
稲葉が最後に打ったんですね。生でリアルタイムで見てみたかった。

2006.09.16

山本昌が快挙~優勝争いの中での記録は偉大です

最新の記事より→ここ

山本昌投手が史上73人目(84度目)の無安打無得点試合を達成、41歳1カ月は一九九五年に40歳11カ月で記録した佐藤義則投手(オリックス)を上回る史上最年長記録の快挙となった。

昌!
やったね!

どっちかいうとペナントレース的には今年は「アンチドラゴンズ」な気分で見ていたんだが・・・

さすがにこの記録はすごい!とっても嬉しい。同じ世代という嬉しさか。オジサンに嬉しいニュースだ。

優勝争いの真っ只中でのこういう記録はとても価値があると思う。石井一久が97年にベイスターズとの熾烈な優勝争いの中ででノーヒットノーランを達成したときのことを思い出す。TVKでしか放映がなかったがあの試合はとっても価値のある試合だった。当時、キー局は優勝争いとは全く関係ない試合を意味もなく強制標準として全国中継していたのは言うまでもないことだが・・・

そのことをその試合の直後に毎日新聞の経済部の記者だったかがコラムで書いていた。日本のプロ野球ファンはそういう価値ある試合を見る機会を奪われていて不幸だという趣旨の記事だった。私はその記事の内容にいたく同感したのを覚えている。

私の注目したのはそういう正論を書いたのが新聞社のスポーツ報道に携わっている部局の人ではなくて経済部だったということ。スポーツ報道に携わっている所の人がそういうことを書けない、あるいは書こうとしない、書いたとしても通らない、・・・きっといろいろあるんでしょうけど。


2006.06.21

上杉さんところに電通ジーコネタがあった

W杯日本代表 「戦犯はテレビ(電通/ジャパンコンソーシアム)」 ジーコ監督発言♪

そういえばワールドカップやっているみたいですね。元々あまり興味がないのと東京対千葉の熾烈な戦いに目を奪われていたのと・・・最終的な結末への脱力に今ちょっと球蹴りの方に少しだけ興味を抱こうと努力中。

そういえば・・・
Watermarkの21日記事 →ここ にも関連ネタがあった。いつも読んでるアルファブロガに共通して同じ話題が現れるとさすがにサッカーネタに鈍感な私もなになになに?なんて思ったりもするわけです。ああああああ二千五百万円があああ・・・ま、私がもらえるわけじゃないけども。脱力だなあ。

サッカーサッカーだった。話題戻して・・・。

東京脱力新聞、当時、NYTimesの取材記者として、ハワード・フレンチ東京支局長(当時)と、電通、JC(ジャパン・コンソーシアム/NHK・民放の放送連合体)、FIFA、ISL社(代理店)が扱うW杯の放映権についての「ある疑惑」を追っていました。

上杉さんがこのネタを追っかけてたことがあったんだ。セット販売でもう売られちゃってるんだ。へええ。電通のネタって強大なタブーみたいですね。こういうのこそblogの得意な領域なのかも。メディアリテラシーの一環としてやはりデンツウってなあに?ってところからわかりやすく語れるようになりたいと思う。

っていうかスポーツカテゴリーにしてみてはみたものの、あまりサッカーについて語れないなあ。よくわからないものなあ。このまえmixiでアンケートみたいなのがあってまんまとはまってやらされたんだけど30問中14問くらいしか当たらなかったし・・・3択だものな・・・相当無知だよなあ。回り見渡したら私が最下位だったし。orz


2005.10.26

千葉ロッテマリーンズおめでとう!

人のネタですが・・・

チッチッチッ、日本では二番だ!

(ネタをご存知でない人は宮内洋とか早川健で検索してください)

唯一千葉ロッテマリーンズに勝ち越したのは、しかもマリーンスタジアムで3タテをしたスワローズですから~とか言って・・・むなしいですが。

ネタはおいといて、ロッテ優勝おめでとう!嬉しいです。子供の頃はヤクルト&ロッテファンでしたから・・・ここ数年はパリーグではファイターズだったんですが、北海道行ってしまったので、今ではロッテ>日ハムです。東京新宿百人町で育ちましたからね。親会社ロッテの発祥の地ですから。戸山小学校はロッテ(旧)本社工場→いまの新宿工場のお隣にあってガムの匂いのする小学校に通っていました。

昨日も食べたけど、一昨日も食べたけど、明日も食べるかエビバーガー。

2004.10.18

日本シリーズ視聴率のニュースに疑問

Asahi.comにおける関連記事はここ

このサイトでなくて別のニュースソースで視聴率振るわず!みたいな書き方がされていたが、なにか視点がゆがんでいないか?

名古屋と九州においてはそれなりに高い数字なんじゃないの?(注=九州というのはここではプレーオフのことを言っているつもり。)
関東関西の視聴率で野球人気がどうしたこうしたとか語るのって判断の土台が歪んでいるのではないか?
巨人戦の視聴率についてもそれを材料にプロ野球人気一般がどうしたとか一般化して論じるのも奇妙です。3位になってAクラスを確保したとはいえ、早々と優勝争いから脱落しているチームの試合をだらだらだらだらただ流しておけばいいや、みたいなそういうテレビ局の編成に視聴者が飽き飽きしているんであって、パリーグのプレーオフはけっこう数字を稼いでいたじゃないかっ!

