Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« あと4日、「あるがまま」が『隠の王』のエンディングでオンエアー | Main | CDエキストラだって、ベストデス »

2008.07.16

スカイA中継にちょっと苦言

<<タイガースは代打が出た関係で、ピッチャー交代。3番手として、この日がプロ初登板となるルーキーの石川俊介投手がマウンドへ上がった。緊張の中、5番・田中浩選手を迎える!
>>

↑スワローズの公式サイトの試合レポートを見てすがすがしい思いがした。昨日はスカパーのスカイ・A sports+(朝日放送系)の中継を録画してみたんだが、試合の最後にスワローズ側のヒーローインタビューがないことに疑問を感じた。最近はホームゲームの中継でもたいていは相手チーム(ビジター側)が勝利してヒーローインタビューがあっても普通はCSの中継ではそれも流すというのが当たり前になりつつと思うのだが、未だにスカイAの中継だと、おそらく地上でやっているのをそのまま流しているタイプの放映の時にはそうではないようだ?想像だけど、きっとそういうのを流すと狂信的なタイプのファンからの抗議が怖いんだろうと思う。それって何かが違うんじゃなかろうか?

スポーツを愛している人が本当に作っている放送のあり方とは思えない。何だかオリンピック中継で自国の選手ばかりを応援して度が過ぎた放送をしてしまうのが当たり前の風景。そういうことと根っこが同じなんじゃなかろうか?たぶん創っている放送現場の人の中にはきっと一部には疑問を思っている人もいるんだろうと思われるのでそのわずかな可能性にかけて書いてみることにした。

冒頭の文章は東京ヤクルトスワローズの公式サイトの試合経過を記述した文章なのだが、相手チームの新人投手の登板に対して非常に愛情のあるコメントで紹介している。やはり相手投手でも新人で初登板だったらばそういう風に見守る気持ちが生じるだろうしそういう気持ちが現れている。

世に言う(偏向的だという意味で)評判の悪い野球放送の典型として批判されることの多い読売系列の野球放送でさえもビジターチームが勝利した場合にもたいていは(放送時間内におさまる場合には)ビジターチームのヒーローインタビューも映る。日テレのアナウンサーがたいていマイクを向けて話を聞いている。いったいどこに差が出てきてしまうのかということの根っこにあることはこういうことだろうか?

読売の野球中継というのは確かに偏向していて読売グループによる「洗脳」みたいな要素はつきまとう。プロ野球興業というカードを使って部数を拡大してきた歴史がそのまま日本プロ野球の歴史とも重なっている部分があるからそこを批判することは凄く簡単だし私も不愉快に思うことも当然たくさんあるのだ。しかしそこには実は読売が巨人軍礼賛的な偏向的な野球放送を通じて日本プロ野球を「盟主として盛り上げるのだ」というちょっとした勘違いというか大きなお世話的なところはあったにしてもその横暴が批判される部分がたぶんにあったとしてもそれでもなおやはりそこには一種の使命感なりそれに類似したものがあるのだろうと思う。そこがまず骨にあるからこそ読売の中継では相手チームのヒーローインタビューをもあたりまえのように放送するのだという枠組みが維持されている。

それに対して朝日放送系列のスカイAの放送って昔からそうだけど(毎日系のGAORAとかと比べても)どこかそういう日本プロ野球全体への視点みたいなのを捨て去っている超ローカル性っていうの?はっきり言ってしまえば頑迷さとか田舎根性っていうのかそういうものを感じることがある。なるほどそうなのかと考えると合点がいくのだ。そうでもなきゃ試合が終わってヒーローインタビューが行われているときにカメラをそこに向けることなく音を拾うこともなく延々と負けた「おらがチーム」の反省点ばかりだけを説明している感性というのは説明できない。わざわざ「だけ」と書いたのは別にそれをするなっていうことじゃないということ。普通に勝利者インタビューを流したあとで普通に淡々と反省点とか敗因分析をすればいいだけだ。たぶん高尚な言葉で言うならばスポーツジャーナリズムとしての視点か決定的にスカイAのスタッフには欠けているんだと思う。カメラがあるのにわざわざそっぽをむけてマイクがつながれているのにわざわざそこを外しているんだから。仕事をする人間としてやはりそういう仕事をする人というのは評価できないと思う。

あまりネガティブな方向性で結論部分を終わらせるのは嫌なので最近のスカパーの一般的な多数派になりつつある中継でのことを書くならば、ほとんどの球場ではどちらのチームが勝ってもヒーローインタビューを音声ありで球場に流すことが多くなってきているようだ。交流戦とかの影響とかパリーグのがんばりのおかげかもしれない。時代は確実に変わっているのかもしれない。

私もパックとは言え、パック料金からいくらかスカイAにお金を払っているんだからこのぐらいの文句を言ってもよいんじゃないだろうか。昨日は川島亮のインタビューを聞きたかった。せっかく録画したのに。同じ料金を払ってどうして不利益を得なければならないんだろうか。スカイAの阪神ヤクルト戦中継だけは割引して欲しいところだ。


« あと4日、「あるがまま」が『隠の王』のエンディングでオンエアー | Main | CDエキストラだって、ベストデス »

スワローズ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/41850086

Listed below are links to weblogs that reference スカイA中継にちょっと苦言:

« あと4日、「あるがまま」が『隠の王』のエンディングでオンエアー | Main | CDエキストラだって、ベストデス »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)