Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

2006.09.30

高田馬場の四谷天窓でLive

さなぎ
なきはち→泣きっ面に蜂
あの頃
月花→月の花まつり
野良犬→戦え!野良犬

確認 WITHヘモグロビンコネクション

<さなぎ>かな<蛹>かな?
新曲ではじめて聞く曲でした。

石田さんと三宅さんのプレイは初めて聞いた。かっけー。石田さんは英五さんと同い年らしい。ギターとギターで会話する感じ。かっちょえーオッサンだなあ。


追記:アナムさんのMCに注目してた。少し成果があったのかなあ。発声方法を意識して喋っているのがわかった。「全てのものが・・・」っていうところでちょっと受けた。一部爆笑。

2006.09.25

闘論外伝を買おうとしたらなかった

サイゾーに出てた対談をまとめて出したらしきやつを22日発売といことで並んでるかとおもいきやないので聞いてみて質問してみた。「オカドメ」さんのってことで通じないで、オカドメなんちゅうったっけ?ってことで検索してサイゾーのページに行って始めて店員さんは確認。でも三省堂新宿支店では入荷がないらしい。さてどうしたんだろう。遅れてるのか。元々扱ってないのか。

新書を数冊かって帰ることになった。漢字の雑誌も漢字検定に向けて一冊。領収書は個人名でもらった。今回は塾の名前でなくて。

ツンドクで読んでないものも山ほどあるのだがまた新しいのを買ってしまった。新書ってやっぱり新鮮なのがいいので。でも必ずしも最新刊のものばかり買ったのではないけども。

いまどきの「常識」
若者の法則

意識とは何か
脳とコンピュータはどう違うか

香山リカと茂木健一郎さんがらみを二冊ずつ。一冊は共著のようですね。
もう一冊は最近立て続けに読んでるナカマサさん。
私の辞書にはナカマサさんは二人いて男の方のナカマサさん。(もう1人はフォトグラファーのナカマサさん)二人の苗字は違うけども。苗字もナカマサさんのほうのナカマサさんです。ナカマサマサキ。カタカナで全部書くとどこが苗字でどこからが名前なのかが実は判りにくい名前ですね。ナカ[マサ]×2キっていう書き方もできるのか?

ナカマサさんのやつで今回私が買ったのは「不自由」論です。←こういう書き方をすると非常に不正規な表現の為にどこが書名かがわかりにくいですが、わざとです。

書店を分類すると、岩波が2冊、ちくまが2冊、ブルーバックスが一冊。

追記:闘論外伝はサイゾーのところから直接買うことも可能なようだ。

2006.09.16

暴飲暴食日記を更新

久々にまとめて暴飲暴食日記を更新しました。なんだか最近はそれ程は暴飲暴食になっていない。それほどでもない。見る人が見るとそれでも尚どういうこと?って突っ込むのだろうけど。

夏ってほとんど家で自炊とかみたいなことはしない。だって夏だし。

秋からは涼しくなるし時々は自分で何かを作ったりするんだろうか。多分。

8月をアップして、9月の半ばまで書いてみたがまだ9月は中途半端な記述。8月のももっといろいろ増補して書きたいことはあるのだが、むしろ食事よりもその周辺の行動について記憶を辿って書いておきたいことがいくつかある。

本体サイトのNiftyの@ホームページの方では野球関連のコンテンツが目玉ではあるのだが、なんせ、土橋選手がいまはイースタンにいるので書くネタがない。観戦記録も、そして、観戦記憶もなんだか溶けている。いったい何回神宮にいって、いったい何勝しているのかとかってもう溶けている。

水木ゆうなさんに注目してます

CUL-NAVI
カルチャーナビゲーションというタイトルの番組。省略してCUL-NAVIというタイトルだが。ちょっと前に森達也さんのドキュメンタリー作品を見たのがきっかけで知るにいたった女優さん。タレント的な活動もしていてナレーションなんかもしていて、ここではFMのながーいワイド番組のナビゲーションもしている。とっても存在感のクールな感じの水木さんに今私はとっても注目しているのです。

スカパーがしばらく見れないこの秋の日を私はFMラジオなんかを聴いて過ごしちゃったりなんかしてみようと思うのでした。

ラジオっていうカテゴリーがあるかと思ったらないので、芸能・アイドルっていうところにしておきました。水木さんのジャージ姿に萌えてしまいました。あは。ジャージ姿っていうと、今年の6月30日には長谷川都さんのジャージ姿にも萌えた私でした。


