Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

2005.11.29

アナマキさんの30分濃密なインタビューが聴けます見れます

funforfunのインタビューが見れますです。マキちゃんかわいいいいいい。アナム・・・帽子にあってるじゃんか~。ういいいい、俺も酒飲みながら見たい。これはみなさん、酒を片手に画面に向かいましょう!アナマキさんたちがお酒の話をしているのがとっても新奇ですぅ。マキちゃんほんのり赤いお顔でしゃべってるのがセクスィー。

インタビューのページはここ

やっぱ、私ってマキちゃんファンなんだなあって再認識しました。もちろんアナムさんはある種わたしにとって神様みたいな神秘的な存在なんですけど。彼女は天才だと思います。

お二人ともかなり豪快に笑って飲んで喋ってます。超リラックスです。まさにこのブログのタイトルでもあるアナマキさんたち超リラックスでGO!ウルトラリラックスです。楽しい雰囲気が伝わります。こういう雰囲気を引き出してつくることができたコンテンツ制作スタッフに脱帽です。いい仕事してます。

2005.11.26

F PROJECTの名刺が・・・、よくあること

古田PMのブログが更新されている。よくあるネタ。同一のビデオとか同一の書籍とかを気づかずに二つ以上購入とか借りてしまうとかすること。よくありますね。これがあると自分も老化が始まったなあというメルクマールになりますね。

私も以前にありました。レンタルのCDとかで同じCDを立て続けに借りてしまうとか、同じ映画をもう一度、<まだ見てない映画だと思って>借りてしまったりとか・・・

書籍でもあったなあ。網野さんの岩波新書で「日本社会の歴史」という上巻中巻下巻で出たやつがあって、気が付いたら「中」が二冊手元にあったことがあった。

気が付くと、少し滅入るんですね、これがまた。

まさに、古田さんが言っているように・・・

やってもうた

という感じですね。

Fプロジェクト。当然ですが、私もメールアドレス登録しました。当日の神宮で。12時に間に合えば何かが当たるという触れ込みだったので即座に登録。でも残念ながらあたりませんでした。

2005.11.23

湯川さんが出てる!NEWS23

じゅくちょうがえる

の方でリンクしている湯川鶴章さんが只今NEWS23に出てます。おおおお、こんな感じの人なのかぁ。テレビでははじめてみたです。ちょいとミーハーな気分。ネットで文章を読んでいた人を初めてみたせいで・・・。

→ここです→ネットは新聞を殺すのかblog

鳥越さん、ちょっとボケボケなこと言ってるぞ、おいおい!

ブログがナショナリズムに・・・っていうところ。なんだって諸刃の剣なんだよね。結局。草の根の力を使ってわれわれが参加していくかどうかの問題だからね。けつきょくは。

土橋選手、胴上げされる、「俺、吉田」

青チームが綱引き?に勝って、土橋選手が胴上げされた。

Swallowsファン感謝デー2005の一場面。それと面白かったのが古田選手がオークションで選んだお客さん。

<俺、吉田!>

フジテレビアナウンサーから、理由を聞かれていた古田PM。その答えは本を買ってくださいとのことでした。

12月11日、紀伊国屋にサイン会に行こう!

その名も『古田のブログ』。まんまやんか~。

2005.11.22

三代目魚武濱田成夫さんが「何かいいことないかな」をカバーしてます

ポニーキャニオンのサイトに試聴できるところがあります。→ここ

英五さんのメジャーデビュー曲である「何かいいことないかな」がカバーされました。復興の詩でも魚武さんはこの唄を歌っていました。がなっていました。叫んでいました。谷さんもバックでボーカルをしてました。「何か・・・」以外では「祖父の島」もカバーしてました。

これは一度ゲットして聞いてみたいと思います。翔馬さんがカバーしている「アルバイト」という曲の原曲も今度の

『Anthology・三代目魚武濱田成夫・歌ベスト』には収録されてます。それもごっつう聞いてみたい歌です。

「酒と泪と男と女」がスキウタにランクイン

http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/news1121.html

英五さんのサケナミがランクインしてます。誰かが歌うんでしょうか?翔馬に唄って欲しいなあ。

カヌーとてんびんばかりのデッドヒート

河島英五アルバムランキング

ランキングサイトでレンタルして運営している河島英五関連ではおそらく唯一無二のランキングサイト。シングル曲ではなくてアルバムタイトルでのランキングであるところが、<通向け>です。

