Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 暴飲暴食日記を11月アップして12月は10日まで | Main | 東京や来るとスワローズ »

2005.12.18

陣内大蔵に「夕焼け」という歌がある

♪たまたまこの街に生まれてさ ♪たまたまこの時に生まれてさ

いつかいつか書こうと思ってまだ書いていなかったことに気がついたのでメモしておこうと思う。英五さんの歌で「十二月の風に吹かれて」という歌がある。アナム&マキの「ピカピカ光ル」という歌を聞いた時に思い出された曲。つながりを感じた曲。そこから更にもう一つ連想するテーマの歌があって、それがこの記事のタイトルの曲。3つの曲をセットにしていつか文章を書こうと思ってもう1年以上が経ってしまった。せめて今年の内にこれだけは書いておかないと。

茜空とか夕焼けという言葉に戦争や貧困や社会のことや人生のことがこめられている歌詞。どれもそういう言葉の深さがある。若輩者の26歳のアナマキなのだが、って俺が謙遜してどうするというのがあるのだが・・・「ピカピカ光ル」はアナマキさんたちによってこれがまさに代表曲というくらいに頂点の歌になると思う。

そいえば、この英五つながり楽曲集のところにちょぴっとだけ文章が書いてあった。茜雲つながりだということ。深層における社会性。言葉の表面的な部分には表れていない行間部分に私は感じるものがある。アナマキのピカピカの場合には、ただただ直接的に戦争のことを歌っているところに凄さがあるのではなくて、そうではなくて戦争という現実がいわば<遠く遠くの方に>あってそれを受止めているこちら側の私たちの生活する視点にやはり歌詞の出発点があるだろうということが感じられるところ。そこがあの歌の「突き抜けた」所だと思う。

そして何よりも言葉としても音楽としても旋律としてもとっても美しい。そして儚い。悲しい。アナマキのピカピカを聞いて流してしまう泪は綿井監督のイラクドキュメンタリー映画を見て泪してしまった泪に深く通じていた。映画が1時間半以上も続く中での共感体験なのに対して、歌は4分か5分でそこを通り越して何かを渡してしまえる媒体だということが、比較して良く分かった。どちらがメディアとして優れているとかそういう問題ではなくて。テーマに相通ずる同じものと感じ方の違いを同時に私は受け取った。今年の収穫だ。綿井さんの映画とアナマキのピカピカ。(一部訂正:是枝さんの最新ドキュメンタリーは憲法9条もので穴巻とは「九箇条」つながり、『日本人になりたかった』も出色のドキュメンタリーです。)

イラクのニュースを見て、アナマキのピカピカを聞いて、是枝さん(誰も知らない)や綿井さんの映画(LittleBirds)を見て・・・

そんな年だったんだなぁ

今年は。

と、既に回顧モードに入りつつ・・・年末年始の忙しい仕事に没頭する毎日なのだ。

って〆るのは未だ早く、イラク戦争の話をしつつ思い出すのがやはり英五さんの「十二月・・・」に出てくる歌詞。

♪海の向こうの出来事も ♪ただの噂話として

♪駅のホームに散らばっている ♪十二月の風に吹かれて

噂話を消費するために私はCSでBBCを見ているのか。世界での悲惨な事件や戦争の映像が溢れているとついついその消費傾向が増えて、阪神大震災とオウム事件の年にはやたらとテレビを見ていた気がするのとか、そういうことか?、やはりただの噂話の消費として私たちはああいうネタにつきあっているのか?やはりそうなのか?自問自答する。

全てがネタになる!・・・ということか??

こういう3曲つながりの文章って今度シリーズ物にしたいなあ。忙しいときになるとなぜかいろいろ仕事以外にやることが思い浮かぶものだ。大学時代、試験期間中になるとむやみやたらと大学生協の書籍部門に行ってやたらと関係ない書籍類を買ってみたりとか・・・ありましたね。あれと同じでしょ。

「地球」というテーマで、やっぱり英五さんとアナマキともう一組、別のアーティストを紹介するのだ。そのうちそのうち・・・。

陣内大蔵。ライブとかコンサート体験は極小で一回しかないんだけども、アルバム保有枚数はけっこう比率が高い。神学部出身というところが岡林信康と共通でそこにも神秘的な魅力を感じる。彼の歌詞の味わい深さと深遠なる部分ってわりとそういうところから来ていると思う。岡林さんは同志社の神学部で陣内さんの方は関学の神学部。西洋坊主の息子という生まれまで岡林と一緒なのがオモロイ。

関学っていうと大江千里クンや橘いずみっていうのもいたね。

♪最後に笑うのは いったい誰なんだろう

♪本当に悪いのは いったい何なんだろう

夕焼け」は「深呼吸」というアルバムに収録されている。私が一番好きな陣内大蔵のアルバム。何度も回したアルバム。このアルバム。買ったときに何かと一緒だと思ったことがあったのだ。河島英五「文明」三部作と一緒で、歌詞に英語の全訳がついているんだ。1980年の12月。今から25年前にあの文明三部作を聞いたときの衝撃は今でも実物大で私の心に突き刺さっている。手垢の着いた表現なのだが、やはりそうなのだから、そうとしか言えないのね。あのアルバムにも英語で歌詞全訳がついていた。

« 暴飲暴食日記を11月アップして12月は10日まで | Main | 東京や来るとスワローズ »

アナム&マキ」カテゴリの記事

英五」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/7674179

Listed below are links to weblogs that reference 陣内大蔵に「夕焼け」という歌がある:

« 暴飲暴食日記を11月アップして12月は10日まで | Main | 東京や来るとスワローズ »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)