Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 2014年08月23日のツイート | Main | 本夛マキ Facebookページを よろせくしー!LiveLife! ポチッとな!リンクしてあります。 »

2014.08.28

『LiveLife!』 本夛マキ 11月5日発売決定(楽曲情報追記あり)。2009年年初ソロ活動開始(アナム&マキ活動休止)から約6年目にして初のソロアルバム。

2008年末で穴巻活動を終えて、2009年年初よりアナマキから本夛マキとなってそろっとソロ活動6年目。2008年アナマキ時代の3月2日に下北沢440で「ソロ」でのライブをしていて、2008年の年末にも渋谷BYGでシリアルナンバー「0」をふってのソロライブを敢行していた。それを計算に入れると2008年から足掛け7年目という計算になるソロ活動。ここにきて初めての待望のフルのスタジオ録音盤でのアルバムがいよいよ日の目を見ることとなる。アマゾンでポチっとなのリンクをはってみた。

全12曲入りとのこと。まだ全貌が明らかになっていない。ベールに包まれている(^^♪。ということはまだまだ曲目とか曲順とかジャケットのデザインだったりとか想像してワクワクする楽しみもたくさんあるということでもある。

http://honda39.exblog.jp/
本夛マキ アレコレBlog

$$$$$$$$$$$$$$$
ソロ活動はいってからのいくつかの音源発表はあった。
情報はこちら→ アレコレBlog-プロフィールなど、リリースなど。 http://honda39.exblog.jp/10543392/

http://www.hoyhoy-records.com/catalog/HondaMaki.html

hoyhoy-records からの2枚のライブレコーディングアルバム
本夛マキ / 03-29-09 / B.Y.G.
本夛マキ+ヤギリンゴ / 05-06-09 / 花茶花茶

「ギター触人」(下北沢440)←「君の居場所」が収録

ototoyの日本復興コンピレーション・アルバム『Play for Japan 2012』
「始まりの風」(イノトモさんのコーラスが絶品!)
←←これはシングルCDとしてもライブ会場限定版が出ています。

ライブ会場限定販売のデモCD「境界線のメッセージ」
この歌はアナマキ時代の最後の年あたりからもうずいぶん長いこと歌い込んできている。かなり歌い込んで来ているじっくりともう仕込み完了で満を持してのデモCDであった。Youtubeにも各種いろいろなセッションであがっていてどれを聞いても何度聞いてもどこで聞いても飽きることのない傑作曲。本夛マキを代表する歌。「イチオシ」曲といってよい。ドバドバ大推奨曲!!!!

そして更にこれもある。これは史上空前の傑作(^^♪なのになかなか聴くチャンスがなくヨウツベにもないのでしばしば渇望感を覚えさせる歌。ああキセキが聴きたい!!と。
ハマキノケイタ 『キ☆セ☆キ』 【2012年2月26日発売/価格:¥500】
あらもう2年も経つのね。もう。いったい都合何回聞けただろうか。まだ数える程だと思う。これってどうやったら日の目を見るんだろう。やっぱりにゃんかコンピレーションアルバム的な自主制作なイベントアルバムみたいな。これらを含んだ楽しい仲間のミニアルバムみたいな構想があったらばいいのにと思う。勿体無いなあこの珠玉の共同作品はこのままじゃ。アレ絶対にいいってば。

あ、まだ一枚あった。コンピレーションアルバムへの参加。
フクシマレコーズ3rdアルバム 『Vanilla』。これは手塚治虫ファンであれば絶対にジャケ買いしてしまうアルバム。ムッシュとの「バンバンバン」がまさかの2take収録。ほんの一部だがYoutubeで楽しめる。

思えば遠くへ来たもんだ。ソロ活動そろっとソロ活動始まって以来、単調なる道ではなかったはず。そのことが推測されるし思い出せもするし共有できるところもあるし・・・アルバム完成→アルバム完成後のメモリアルになるツアーもあるだろうことだし、今からジワジワと来る。今年は2014年という年は自分的にはちょうど復興の詩の10年目の最後の復興の詩が終わってから10年目ということでそういう前世紀からの目盛りの刻みとしても印象に残る年になりそう。1995年、2001年、2004年、2008年、2009年、2011年それぞれの年にアナマキ暦的にもソロ活動追っかけ本夛マキ追っかけ暦にも更に遡れば河島英五さんありしひのおもひで的にも95年や2001年は特に思い出深い年であったのだった。

2000年前後に一度10年を振り返って自分史年表をつくってネットに書いたことがあった。今年2014年、来年2015年はそういう振り返って記録記憶を書いてみる時期に来ている。そういう時宜時期タイミングであることをここのところは強く意識することが多い。


追記:穴巻活動って新語かな(^^♪だはっ。

この記事は日々日々追記してあそぼう♪先頭表示固定してみた。
commentとTrackBackもこの記事限定で開いてみた。スパムでもなんでもきやがれ(^^♪(^^♪あまりにスパムきたらば閉めちゃうかも?

更なる追記:楽曲情報をゲット!
各種通販サイトに楽曲情報が出ているので追記してみます。


« 2014年08月23日のツイート | Main | 本夛マキ Facebookページを よろせくしー!LiveLife! ポチッとな!リンクしてあります。 »

アナム&マキ」カテゴリの記事

本夛マキ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 2014年08月23日のツイート | Main | 本夛マキ Facebookページを よろせくしー!LiveLife! ポチッとな!リンクしてあります。 »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)