あの3曲しか知らない人はちょっと参加しづらいですね。それが狙いですが。

カヌーとてんびんばかり、

これが常に上位を争っています。そこに3位で常に上位進出を狙っているのがLastLiveです。カヌーが90年代の英五さんなら、「LIVEてんびんばかり」は70年代の英五さんです。私としては80年代(曲が作られたのは70年代後半のものも中心になってますが)の文明三部作があまり上に方に上がってこないのがさびしいところです。

文明三部作は1980年の年の暮れに完結しました。10月11月12月3ヶ月連続リリースという、当時としては実に画期的なリリースの仕方でした。10代後半の青年期の私はまさに衝撃を受けました。人生変わっちゃいました。音楽で人生が変わっちゃうということもあるんですね。衝撃的な出会い。

文明ⅠⅡⅢをあわせれば11票ですから合計して4位にランクインするんですが・・・。無理矢理ですね、それは。

関連記事:

http://dobadoba.txt-nifty.com/relax_go/2004/07/post_20.html

「水瓶の唄」で検索した神戸女学院大学の川村先生の文章について

カウンターが1万を超えます

今年の4月からカウントし始めたカウンターがおよそ8ヶ月弱で1万を超えます。定点越え。このブログはカウンター以前より存在しますから、2003年12月からだから今年の12月で2年目。ブログをはじめて2年目。簡易的な計算をすれば、1万の8分の24倍をすればおおよそ2年間のアクセス数を概算できる。1万のおよそ3倍で、大体やねん、3万くらいのアクセスを2年間で稼いだくらいだろうか?

コンテンツをバックナンバーで遡ると2002年の6月まで遡るのだが、これは厳密にはブログとして書かれたのではなくて別サイト「ドバドバ大爆発」HPの更新ログをかねたWEB放浪日記として書かれたもの。いまでは統合されてひとつのカテゴリーになっている。

本体サイトの「ドバドバ大爆発HP」がもう開設7周年。1998年の11月開設。カウンターはもうすぐ54321を迎える。7年間で5万しかいかないんだからある意味ショボイアクセス数なんだが。はるかにブログの方がアクセスが多い。今となっては。このブログやその他エキサイトでやっているブログとか。今後はブログを「入り口」と考えて本体サイトの方を奥の方のコンテンツとして地道なつくりをするという方針がいいかと思う。

今年の流行語はブログらしいし、mixiもなにやらWEBなんたらとかを受賞するとかしないとかなんだかよくわきゃらない情報ではあるが・・・だんだんとふつうにHPをセコセコやるだけでなくていろいろなことを並行してやるような形になってくるんでしょう。入り口はいくつあってもいいってことでしょうね。

木田獲得!

「古田」という見出しにやられて、ついついコンビニで日刊スポーツを手にしてしまった。日刊スポーツにしてやられた。

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051122-0002.html

すぐきえちまうので重要部分を引用しておく。

ヤクルトが今季マリナーズからフリーエージェント(FA)となった木田優夫投手(37)の獲得に乗り出していることが21日、明らかになった。古田敦也選手兼任監督(40)をはじめ現場の要望があり、それに球団側が応える形で交渉を進めている。今季の木田はメジャーでの活躍はかなわなかったが、3Aではリーグ4位の22セーブと好成績を収めた。投手陣の強化を目指すチームにとって必要な戦力と判断され、古田監督の「メガネにかなった」補強第1弾として白羽の矢が立った。

記事によれば、今季の年俸が約3000万ということらしいので、お手ごろなのかもしれません。コストパフォーマンスはいいかもしれません。古田の手で復活再生は可能でしょう。

古田さんといえば、本も出ますし、サイン会もやるそうです。

12月13日に発売。11日に新宿紀伊国屋にてサイン会をやるそうです。

11日といえば日曜日ですね。行ってみるのもいいかも。なんせ近いですから、仕事の前にちょっと新宿で寄ってみて行列してみるのも興があるかも。

BK1の書籍情報へ→ここ

なんでも吉田さんの裏ブログもネタになっているそうです。もちろん帯はあの人です。中井美穂さんもコメントを寄せているとか。

2005.11.17

アナマキ忘年会の関東

2005年12月28日(水) NEW!

Rockin’ Daughters~粋な大人の忘年会~
at
横浜THUMBS UP
出演者:アナム&マキ/日倉士歳朗&佐藤克彦/e-ha?/GlamourBee


18:30開場 / 19:30開演
前売:2,500円/当日:3,000円
♪今年最後!関東でのアナマキライブ!、年忘れライブ~!

公式からの情報。

水曜日で28日だといけないなあ。冬季補習の真っ只中ですな。受験戦線の中で予定もいじれないなあ。残念。

スタジオライブのアルバムが出来上がるのをじっくり待つか!

