Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

2006.06.26

「磯山さやか号泣」っていうタイトルにはやはりつられてしまう私であったのだった

歌舞伎町に磯山さやかさんの悲鳴が響く!
「サイレントヒル ショッキングハウス」開設

磯山さやか、歌舞伎町での“恐怖”に大泣き!!

磯山さやかさんも泣き出す恐怖! “サイレントヒル ショッキングハウス”が新宿にオープン!

磯山さやかさんの始球式。是非神宮で生観戦したかったんだがあいにくの土曜日で無理だった。テレビでちらっとみただけ。今度のスワローズTVでは密着ドキュが放映されるらしいので楽しみにしている。

ちなみに磯山さやか様が始球式をされた試合は見事にスワローズが勝利しました。ぱちぱち。やっぱり勝利の女神なのでした。とかいって、前にも書いたしこれ・・・。

感情の問題?私たちは尚更に冷静になるべきだ

「殺せ、殺せ」の大合唱

被害者感情の回復とかよく言われるけども。
無実の罪で死刑になっちゃう可能性が十分にあるっていう現状をどう判断するのかっていうのが・・・死刑大国とまでは言えないけども(・・・死刑大賛成の人は中華人民共和国は理想の国なんでしょうかね・・・小一時間問い詰めてみたいけども・・・現状の世論の動向を考えると全く死刑についてはゆるぎないこの国のマジョリティの人たちに問いたいなあ・・・)まあそういう悪い籤はひくやつが馬鹿で運が悪いだけで、有罪率が限りなく100パーセントに近い日本の刑事司法って・・・やっぱどっかオカシイと思うんだが。(数学的な・・・といえばそういう切り口語り口についての問題は↓でリンクしている「数学屋のメガネ」の記事に詳しい)

綿井さんのリンクした記事はコメントがたくさん来ていて話が深まっている。一部感情論で暴走している人がいるようだが、感情の問題もあるのだがそれだけに冷静に問題を捉えたいと思うテーマです。

綿井さんの文章にあるテーマは死刑制度の問題ではむしろなくて報道の問題だと思う。被害者の言葉も加害者側の弁護士の言葉もどこかすりかわってしか伝わっていないという苛立ちを感じる。問題設定の立て方がメディアの中で貧弱かつ粗雑であるということ。粗雑に扱うべき問題ではないはずだ。イラク戦線を取材してこの国のゆるいメディア状況。ご臨終メディア状況を見て出てくる素直なアウトプットだろう。綿井さんの文章にはいつも感心する。フットワーク軽くさまざまなことをネタにしつつ決して紋切り型ではなく深い思考を持ち合わせていると思う。

関連記事もいくつか漁ってみた。

裁判員制度というのが遡上にのぼっているらしい。ここらへんは絡めてまじめに考えないといけない問題なんだろう。一般市民の司法への参加っていうことなんだろうから。

裁判員制度について・・・
あなたも裁判員!
裁判員制度


戦争の問題でも死刑制度の問題でも制度設計とかシステムの問題を語るのに言いたいことを言いまくってああああスッキリしたっていうレベルの言論は言論に値しないと思う。感情を回復するということだけが目的だったらば制度なんてどうでもいいんじゃねえってことになりかねない。

懲役500年とかの方がわかりやすいな、私は。死んだらもう一度生き返らせて500年間重労働につかせて。なんか「火の鳥」の世界だなあ。それじゃ。でもこういうシステム設計ってどこかに流刑星とか殖民星が存在して「死刑執行人」とか「刑罰執行人」が存在しないとつじつまがあわなくなってしまう。どこかSFじみている。

亀井静香さんの死刑廃止論について纏めている文章もここにあります。
数学屋のメガネさんの記事です。→ここいつも読んでいるブログですが非常に読み応えのあるサイトです。

いろいろありますが、とにかくいろいろ考えさせられる問題です。とてもじゃないけどスパっと結論の出る問題じゃないんじゃないかと思う。悩ましさを共有できる中で議論が進行して問題が把握されてよりよい方向へ進むのならよいのだが・・・。メディアは絶望的な状況かもしれない。

少年法がどうしたでも死刑制度がなんとかだでも刑罰強化とか刑法の改正とかでもうわっとどどっと流れができてて制度を市民が市民の代表が設計しているという風景よりか・・・いまだにお上がくださったものをありがたやありがたやで受け止めている心性ってのがどうもここには根強く残っているんじゃないか。メディアは庶民のガス抜きの為によってたかって何かを為すだけ。なんとなく動物的というかなんというか。

『アトミックカフェ』
という映画がある。日本とともに代表的な死刑存置国。州によってはいろいろありますけど、あそこの国は多様性が。ローゼンバーグ夫妻の死刑を実況中継している様子。あれっておぞましい記憶なんだろうな。良心的なアメリカ市民からすると。

