Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.31

モギケンウメダ対談がアエラで

今日発売の8月7日号でモギケンウメダ対談が出ている。まだgoogleでモギケンウメダだとヒットしないので私が最初に使ってみる。ブログ検索は確かめてないけども。モギケンモチオでモギモチ対論みたいなタイトルでもいいかもしれない。こういう行き当たりばったりな雑誌の対談でなくて是非とも対論を分厚いのをやって欲しい組み合わせだ。羽生名人なんか混ぜてみていろいろゲストトークを入れての鼎談本でもいいかもしれない。きっと誰か編集者が考えていそうだが。

クオリア日記
MochioUmeda.com

追記:
梅田さんがやや年齢が上のようですから順番からするとウメモギ対談というタイトルがよいかも?

2006.07.17

日本テレビの番組「ラジかるッ」でDVDが紹介

http://www.successinc.co.jp/kawashima.html

今年の4月に出た河島英五DVD。フォトブックとエッセーが一緒になっていておまけに85年の貴重なライブ映像がDVDで特典としてついている。そのDVDが垂涎ものなのだ。初期の傑作「てんびんばかり」もこのライブの中では他のどこにもない歌詞になっている。「てんびんばかり」・・・ああ知っているって言うマニアックな?人でもこのDVDの「てんびんばかり」は特別なものなのだ。手に入れないではおけないと思うぞ!!、気がつけば。

今日の日本テレビの番組では赤井英和さんがゲストに出られて思い出の曲として「酒と泪と男と女」を選曲されたということらしいです。赤井さんとはなにかと縁のあった英五さん。英五日記という英五さん手書きの文章の中にも赤井さんの名前は登場していたことと記憶している。今年公開されるらしい映画で「生きてりゃいいさ」が主題歌になったという話も前に新聞記事で見た。赤井さんも出演されている映画でした。そこらへんの話題もあるかもしれませんね。

祝日なので、しかもこの暑さだし、おうちにいる人は是非見逃さないで見て欲しいと思って深夜に書き込むわたしでした。いろいろな場所に別のかたちで書き込みをしています。

ライブてんびんばかり」という伝説のライブアルバムがあった。そこらへんの70年代の英五ライブの映像なども秘蔵フィルムが存在するらしい。そこらへんが表に出てきやすく商品化されやすくなるためにも・・・現状のように「Everlasting」が苦戦している実情は困る。大変困るのだ。

アナマキファンもアナムちゃんの由来を尋ねて知るという意味で是非あれは買ってみて欲しいと思う。せっかくすれ違って見つけそうになったすばらしいものを見つけそこなうのは悲しいものがあります。「酒と泪と男と女」「時代おくれ」「野風増」の3曲だけで河島英五という人を知った気にならないで欲しい。大変強くそう思う。なんとなく演歌みたいなフインキの唄だと思っている人たちにも小一時間問い詰めたい。英五さんの歌の世界はもっともっといろんなものがあって・・・とにかく凄いんだから。

« June 2006 | Main | August 2006 »

無料ブログはココログ
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)