Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 「ゆれる」と「誰も知らない」の共通点 | Main | 今食いに行きます下北沢ファーストキッチン穴巻 »

2008.09.23

ベストデス発売です、明日は早起きしてめざにゅーです

ジェネオンのベストデスのページ


めざにゅーの公式サイト→ここ

公式サイトを見たらば水曜日は4時26分から番組が始まるらしい。朝早起きしないと。ってゆうか夜からずっと起きてなきゃ。

前に杉崎さんについて書いた関連記事はこちら

めざにゅーの明日の放送でアナマキのメッセージが流れるそうです。「ベストデス」発売当日。

リンク先のジェネオンのページにはムッシュかまやつさんの推薦のコメントが全文のってます。

<<基本的に男前だね、彼女たちは。それが一皮むけて色っぽい、というのが現在の状態。僕はライブで何度もご一緒しているけど、他にこういったアーティストはいないなあってつくづく思う。オクターブ下がったのを入れる女性のハーモニーって他にないんじゃない?なにしろハーモニーと二人のギターがすごく個性的だね。ライブでツボにハマった時の彼女たちの男前さといったら立派なものだよ。男の目から見ていてもゾクゾクする。それを本人たちはまったく意図しないで、無意識のうちにやっているのがカッコいい! 変則的なチューニング、独特の派手なストローク。二人の息が合っているからこそ、ああいった奏法はさらに映える。リズム感、グルーヴ感もいい。グルーブ感のあるアコースティックデュオなんていないでしょ?このアルバムの中では、ライブでいっしょにやっているキタローさんがプロデュースした曲に、特にそれがよく出ている。本人たちがやりたいことをキタローさんが上手に形にしてくれたんだろうね。 もちろんセルフプロデュースの新曲も、また別の意味で魅力があると思うな。二人のキャラクターが違うのもポイント。お互い違うところで信頼しあって繋がっているのがいい。こうした彼女たちのパーソナリティーが認知されれば、世間のアナム&マキの音楽に対する考え方も変わるはず。 あくまでミュージシャンとしてね、このままのスタイルでずっといってほしい。50歳をすぎても十分に残っていけるよ。僕は彼女たちのことは他人とは思えないし、家族の一員みたいに思っている。だからこそ早く大ブレイクしてほしいよね。このスタイルのままで。 ~ムッシュかまやつ~>>

男前を突き抜けて色っぽいっていうコンセプトが凄いなあ。さすがはムッシュの表現だしだし。確かに言いえて妙って感じはする。男前が一皮むけた色っぽさなのか。なるほろなるほろ。50歳を過ぎたアナマキっていうのを想像してみたのも始めてだし言葉で聞いたのも初めてかな。そのときに私はこの世にいるのか?すごい弱気。でも見てみたいなあ。それ。


« 「ゆれる」と「誰も知らない」の共通点 | Main | 今食いに行きます下北沢ファーストキッチン穴巻 »

アナム&マキ」カテゴリの記事

Comments

ムッシュさん、うまい!
昔の曲は「女だからって甘く見ないでよ!」ってな意気込みっていうか、バリア張ってるような、そんな雰囲気を感じるんですね。
でも、最近はそれを突き破って、女らしさを出し惜しみしないで、それでいてオトコマエっぷりが上がってる。

ベストデス、買いました。
通して聞いてると、年を取るにつれかわいらしさが増してきてるような気もします。
キタローさんの評価、やっぱたかいな。
私もキタローさん以前、以後で、全然雰囲気が変わってると思います。

くぅさん、こんにちは
コメントまいどです。

そうなんですよね。何かを突き破って男前さや粋っぷりが増しているのに・・・にも関わらず色気みたいなものや女っぷりもあふれ出しちゃってますよね。

ちょっと飛躍した連想ばなしなんですが・・・鶴瓶師匠がよく女優さんをつかまえてっていうかネタにして「オッサン」だってゆってるんですよ。最近だと井川遥さんとか・・・あの感覚に近いかも。女優さんってすんごく色っぽいしまさに女そのものなんだけども、すごい女優さんとか大成功している女優さんってみんな「オッサン」だって師匠がよく言ってて・・・アナマキの最近の熟れ具合ってそういうことを感じます。男前を突き抜けた粋っぷりで男前さが一皮むけちゃった色気っていうのかなんちゅうのか。かっこよすぎなんだけど粋で色っぽい。それが無意識にできちゃってるところがまた女優さんの「オッサン」的な美的な完成度に近づいているんじゃないかな。存在としてのアナマキが。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/42571466

Listed below are links to weblogs that reference ベストデス発売です、明日は早起きしてめざにゅーです:

« 「ゆれる」と「誰も知らない」の共通点 | Main | 今食いに行きます下北沢ファーストキッチン穴巻 »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)