Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

2006.01.25

河島英五 tribute LIVE ~月の花まつり~ 、大阪BIG CATでパーティひらこうよ!

10年を目標に続けられた、チャリティーコンサート「復興の詩 Final」から2年。ファンの期待に応え、英五ファミリーが再び集まる。
フォーク世代はもちろん河島英五を知らない世代まで、新たな英五ワールドを楽しめるライブです。

日 時:2006年4月23日(日) 開場:17:00 開演:18:00
場 所:BIG CAT(心斎橋BIG STEP 4F)
料 金:前売り¥3,000-/当日¥3,500-(1Drink別途)
出 演:翔馬 with 岡嶋直樹(Sax)、山地恒太(Bass)、河島あみる(Key)
    アナム&マキ・ゲストあり?
備 考:3月4日(土)よりチケットぴあにて一般発売。
    3月1日(水)よりTEN.TEN.CAFEにて限定100枚の前売り手作り
    チケットを発売。

#############

日曜日だというしぃ。

いくっきゃないなあ。

英五さんの何回目の誕生日。 54回目か。

「100年経ったら
天国のBIG CATで
パーティー開こうよ! 」

こう歌うんだろうなあ!

西に東に、野球に音楽に忙しい楽しい4月になる。。
限定チケット100枚かあ。

プレミアムだなあ。

さてわたしはいったい何回ポストしたんだろう?ダブルやトリプルじゃ追いつかないなあ。

2006.01.19

23、731、そして19950117、20010414からもうすぐ5年

23で731の話が特集されてた。青木冨貴子さんの名前を見て思い出した記事を拾ってみた。昔のドバボードの書き込み。


1978. 英五、英語、いくつかの場面、仁醒 ドバドバ 2002/10/11 (金) 12:20

別の日記にリンクした箇所の英語のページ。
英語で英五。
SceneOF38っていうベストアルバムが昔あった。
私も持っていたのだが、昔、T社でバイトしていたときに、自分よりも年下の知り合いにあげたのだった。
「くださいよ、Nさん」って言われて、あげたんだった。
あいつはいったいどこにいるんだっけ?
あ、オラクルにいるんだった。
世渡り上手な感じではあったなあ。
なんか仕事くんないかなあ(笑)
よくパチンコ→ボウリング→てんぐ
遊んだなあ田町周辺で。

で、Sceneオブ38っていうベストアルバムのタイトルは

英五さんの「いくつかの場面」という名曲中の名曲からもじられたタイトルです。

ジュリーファンの人がこの曲を大絶賛して紹介しているページを以前に、やっぱりここではない別の日記コンテンツで、紹介した。

ジュリーはあの歌をコンサートで歌うときはやはり泣いてしまうことが多いらしい。

ジュリーがレコーディングで涙ながらに歌ったというエピソードが、むかーーーしの

英五スペシャル

っていうレコードのライナーに書いてあった。
「ガッツ」だったかの編集部の人が書いた文章だった。

仁醒

というアルバムが、私がはじめて買った英五さんのアルバムだったが、あのアルバムのライナーの文章は、確か青木書店のお嬢さんであったライターの人だった。私の記憶が確かならば。
あの文章はとっても私にとって深く刻まれている。

ピート・ハミルの奥さんって言ったほうがわかる人にはわかるのだそうだが、やはり何を言ってもわからない人にはわからないのだが。っていうか私もハミルさんのことは実はまったく知らないのだ。あはっ。

常石さんの新書は以前に読んだ。生徒に貸した。まだ帰ってこない。ま、読んでいるらしいし、いろいろ興味を持ってくれたので、まあよかった。新宿区と厚生省と東京都といろいろあったらしい。。その後どうなったんだろうか?
実にばかばかしい反中国・嫌韓のウルトラナショナリズムみたいなのがぷんぷんにおいがする昨今の気持ち悪い情勢の中で足元を見つめたいと思う。新宿に生まれ育って地域の子供たちを教えている人間として最低限の意識を持ちたいと思う。

青木さんのアマゾンドットコムの匿名書評にバカウヨのコメントを見つけて失笑。

もう阪神大震災から11年がたってしまった。復興の詩もおわり。そしてその後2年が。今年は翔馬の東京でのライブが見れるだろうか?アナマキの2月のライブは東京のんは月曜日なので行けそうもない。3月以降のスケジュールを期待するしかない。

2001年4月14日。大和銀行でのトーク&ライブ。あれからあと3ヶ月近くで5年近くの月日が過ぎてします。5年で私は何をしてきたのだろうか。あれから少しは何かがいい方向に行っただろうか。世の中はどんどん悪くなっているのか?状況認識とはどういうものか?最後になってしまったトークショーで(タリバーンによって爆破されてしまった)アフガニスタンの磨崖仏のことを英五さんが語っている。911が起きて、アフガニスタンが空爆されて、イラク戦争が起きて・・・という流れの半年前。なんだか予言めいたフインキをかもし出すお話。

「仏教とキリスト教とイスラム教が融合したらおれは入る」って英五さんが言ってた話を思い出す。前にどこかに書いた。たぶんここかな?

英五さんといえば、もうひとこと、最近mixiで知り合いになった知人の情報によれば、SLTの竹善さんがNHK-FMの番組で英五さんの歌を選曲してくれたらしい。どういうコメントをされてたんだろうか?気になるところだ。竹善さんって調べたら同級生なんだ。同学年。オナ学年だああ。ってとっても親近感。おまけに私と同じぞろ目節句生まれときている。私にとっては微妙にコンプレックスとなっている日付。私は御雛祭り生まれで竹善さんは立派にも男の子の日にお生まれになっている。うらやましい。

関連記事:
http://plaza.rakuten.co.jp/eigosan/diary/200601180000/
http://dobadoba.txt-nifty.com/relax_go/2005/01/11212.html

2006.01.11

正式に『東京ヤクルトスワローズ』へ名称変更

★「東京ヤクルトスワローズ」に変更

ヤクルトは10日、各球団のオーナーらの承認を得られたため、球団呼称をフランチャイズの「東京」を加えた「東京ヤクルトスワローズ」に変更したと発表。新しいチームロゴなどを発表した。地域密着を推進するため、昨年12月のプロ野球実行委員会で呼称変更を申請していた。野球協約の規定により12球団の4分の3にあたる9球団以上のオーナーの承認が必要だが、同日までにヤクルトを含む11球団のオーナーが認めた。

ネタ元はサンスポ1月7日の記事。

ヤクルトを含む11球団って1足りない気がするけど・・・どこが承認を遅らせてるの?ま、ふつうに、ただの不手際なんでしょうけど・・・12球団一致でないっていうのはちっとだけ気になりますね。

これで名実共に東京の地元の球団になりました。長年願ってきたことだけに私は素直に嬉しいです。

東京の人はヤクルトを応援しないといけない

「ヤクルトが(チーム呼称に)『東京』を付けたので、今年は東京の人はヤクルトを応援しないといけないですね」

木田がゆっている。わざわざ「東京」をチーム名=愛称から外した読売と、地域名を地域密着を旗印にチーム名に新たに加えた東京ヤクルトスワローズ。おのずから結論ははっきりとしている。

木田選手の言うとおり。ここであえて読売を応援するような人を私は保守反動主義者と決め付けるつもり。

元ネタは

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/jan/o20060108_30.htm

読売系の新聞ですね。

« December 2005 | Main | February 2006 »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)