地域密着の視点で見れば、今回のシリーズは特に名古屋地区の視聴率で判断するべきでしょ。東京霞ヶ関の中央の役所が地方の道路がどうしたこうしたとかの許認可について握っていたりして、地方から霞ヶ関にやたらと陳情がくるとか・・・そういう構図と似てないか?関東エリアの視聴率だけで今年の日本シリーズの視聴率を一般的に論じるのは前提がおかしい。

2004.09.26

そもそもこの時期に読売戦一本槍の地上波中継といのがオカシイ

関連新聞記事

オカシイことをオカシイと気がつかなくなって麻痺しているのがわからんのかね?
一部にかなり気が付いてきているようだけど・・・

自力優勝が消えた時点で読売戦をだらだらだらだら地上電波で全国中継するのはやめるべきだ。NPBとか選手会の中にもそういう意見の人がいるといいんだけど。テレビ局も広告代理店もある意味腐っているんだろうな。左から右へなんとなく書類回してハンコをおしてみたいなお役所仕事の世界でもないのに惰性で流れているのでしょう。

本丸はテレビ放映権の一括管理だと思う。読売などの頑強な抵抗があると思われるが少しずつでも変えていく方向に向かうといいんだが。9月以降はペナントレースの展開にあわせて地上電波の・・・特に全国エリア中継に関しては・・・組まれるのが望ましい。一度組んでしまうと中継の弾力的な運用ができなくなっているらしい。

地上電波全国中継のNPB試合は、少なくとも9月以降はペナントレースを反映するような扱いにして欲しい。これが多くのプロ野球ファンの声となるといいと思う。

五十嵐亮太の158キロや岩村のHR争い
カープの嶋の最多安打・・・イチローにどれだけ迫れるか?
そして古田の驚異的な打撃・・・いろいろな意味で・・・
これらをしっかりと見せればかなりソフトとしては魅力的なはずでスワローズが本格的に優勝争いさえしてれば昨日今日一昨日のCS戦やその前のナゴヤドームのDS戦などは多少地味(笑)ではあってもソフトとしては全国放映にふさわしいソフトだと思うんだが。

先週のプロ野球で一番のニュースは・・・もちろんスト回避とか選手会勝利!とかいうのもあるけど・・・五十嵐亮太158キロ3連発、これっしょ。

1997年のスワローズとベイスターズの優勝争いの中で石井一久のノーヒットノーラン試合があった。そのときに毎日新聞の経済部の記者が署名記事で地上波の中継のあり方に根本的な疑問を書いていた。その記事に書かれていた大事なことを思い出した。だからこそこの文章を書いているのだが。

AERAには以前に石井一久がインタビューで答えていた。巨人は要するにルイ・ヴィトンのバッグみたいなもんなんだと。言い得て妙なりとはこのことだ。

大体、ばっかじゃねえの。いまどきさあ。読売の試合を流していれば数字が稼げるだなんて。視聴者をバカにしているんだろう。そういう人たちは。視聴率一桁に驚くみたいな記事がここ数年ずっと続いているのだが、そもそもいまどきそんなことに驚いているのがおかしいし。優勝争いに関係ない試合をだらだらだらだら中継していたら、結果として、日本プロ野球そのものへの興味が失われてしまう。自分で自分の首を締めている。わかっちゃいるけどやめられないのか?

構造的問題は対症療法では対処不能なのか?

2004.09.17

古田選手会長、『筑紫哲也 ニュース23』出演中

球場のファンから古田コール、鳴り響く。
古田会長の苦渋の決断を激しく支持する。経営側の言葉に空しさをおぼえる。
まだまだ1リーグ制へ向けて球団削減をもくろむ動きが見え隠れする。
ここでその流れをはっきりくっきりと食い止めないとアカン。

他のあらゆる面では全く支持できない東京の恥・・・いや日本の恥だとも思う・・・あの都知事でさえ新規球団加盟への動きの緩さについて的確な批判をしていた。世論を読むのがうまいんだな・・・あのオヤジ。

来季から新規加入球団を受け入れることは可能だ。今からならば十分に間に合うはずだ。

古田さん、信じています。尊敬します。頭が下がります。


頑張れ!選手会 負けるなぁ 古田さん

日本プロ野球選手会 公式ホームページ

プロ野球選手会が70年の歴史ではじめてのストライキ決行を決定!
私はいちプロ野球ファンとして選手会の主張に賛意を表明します。
経営者側の不誠実な対応が最大の原因。
来期からの新規球団の受け入れをキョヒるという態度は実に消極的な改革の姿勢で全く世論の動向を無視している。選手会支持の世論の反動化を防がなければならない。現状ではスト支持が多数派であるが、なにがきっかけで巻き返されるかわからないので、注意してみていかないといけません。

たとえば、これなんか酷い記事だと思う。
夕刊フジですが

ここ

「殿様スト」「やらざるを得ない」識者見解も二分
というタイトルだが、

識者見解二分・・・だなんて嘘ばっかり、どこが二分なんだよ。こういうのって為にする記事。無理やりな結論。

「選手会に組合感覚を、などというが、年俸を5億ももらっている人が労働者なのか。自分の給料を返上して赤字を減らすという考えはないのか」と選手側に厳しいのは、経済評論家の針木康雄氏。

こんなこと言っていっているやつのどこが<識者>なんだ?
佐高や江本が言っていることの方がはるかにまともじゃないか。
もっともらしく「二分」とかいって・・・公正を装って両論併記ってのにはどうも嘘がつきまとっている。

誰だ?これ書いたの?最低の記事だな。
あ、匿名記事かっ。さすがアカ新聞だな。夕刊紙らしいといえばそれまでだが。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)