自分たちの問題として制度を考えるきっかけになるとすれば裁判員制度というのは有益なのだろうか。それとも共犯にさせられるだけのことなのか。

やっぱりどこまでいっても私は「誤魔化さないでそんな言葉では僕は満足できないんです」っていう気がする。河島英五の「てんびんばかり」の歌詞だが。

今年は「てんびんばかり」のDVD化が果たされた年でもあったんだった。英五さんの誕生日(4月23日発行)に出た。亡くなってからもう5年もたった。今回出たDVDに収録されている「てんびんばかり」は特に特別な歌詞の入っているバージョンだ。CDやレコードであの歌を聞いたことがある人もきっとあの英五さんの歌唱を聞くと改めて違うものを受け取ることがあるかもしれないと思う。

今日アマゾンで『倉田弁護士 事件簿』(倉田 哲治)を買った。前から読んでみたいと思っていた本。その昔アムネスティ関連のイベントで英五さんが参加していたことがあったかと記憶している。おぼろげな記憶だがどこかで確かめたいところだが。

天秤ばかり

倉田さんは1998年に亡くなっているそうだ。今頃あちらで英五さんと喋っているのだろうか。

今日は綿井さんの記事をきっかけに実にいろいろなことを考えさせられた一日であった。だらだれいろいろ書いたのでカテゴリーは日記にしておこう。・・・と日記にはそうかいておこう。古いなこの言い方。あえてカテゴリーは多数付与するのはやめよう。そのうち整理しなおしてふるかもしれないが。

2006.06.23

「ふたりっ子」がいよいよCSで見れる

番組情報はここ

マナカナが既に大学生の今。やっと「ふたりっ子」が見れる。CSでやる。多分CS初OAではないかな。ホームドラマチャンネルにて。362チャンネル。110度の方はよく知らない。何チャンネルだか。

この番組は英五さんが出演という要素だけでなくてはまってみていた。マナカナ、菊池麻衣子さん、岩崎ひろみ、段田さん、伊原さん、内野さん、手塚さん、桂枝雀師匠、・・・脇の人たちもよかったよねえ。このドラマは。

初回が7月13日の木曜日で、木曜は昼の12時から。木曜の深夜3時から再放送、土曜日は夕方5時から、翌週の火曜日は夜10時から。というスケジュール。私の生活時間帯的には深夜3時かな。木曜日の深夜3時。アリーの放送枠とぶつかるなあ。どうしよう。昼の12時に見るって言うのも方法かも。昼12時にきっちりと起きれるかどうかっていうのもあるけども。目覚まし代わりにはなるか。13時に起きるのが定常なので、私の場合は。

われらがFJS実行委員長の河島あみるも忘れてはならない!
そして、・・・やはり我らがスワローズPMである古田敦也もちょい役で出ていました。毛利元彦八段っていう棋士の役でした。

そして、英五さんの役は、谷武蔵でした。谷和彦と宮本武蔵を足したような名前ですね。

参考HP:
ふたりっ子・永遠の朝ドラ

2006.06.21

暴飲暴食日記を6月半ばまで

暴飲暴食日記を6月18日まで記述。野球関連観戦記録はまだまだ書いてない。
22日木曜日はぞろ目なのでぞろ目チャット予定。22日の夜の22時22分にドバドバ大チャットにて。
23日は大久保の「とんどこ」で豚バラ食べ放題オフ予定。

ドバドバ大爆発HP

上杉さんところに電通ジーコネタがあった

W杯日本代表 「戦犯はテレビ(電通/ジャパンコンソーシアム)」 ジーコ監督発言♪

そういえばワールドカップやっているみたいですね。元々あまり興味がないのと東京対千葉の熾烈な戦いに目を奪われていたのと・・・最終的な結末への脱力に今ちょっと球蹴りの方に少しだけ興味を抱こうと努力中。

そういえば・・・
Watermarkの21日記事 →ここ にも関連ネタがあった。いつも読んでるアルファブロガに共通して同じ話題が現れるとさすがにサッカーネタに鈍感な私もなになになに?なんて思ったりもするわけです。ああああああ二千五百万円があああ・・・ま、私がもらえるわけじゃないけども。脱力だなあ。

サッカーサッカーだった。話題戻して・・・。

東京脱力新聞、当時、NYTimesの取材記者として、ハワード・フレンチ東京支局長(当時)と、電通、JC(ジャパン・コンソーシアム/NHK・民放の放送連合体)、FIFA、ISL社(代理店)が扱うW杯の放映権についての「ある疑惑」を追っていました。

上杉さんがこのネタを追っかけてたことがあったんだ。セット販売でもう売られちゃってるんだ。へええ。電通のネタって強大なタブーみたいですね。こういうのこそblogの得意な領域なのかも。メディアリテラシーの一環としてやはりデンツウってなあに?ってところからわかりやすく語れるようになりたいと思う。

っていうかスポーツカテゴリーにしてみてはみたものの、あまりサッカーについて語れないなあ。よくわからないものなあ。このまえmixiでアンケートみたいなのがあってまんまとはまってやらされたんだけど30問中14問くらいしか当たらなかったし・・・3択だものな・・・相当無知だよなあ。回り見渡したら私が最下位だったし。orz