2005.11.09

「噂の!鶏肉の梅カレー」

http://www014.upp.so-net.ne.jp/tandoor/

沼袋のカレー屋さん。アナマキつながり。一度いって食べなきゃ。鶏肉の梅カレーというのが食指が・・・。梅とカレーの味がどのようにミックスチャーされるのかが興味をそそる。

イタ飯やでライブがあるらしい

たんどーるな日々」にアナマキを発見。

たんどーるは沼袋にあるインドカレー屋さん。インドカレー屋さんつながりで来週ライブをやることになったのは、なぜかカレー屋ではなくてイタ飯屋さん。

なぜかイタリア飯屋さんのHP→こちら の方には「ナム&マキ」さんという人がライブをやるって書いてある。マナムって誰?(笑)

一箇所だけなんだけど、きっと誰かが「ア」なんだけど「マ」みたいに見える癖字を書いたんだろうか?

ライブについての詳しい情報は「たんどーる」のサイトの中にある。→ここ

11月14日の月曜日はあいにく仕事(塾稼業)があって行けないのだが、もしも私にクローン人間1号とかがいたら、クローンに仕事をさせて本体の私はライブに行ってワインを飲みながらアナマキの歌を楽しんだところなのだが・・・

残念。

今度、ライブとかがないときに、ちょっと足を伸ばして、カレーとイタリア料理を食べてくるかな?アナマキのサインとかが貼ってあったりするんだろうから、そういうのも酒の肴にしてワインでも・・・。

2005.11.04

各種ランキング(英五、谷和彦、アナマキ)

各種ランキングサイトをまとめておきます。

河島英五アルバムランキング

→リンク切れ中

さばをりランキング

>→リンク切れ中

アナマキの歌 ランキング

アナマキの魅力ランキング

下の二つはクルンさんが管理運営してます。クルンさんがやっている本体のサイトはこちら

さばをりランキングは第1期が過去にありまして、それについてはドバドバ大爆発HP内の「ももだに」の中にログがあります。それはこちら

20080523追記編集しました。アナマキランキング関係の新規リンクを編集追記しました

公式サイトはメンテナンス?

めんてなーーんすううう?

谷さんの歌になかったっけ?

英五公式がここのところ見れないけど。。。メンテかなあ?

河島翔馬、群馬でライブ

3日にバンドでライブがあったようだ。mixiのスロートレインコミュに報告があって嬉しかった。東京でもライブがあることを期待したい。カテ立てできるくらいに情報が欲しいですね。スロートレインからインディーズでCD出てます。通販で買えます。→こちらから買えます。

スポニチだけで、報知でも「否定」

清原のネタはやはり・・・

ネタだったか。スポニチだけだったし・・・。まあ、話が盛り上がっただけで、面白かったけども。

2005.11.02

地震の噂で生徒が盛り上がっている

地震の噂が又あるらしい。生徒が来るなり、地震が来る来ると盛り上がっている。死にたくない、死にたくないって大騒ぎしてとってもとっても生き生きしているところがおかしい。またどこかで地震のネタがテレビとかであったのかも・・・よくは知らないけど。

清原がスワローズに

まじすか?ギョ・ギョ・ギョ・キヨーーって感じですか?!

あの清原がスワローズに来たがっているんだって?オリックスの3億8千万を断ってスワローズに来たがっているんだって?1億円以下でもいいって?最後の最後にお金でないものを取る気になったとすればそれはいいことかもしれない。男気ってものをビシビシ感じる。リベンジがキーワードか。

私は、新庄選手に選手生活最後にスワローズに来て欲しかったんだけども、ファイターズ残留なんですね。スワローズはそもそもFAでは人をとりませんからね。基本方針としては。

自由契約でキヨのように買い叩いてくれてもええから買ってくれ!って来たらば、これはまた違ってくるんでしょうか?武内やリグスと競争やで、それでもええならキヨ、来るか?みたいなのりはあるんだろうか?

でも言うまでもなくスワローズファンの大多数はブーイングなんでしょうね。私はどっちゃでもいいと思います。全ては古田さん次第です。右の代打、ときどき・・・巨人戦だけでスタメンのチャンスはありか?・・・観客動員力はあるよな。(ごそっと新規のスワローズファンを連れてきてくれるかも・・・)テレビ的なネタにはなるし。たくさんの人の注目を浴びるチャンスが他のスワローズナインにもいい影響もあるかもしれない。「チームの和を乱す」的な排除の論理は私は好きくない。40近い人間がクビになって必死に自分の働き場所を探しているのはそれはそれで応援したい気持ちもある。オリックスの4億近い提示をけってまで「打倒巨人」という気合が入っているというのはモチベーションは十分過ぎるくらいにあるってことだろうし。人間お金だけじゃ動かないってことだと思う。億単位の金で飼い殺しにされてきた読売の数え上げたらキリがない選手たちよりは、現時点の清原の姿勢は買って上げたい気もしないでもない。

