Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« anamaki SNSをつくってみた! | Main | OPENにしたのに新規登録の・・・ »

2006.11.30

生きてりゃいいさ⑦

⑦だか⑧だか忘れた。どこで書いたかも忘れた。書き散らしているわたし。そしてようやくとうとう買った。

河島英五 Best Selection&Best Live
いま最初の回転中。

そこでひとつ突っ込み!
河島牧子さん、通称マッキーの文章に校正ポイントがある。つっこみどころっていうのかなんちゅうのか。

10トラック目の「月の花まつり」の説明で、

<次女のアナム&マキ>と書いてある。これだと近所の子まで次女だと勘違いする人が出てくるかもしれない。校正おちなのか、それとも仕込んだネタなのか。・・・ま、いいか(笑)

anamakiSNSつくったけど今のところだれも加入者が居ない。かもーーーーん。アナマキ熱烈支援者!
アナム&マキを熱烈に支援するかい?
うおおおうおおおおうおおおおおおおお!
雄たけび!!

« anamaki SNSをつくってみた! | Main | OPENにしたのに新規登録の・・・ »

アナム&マキ」カテゴリの記事

Comments

<次女のアナム&マキ>を<「次女のアナム」&マキ>とするとユニット名が分断されちゃうから避けたんでしょう。
まさか次女が二人居ると勘違いする人も<アナム&マキ>って名前の一人の人物が居ると勘違いする人も居ないでしょ。たぶん。
マッキーがマキさんを自分の子のように思っている事はあるかも知れませんが。

「りらごーさん」こんにちは。はじめまして!ですね。

“コメント”ありがとうございました。
少しづつ「河島仲間」が増えてきてうれしいですね。

翔馬クン、デビューシングルのジャケットとは
大違いで(スイマセン…)、やさしい好青年でした。

ライブ終了後のグッズ売り場は、サインがもらえると
あって、中高年のおばさまたちに大人気でありました。
握手して離さない人もいた…

打ち上げで歌ってくれた父の名曲、
「時代おくれ」が今でも耳に…

下記のコメントは、オイラが後輩の神ちゃんの、
映画「ありがとう」の紹介記事に入れたコメントです。

今後ともよろしくお願いします。

 
--「生きてりゃいいさ」--

 翔馬クンのライブのあとに、あらためて
デビューマキシシングルを聞いてみる。

2曲目が父の作品で、今回の映画のテーマソング
「生きてりゃいいさ」である。

ライブでは姉のあみるとの二人のセットで
歌われた名曲である。

CDでの彼のボーカルは、語りかけるような
説得力を持った、声は若いが素晴らしい
ボーカルである。

で、この曲で彼をサポートするのが、
「河島亜奈睦」(アナム)のアコースティックギター
なのである。そうです、翔馬クンのすぐ上の
お姉さんで「アナム&マキ」という女性デュオで
メジャーデビューしてますね。

その彼女のギターが、女性とは思えないような
力強く骨太な音なんだが、繊細な感じもあり、
弟をサポートする姉の愛情が、この曲のベースに
流れているようで…

河島ファミリーの結束の強さを感じます。

映画「ありがとう」…泣けるような映画は苦手
なのだが、見てみようかな…

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/12879257

Listed below are links to weblogs that reference 生きてりゃいいさ⑦:

« anamaki SNSをつくってみた! | Main | OPENにしたのに新規登録の・・・ »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)