Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« シンガーソングサイクルライダー翔馬!全国縦断チャリティライブツアー | Main | ひまかじまにっき その1をよんだ かんそうぶん »

2008.09.28

『祖父の島』をアナマキがやったんだってさあ!

今まで漢字は見てても実は読めなかった(笑)
白状します。

ということでいろいろ検索してとんで日記をたくさん読んで代理満足モードでネットサーフィン。←最近この言いかたしませんね。

日間賀島

暇か?じま

いいなあ、ついつい だぶるだぶるだぶるひまかどっとこむ を堪能してしまった。いいなあ。

しこちゅーにも行きたいなあ。行きたくなったなあ。行きたかったなあ。

、「祖父の島」をカバーでやったんですって。あああああそれヤヴァイよおお。それは想像しただけで、その雰囲気とその場所の空気と映像と光線と海と・・・サンライズビーチですよサンライズビーチ・・・うわああ・・・よさげえええ。

いわずと知れた、と一応書いてみたい。いわずと知れた・・・河島英五の名曲の一つなんです。「祖父の島」

1980年に世に出た文明三部作というアルバムの中に入っていて、まさに当時高校生だった私は衝撃を受けたアルバムだった。それこそ人生が変わっちゃったくらいな凄さだったと思います。音楽とか歌とかでそんなに大げさになんて冷笑する向きの人もいるのかも知れないけど、でもそうなんだからしょうがないでしょ。

ソニーミュージックの音フレームって面白いコンテンツですね。うまく貼り付けられるだろうか?実験してみたけれども。ネット上で復刻した「カヌーにのって」の中に英五さんの95年のセルフカバーが入っている。

祖父の島」については以前にも何か書いたことがあるかもしれない。同じく文明三部作に入っていた「水瓶の唄」についても山ほど書いてる。

きっとそういうシチュエーションで「祖父の島」をアナマキのカバーで聞いちゃったりなんかしちゃったりラジバンダリしたならば・・・泣いちゃいそうだよ(渡辺美里)・・・私のよく行くG街のFのママが去年の初台のアナマキライブの「月の花まつり」でボロボロになったみたいに・・・私も来てしまいそうだな。想像しただけで。

確かに、年取ると泪もろくなるのかもしれない。アナムさんが下北FMの時にそんなことをおっしゃってたが。そうそうそう。そうなんだよ。動物的な筋肉的な物理的な生理的な衰えみたいなものもあるのかも、でも、それだけじゃなくて何だかこうジーーーンと来るこの感じって何か否定しきれないアレな感じ。クオリアっちゅうの?

魚武さんのカバーもよかったなあ。復興の詩で歌ってくれた「祖父の島」のカバー。


追記

関連記事:
小さなことを喜ぼう!〜女42歳の「ちょいハピ」な日々〜
http://choi-happy.jugem.jp/?eid=31

以前に「祖父の島」について書かれている記事に反応してコメントを残させていただいたブログ。

アナマキは復興の詩では一度あの唄を歌ってましたね。


http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/MH/EigoKawashima/SRCL-3441/index.html
カヌーにのって

ここから一括でダウンロードしたりブログにはりつけたりできます。「カヌーにのって」は名盤です。「酒と泪と男と女」「時代おくれ」「野風増」の3曲のどれも入っていないという所にこれをセルフプロデュースして出した当時の英五さんの激しい意気込みを感じます。多くのOld英五ファンの方々の中にはついつい初期ものに拘ってしまうというアレ菜方向がありますが、それはちがうやろって・・・95年当時の英五さん自身は言うに違いない。

で、この珠玉の名作アルバムが13年前に世に出た日付が、私の敬愛する某二人組の女性アーティストの片一方の方の人のお誕生日だっていうことも付記しておきましょう。

« シンガーソングサイクルライダー翔馬!全国縦断チャリティライブツアー | Main | ひまかじまにっき その1をよんだ かんそうぶん »

アナム&マキ」カテゴリの記事

Comments

りらごーさんは、川島栄五さんのファンなんですね。
こういう形で(娘であるアナムちゃんを通じて)栄五さんと再会できる気持ちは、想像すると、とてもステキだなと思います。

人生が変わってしまう程の出会い、って、たかが音楽なんだけど、分かります。
私の場合は、山崎まさよし君ですね。
穴巻も、彼を通じて出会えたし。
で、彼にもその素晴らしい遺伝子を残して欲しいと思ってるんですが、なかなかです。

くぅさん まいど~note
そうでうよお。微妙に字が違うような(笑)気がするけども・・・そうです。英五ファンです。16歳くらいの時に初めて英五さんの歌を聴いてそれからずっとファンですね。
そうなんですよね。すごく素敵なんです。そういう「再会」って。だからアナマキがラジオチャンプで「月の花まつり」を初めて演奏した7年前のまさにその瞬間は何度も何度も思い出せることができるくらいの濃密な体験でした。

たかが音楽なんだけど、されど・・・ってことですよね。

山崎まさよし君、いいっすよねえ。ちょうど私にとってアナマキにDeepにはまっていくと同時にまさよし君とも出会ってますデス。97年のことよく覚えています。私が初めて復興の詩に参加した年で、自分の事務所(教室)を借りて独立した年で、マイクロソフトで派遣的な重労働でワーカホリックになった年で燕の日本一の年であり・・・借りたばかりの自分の事務所(教室)に復興の詩で買ってきたCDについていたまさよしポスターを貼ってました。なつかすぃ。

山崎まさよしの遺伝子はまだあれですか・・・そうかあ・・・。

ああああ しこちゅー いきたくなったあああ
あああああああああ

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/42618375

Listed below are links to weblogs that reference 『祖父の島』をアナマキがやったんだってさあ!:

« シンガーソングサイクルライダー翔馬!全国縦断チャリティライブツアー | Main | ひまかじまにっき その1をよんだ かんそうぶん »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)