ま、チームの若返りを目指すスワローズには・・・っていうのは確かにあるのだが、最後に決めるのは古田さんでしょ。どちらにせよ古田さんの含蓄のある言葉を期待してます。

追記:結果、キヨはパリーグに戻って、大阪に戻ったのはとってもよかったと思います。めでたしめでたし。

Y プロジェクト???

http://blog.so-net.ne.jp/junya-yoshida

こちらは、ヤクルト・吉田・やばいのYプロジェクトだってさ。あはは・・・いちおうこっちもリンクしておかないとね。

F PROJECT(四つのFですってば)

Furuta、Fan、Fun、Fullの4つのFなんですね。あくまでも皆さんがメンバーですって・・・おれも、漏れもですか~。

いま、スポルト見ました。古田さんが出てました。大体内容はブログとかスワローズ公式サイトにあったもののまとめっていう感じですね。やはりあらためてBlogやIT技術の速報性というものを実感した。要するに動く絵がテレビで見るかどうかという違いだけで・・・今やっていたスポルトでやっていた内容は、ここ数日のネットで十分に得られていたものを纏めたに過ぎなかった。

古田敦也公式ブログ

2005.11.01

F PROJECT

これはわれわれ燕ブロガーで盛り上げないと。「F PROJECT」をまずカテゴリーにしないといけない。私はいっつも スワローズ(土橋)という形でいっつも燕ネタを書いているので、今度は燕カテゴリーを複線化していかないといけないと今日思った。明日カテゴリーを立てて記事を書こうと思う。土橋選手カテゴリーはやはり独立させないと。おっととっと・・・ドバだぜ~、ベストプレーヤーマッチ2005に出るんだぁ。

土橋選手、がんばれ~。

Fには満員のFが入っているというのが気合が入る、というか嬉しい。古田監督にはそこにも強い思いがあるようなのでファンの方からも答えないといけないと思う。

関連リンク:古田敦也公式ブログ

関連記事:F-プロジェクト 

さあ、燕ブロガの皆さん、「F プロジェクト」をカテゴリーに立てよう!そしていろいろアイデアを書いてTBしまくろう、リンクしまくろう!繋がろう!

妄言タロウが・・・

妄言太郎が外務大臣ということで・・・

総連系の新聞記事を読んでみた。

ここ

麻生炭鉱というのがあったのか。こういう歴史を紐解く記事は説得力があるなあ。50年100年の歴史の負の側面をひきずっているんだよね。私たちは。あえて総連系の新聞記事を読むことに価値があるんだと思う。他者の意見を聞かずにどんどん傲慢になっていく人々が多い中で。

筑豊の炭鉱というと五木寛之の『青春の門』の筑豊編の舞台ですね。この前までスカパーでドラマ見てました。山本圭さんが演じる朝鮮人労働者がドラマの中に出てくる。差別や過酷な労働のことも出てくる。

アジアに対して強硬な外交路線をとることを宣言したような内閣ですね。

こんな本も見つけた。

足で見た筑豊

麻生ってこんなこと↓も言っているんですね。あきれてしまって何も言う気がしないのだが、言わなくなってしまってはいかんと思う。文句を言い続けなきゃ。

麻生総務相「一民族の国はほかにない」九博開館式で発言

「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」

「ヨーロッパなどは侵略や民族の移動で文化などが変わった。だが、日本は国家形成の中でそのような歴史がほとんどなかった、という趣旨だったと思う」

多文化共生という発想はこういう人の中からは出てこないよねえ。民族の移動があったからこそ今の日本人のルーツが形成されたんですから~。下の参考ページのDNAはそのことを物語っているんでしょ。

そもそもいまどきDNAで考えれば(→参考ページはここ)本州日本人が混じりに混じった人々の塊だということは明白なのにね。歴史を普通に遡ったってそういうことはわかるでしょ。韓国人のミトコンドリアよりも中国人のミトコンドリアよりもはるかに本州日本人のミトコンドリアの方が様々な系統の入り混じり方がすすんでいるし、固有タイプが少ない。

アイヌと沖縄って系統的には近いけど1万年以上前には分かれていたというのも興味深いです。

話はもどって、あべちゃん官房長官で平気なんだろうか?森派は福田を閣外においておいてカードを複数持っておこうってこと?

関連記事:日本人のDNAについて

関連リンク:ファースト・レディ?オネエ外交?
Watermark

« October 2005 | Main | December 2005 »

無料ブログはココログ
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)