生きてりゃいいさ

英五さんの新しいベスト盤が出るらしい。ヤフーミュージックに情報が出てた。他にはまだ出てないみたい。「生きてりゃいいさ」にフィーチャリングしているようだ。このまえのヤンタンの日曜日のイベントで鶴瓶師匠が歌っていた。ネットで公開されているコンテンツには流れていないようだが・・・。バスの中で鶴瓶師匠が語るシーンは流れている。

 河島英五が亡くなってから英五の「生きてりゃいいさ」を歌った

という風に説明している。もっと生きていて欲しかったということの屈折した表現だと思う。英五ファンであると同時に相当にDEEPな鶴瓶ファンでもわる私からすると、鶴瓶師匠が英五さんの歌を歌っている姿はまさに垂涎ものなのだが・・・ま、淡路島に行くわけにも行かないし。

そうそう、淡路島っていうと、南淡町の英五さんのコンサートを思い出します。このまえVHSで久々に見た。パワフルだったなあ。あの頃の英五さんは。90年代前半の英五さんの、スロートレインの映像をDVDとかで永久保存版で見てみたいものだと思う。

河島英五ベストセレクション&ベストライブ「生きてりゃいいさ」

関連リンク:

http://choi-happy.jugem.jp/?day=20061001

山本昌が快挙~優勝争いの中での記録は偉大です

最新の記事より→ここ

山本昌投手が史上73人目(84度目)の無安打無得点試合を達成、41歳1カ月は一九九五年に40歳11カ月で記録した佐藤義則投手(オリックス)を上回る史上最年長記録の快挙となった。

昌!
やったね!

どっちかいうとペナントレース的には今年は「アンチドラゴンズ」な気分で見ていたんだが・・・

さすがにこの記録はすごい!とっても嬉しい。同じ世代という嬉しさか。オジサンに嬉しいニュースだ。

優勝争いの真っ只中でのこういう記録はとても価値があると思う。石井一久が97年にベイスターズとの熾烈な優勝争いの中ででノーヒットノーランを達成したときのことを思い出す。TVKでしか放映がなかったがあの試合はとっても価値のある試合だった。当時、キー局は優勝争いとは全く関係ない試合を意味もなく強制標準として全国中継していたのは言うまでもないことだが・・・

そのことをその試合の直後に毎日新聞の経済部の記者だったかがコラムで書いていた。日本のプロ野球ファンはそういう価値ある試合を見る機会を奪われていて不幸だという趣旨の記事だった。私はその記事の内容にいたく同感したのを覚えている。

私の注目したのはそういう正論を書いたのが新聞社のスポーツ報道に携わっている部局の人ではなくて経済部だったということ。スポーツ報道に携わっている所の人がそういうことを書けない、あるいは書こうとしない、書いたとしても通らない、・・・きっといろいろあるんでしょうけど。


小滝橋交差点近くのカレー屋さん

小滝橋交差点近くのカレー屋さん

最近初めて入ってみた。714でランチを食べた。値段はおてごろ。

場所があまりよくないので頑張って欲しい。

2006.09.10

辻元が出てるネットラジオ、一億二千万円が三千五百万円に

辻元清美が鴻上尚史のネットラジオ番組に出ている。

Klap
無料ラジオ。最近はじまったばかり。そのうち森達也さんや磯山さやかさんも出るらしい。

楽しみだ。これは。

磯山さやかさんは何をやるんだろう。やっぱりなんかのアシスタントだろうか?

ピースボートの裏話。一億二千万円を三千五百万円に値切ったらしい。辻元が鴻上をピースボートに誘ったときの話もおもしれえ。石坂啓が2メートルの女として登場している。吹き出した。なんだかみんな昔の知り合いみたいな気がして面白い。直接の面識は特にないんだが。どの方も。

辻元は最近テレビとか出るのは9割方を断っているらしい。そういえば露出がないねえ。
今月は月間ゲストで出るらしい。楽しみですね。これは。いろいろ裏話が聞けそうだ。

辻元のブログ

追伸:磯山さやかさんが最新記事(06年9月9日現在)の写真でいけないことをしている。わたしもああいうことをやったことはあるなあ。ほほえましい写真。でも、あかんがな~。

« August 2006 | Main | October 2006 »

無料ブログはココログ
December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)