Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 暴飲暴食まとめだし、慶真塾BBS | Main | 『リラックスでGo!』は最高です »

2005.06.28

Little Birdsを見た

綿井監督のドキュメンタリー映画「Little Birds」を見た。掛け値なしですばらしい作品になっている。膨大なフィルムから編集されたものであろうこともわかる。日常性としての戦争被害について実感を取り戻すことができる。海の向こうの、遠いところの、現実感の無い戦争。私達はついついそのように物事をとらえがちな鈍き心になってしまっている。この映画はイラクの一般市民の視点に立って戦争の真実をとらえようとしている。爆撃をされる側の視点に立つ。一口に言うのは簡単だが、このフィルムに映っている現実は撮影主体側の一貫した姿勢、爆撃をされる一般市民の立場に寄り添おうとする姿勢によってはじめて映像として切り取られている。映画を見る側は、映像を見ることにより必然的に、爆撃を受ける無辜の市民の側へと視点を移動させられる。テレビニュースをワイドショー的に消費しているだけでは気がつきようのない立場。この映画の映像を見ることで視点を強制的に移動させられる。この映画の映像にはそれだけの内在的なパワーがある。綿井さんが現実と格闘する姿勢。それがこの映像にその力を与えているように思う。極めて説得的な映像作品に仕上がっている。現代の戦争についての映像詩。無意味に殺戮されていった子供たちへの鎮魂の詩。出来るだけ多くの日本人に見て欲しいと思う。ファルージャの虐殺について「(作戦を)成功して欲しい」と咄嗟に表明してしまうような反憲法的な首相を選んでしまった主権者として。野中広務氏は小泉の発言に対して(TBS系の時事放談という番組で)「成功を祈るようなね、期待するような、そういう発言をね、なぜこの時、日本の総理がやったんだというようなことに対してね、非常に疑問を感じました」と疑問を呈していた。この映画の中ではファルージャが封鎖される様子、米軍が封鎖する検問所でイラク市民が抗議する様子が映っていた。この封鎖される先で何が行われているのか・・・そのことを見る者に想像させるようなつくりになっている。ファルージャ、日本人の人質事件・・・自衛隊のサマワでの風景。全てが私たち日本人とも繋がっている世界で起きていることなのだということを痛感する。ニュース映像をただただ消費するだけの存在ではいられないと思う。そんな気持ちにさせられた。そんな映画だ。

関連リンク

http://www.hosakkyo.jp/columncriticism1.html

http://nyah.ameblo.jp/entry-236a08e6a4275741661246f50cc5c308.html

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD6733/index.html

http://nemlog.seesaa.net/article/4603405.html

↓公式サイト

http://www.littlebirds.net/

↓綿井さんのブログ「チクチクPRESS」

http://blog.so-net.ne.jp/watai/

« 暴飲暴食まとめだし、慶真塾BBS | Main | 『リラックスでGo!』は最高です »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/4747842

Listed below are links to weblogs that reference Little Birdsを見た:

» 綿井健陽 “Little Birds -イラク戦火の家族たち-” [日本'05] K's cinema [nemlog]
 ヴィデオジャーナリストの綿井健陽は、バグダット市内へ侵攻してくる米軍の戦車を映し出しつつ、この作品の冒頭でこう呟く。「なんということだ」 彼は“日本人”という、もはや敵国人となった属性を引きずることで幾度となく罵声と蔑視を浴びながら、それでもイラクの人..... [Read More]

« 暴飲暴食まとめだし、慶真塾BBS | Main | 『リラックスでGo!』は最高です »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)