Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

2006.12.30

終夜運転するんだぬ、りんかい線

終夜運転するんだぬ、りんかい線

さて年末年始はどーしょー

そゆう電車ってのったことないなあ

19のときは明治神宮いったっけ?朧げな記憶

超久々の更新、暴飲暴食は来年も続く

11月まで暴飲暴食日記を更新。12月分はまだメモ一部アップのみ。1月半ばに仕事が区切りついてからまとめてアップ予定。その後は例年よりも大変な確定申告。いろいろ勉強しないとわからないところだらけ。落ち着くのは3月の申告の後だなあ。

磯山さやかが出る

仕事場に泊まり込みの毎日なのだが今日は自宅に帰らなきゃ。11時20分からの磯山さやかをチェックしないと。『鳥越同上』まったく字が違う・・・に出るみたいだ。年末の磯山さやか納めだからなあ。久々自宅帰るきゃあ。そだそだそだ「朝まで生鶴瓶」も今日の夜だった気がする。朝までテレ朝三昧ってことか。

死刑

<フセイン元大統領>死刑を執行 イラク国営放送

12月30日12時27分配信 毎日新聞

 【カイロ高橋宗男】イラク国営放送によると、イスラム教シーア派住民虐殺事件の控訴審で死刑判決が確定していたイラクのフセイン元大統領(69)に対する絞首刑による死刑が30日執行された。03年3月開戦のイラク戦争での政権崩壊まで24年間にわたり同国を独裁支配した元大統領は「人道に対する罪」などを犯した「犯罪者」として生涯を閉じた。米軍占領下に設置された法廷の公正さを疑問視する意見は根強く、旧フセイン政権を支えたイスラム教スンニ派の反発は必至。マリキ首相(シーア派)率いるイラク政府は「独裁者の死」を国民和解につなげたい意向だが、かえって宗派対立に拍車がかかる恐れがある。

「人道に対する罪」とか東京裁判について連想してしまう。そして中国のインスタントな死刑とか北朝鮮の公開処刑とか。葉さんがゆってたな、文化大革命時代の中国の自分の見聞きした体験を。普遍的なものの考え方をしたいと常に思う私だが、やはり物事は根本的なことから考えないとと・・・言いつつもローカルな局所的な現象に巻き込まれて大きな視点を失ってしまうのもとても人間的だとも・・・。

イラクとアメリカと日本と大日本帝国と中国と北朝鮮と・・・男と女
じゃなくて
イラクとアメリカと日本と大日本帝国と中国と北朝鮮と人道と人権と民主主義と・・・なんだか延々と考え続けてしまう事柄です。まさにこういうのを「てんびんばかり」問題といえます。12月の風邪にひかれて・・・じゃなくて十二月の風に吹かれて問題と言ってもいいかも。

真実は一つなのか・・・
一体そんなものがあるんだろうか
何もわからないで僕はいる

何もわからないでもそれでも僕はいる。なにやらわけのわからない感情を吐露したくなる私は既に存在している。十二月の生暖かい暖冬の風に吹かれて。茜雲に泪する少年では私はもうないのだが、それでも、この時代に生まれてこの国に生まれたことを不思議なことだとも思う。人の生きていることの不思議さ。生きることの不確かさと悲しみを思う年の暮れです。

北辰斜にさすところ(神山監督作品)

北辰斜にさすところ(公式サイト)
クランクアップしたらしい。神山監督の最新作。先日、新宿の某所Fにてクランクアップを記念しての打ち上げの二次会が。惜しくもその日は仕事でFに寄んなかったのですれ違ってしまった。ちょうどあの日は大雨で生徒来ないで教室でぼんやりとしていたのかもしれないから行っていれば・・・。

ストーリーは九州を舞台にしているらしい。旧制高校の野球部のこと。戦争のこと。監督の執念を感じる。4月くらいにはきっと試写会を見れるのかな。早く見てみたいなあ。そして背景になっていることも勉強しないとちゃんとしなきゃ自分もって思う。そういう気持ちになる映画をたくさん神山さんはとっている。

2006.12.20

年末年始ですね

年末年始ですね

もうこんなお知らせが!
百人町三丁目地区のゴミのお知らせ。

2006.12.08

河島英五音楽賞

河島英五音楽賞

なんだかわくわくする話です。審査員紹介に「歌手」とある押尾コータローさんのDVDとか新譜CDとか出ているらしい。是非買おうと思っています。彼のギタープレーはまさに魂のこもっているものを感じます。

<はやりのメロディーや歌詞にとらわれない曲><詞に魂がこもった作品を選びたい>という翔馬の言葉には意図していないところで彼の受け取っている言葉の力を感じる。一瞬何を言っているんだろうと思ったがでもなにか言い表しにくいことを語っている。

さてどんな人たちが出てくるんだろう。来年のイベント参加が楽しみだ。

« November 2006 | Main | January 2007 »

無料ブログはココログ
June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)