Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 三輪明神大神神社 | Main | いい打線じゃなくて飯田線 »

2008.08.13

心に花をたずさえて、自然増殖、ジョナサン・コールトン

アナマキのAlbumやSingleの発売が近くなると自然にネットへのアクセスが増える。自然増殖。さまざまなblog検索でキーワード検索してみたりmixiを始めとしたsnsで書いたり検索したりラジバンダリ〜

タイトルの一部はアナム&マキの歌の名前。アナムさんの作詞作曲。まだCDとかに入っているわけではありません。激しくGuitarを掻き鳴らすでもなく腰振り振り客に背を向けるわけでもないのですが…とてもアナムらしいのかもと思います。今までこういうかたちの歌をあまり書いて来なかったかも知れないという意味ではアナムらしからずと受け止めるアナマキファンもいるかもって思う。巨大snsで見つけた記事の中にアナムさんがソロで歌われたあの曲はお父さんの作られた曲かしらと受け取った方が実際にいたのも何となくわかる気がする。たった一節の歌詞やメロディの中に人と人との関わりやら優しさやらはかなさやらもろもろ凝縮されていて時間や空間が煮詰められてそこにある感じ。秋から始まるツアーではきっと聞けると思います。鬼が笑うがやはり来年のAlbumまで音源を手にするのは我慢せねばならない。いや秋のLIVEで聞けばいいのか。
マキちゃんはアナムのソロのあとにStageに現れて余韻に浸らないの?みたいなことをゆってたが余韻の残る歌です。谷和彦の『潮騒Ⅱ』みたいな。余韻の中でメロディを口ずさんでみたりこんな歌詞だったかなあんなフレーズだったかなって反芻したくなるような歌です。

肩肘張らずに素直に歌を紡いでいる感じ。何事もその素直さが一番ムツカシなのだが。

谷和彦というタグで立てた記事に最近ドバボードの方で思わぬ人からカキコミを頂いた。潮騒を連想したついでに書き留めたいメモがある。梅田望夫さんの『ウェブ時代をゆく』第七章の中にあるコールトンについての記述。まさにこれはさばひこが朴訥サバヲリ新聞でやろうとしていたネットシンガーの在り方ではないか。コールトンについての記述は知的興奮を覚える素材だ。ひょっとしてこれは諸君ちゃん的なホルロル(粋)的な在り方にもツラナルのかも。

志向性の共同体

スモールビジネス

ウメモチさんの言葉
【また新しい「志向性の共同体」がもっとミクロなレベルで創造されることで、その市場全体が拡大し「新しい職業」が生まれ「好きを貫きつつ飯を食う」人々の数が増えていくのではないかと思う。】

タイトルまで「ひこ日記」風になってしまった。

« 三輪明神大神神社 | Main | いい打線じゃなくて飯田線 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/42154358

Listed below are links to weblogs that reference 心に花をたずさえて、自然増殖、ジョナサン・コールトン:

« 三輪明神大神神社 | Main | いい打線じゃなくて飯田線 »

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)