2006.06.17

綿井さんはUMA方面にも

セキ☆ララを先日下北で見た。ドキュ嘘の編集をしてた松江さん。松江さんは「あんにょんキムチ」を撮った監督さんでもある。その映画はまだ見れてないのだが。

松江さんのブログで私も少し共感したものがあったのでメモの為にリンク。
ここ
こういうのって人のふんどしでなんとかっていうやつで・・・自分で書くのが面倒で人のところをリンクするのって、なんだかテレビドキュメンタリーで街のインタビューを集めて欲しいものだけを拾うみたいな・・・

というのはともかくも、このまえの綿井さんと松江さんとのトークはおもしろかった。そのあとの宮台さんとのは仕事があって行けなかったのだがどうだったんだろうって気になる。

松江さんのブログにコメント書いたらレスをいただけた。嬉しいですね。すぐに反応があるのは。綿井さんはUMA方面にも・・・なんですって、最初なんのことか分からなかったけど分かった。

磯山さやかさんは勝利の女神だった!

スワローズがマリーンズを下して交流戦首位にいよいよ立った!そして明日のSM6回戦で勝利をすれば「胴上げ」もあり?→少なくとも交流戦での同率首位を確定する。明日スワローズがロッテに勝つとすると、スワローズが残り試合二試合(ファイターズ、イーグルス)に全敗して、ロッテが残り試合で全勝しても同率で並ぶことになる。

こういうのをマジック1っていうんですね。ふつうにいえば。交流戦単独首位にはマジック2ってことになるのか?
とにかく明日の直接対決で千葉ロッテを我らが東京ヤクルトが下すことが前提条件だ。

ところで今日の試合は磯山さやかさんが始球式を行ったそうです。これから自宅に帰ってビデオで確認するのが楽しみですが、私が何より嬉しいのは・・・
磯山さんがノーパンで投げたこと・・・もとい・・・ちがうちがう・・・
磯山さんがノーバン=ノーバウンドで投げたかどうかは良く知らないが・・・
磯山さやかさんがまさに燕の勝利の女神だったっていうことが証明されたから。

明日は燕の胴上げは見れるんだろうか?
でも最終的な確定ではないからそういうのはやらないんだろうか?あるとすればハプニング的にかな?

スワローズ公式サイトのスワローズニュースに磯山さやかさんの始球式の投球の様子が写真に出てる。まじきゃわいい。こりゃ、はよかえってビデオで見なきゃ~。

磯山さやかはスワローズの勝利の女神だあああ!
明日も勝つぞ!スワローズ!!

関連リンク:
磯山さやかの東京ヤクルトスワローズ女子マネ日記

2006.06.04

@nifty:NEWS@nifty:「国会はどっちでもいいやの感じ」と首相批判…小沢氏(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「国会はどっちでもいいやの感じ」と首相批判…小沢氏(読売新聞).


「今度の参院選、次の衆院選で民主党がきちんとした支持が得られなかったら、半永久的に日本の議会制民主主義は成り立たない」と述べた。

気合入ってますね、小沢代表。幕末の志士の気分かも。
擬似が全てに付与される?

擬似議会制民主主義
擬似独立国
擬似西洋近代社会
擬似先進国

愛国心を国が上から植えつけようだなんて「先進民主主義国家」では有り得ないはなしだし、その矛盾を実感として受け止められる土台が若年層に総体的に失われてる学力総崩壊みたいな現実がもし本当にあるとするならば怖い話だ。
エリート教育がしっかりしてればいいの??

モダン?ポストモダン?シュールな現実?

ここはやはり土民の国なのか?

参考リンク
http://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/200512/index.html

2006.06.02

今日も影のヒーローは土橋

リグスがお立ち台で岩村がその次のヒーローなんだろうが・・・
土橋の四球が影のヒーローだと私は思う。
さすがは土橋だし・・・
今日は古田PMも雰囲気があったですね。画像は見てないし経過を時々のぞいただけだけど・・・。きっと想像するに古田の打席での表情は迫力あったんだじゃないかな。凄く想像がつく。
これから自宅に帰って録画を確認してそのことを確認してみよう。
明日明後日のデーゲームはひとつの鍵になるですねえええ。山本晋也風の日本語になってしまった。


さああて
自宅に帰って録画見るか~

未知語局未知語課

未知語局未知語課

未知語に関して収集するブログのようです。
知り合いのサイトです。もっともっと頻繁に更新を希望してるのだが・・・

ブログってこういう風に使うもんだよなっていう見本になるようなサイトであって欲しいですね。展開さらに希望。

バッシング、いよいよ公開だ

バッシング

これは絶対に見に行くぞ~。
まずは、こういうところで宣言しておかなきゃ。

« May 2006 | Main | July 2006 »

無料ブログはココログ
June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)