Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 元マングローブボーカルの楽美さんのHP | Main | 憲法第九条についてのドキュメンタリー »

2005.05.03

夕陽の摩天楼

空にそびえる摩天楼

大いなる影を横たえて

人生という名前の戦さに

敗れた兵士達の墓場のようだ

下でうごめくちっぽけな俺達の

心のふれ合い ぬくもりを

さげすむように立ちつくす

冷たい風を身にまとい

俺たち淋しさやりきれなさを

仮面の下にひた隠し

何を求めて集まってくるのか

エサに群がるアリのように

※だけど胸は張り裂けそうだよ

 燃え尽きるまで 倒れるまで

 沈む夕陽を追いかけて

 走り続けよう どこまでも

作詞作曲=河島英五

本日1700からCS<日本映画専門チャンネル>でいよいよオンエアーされます。1979年に公開された作品。『トラブルマン 笑うと殺すゾ』。河島英五主演作品。その映画に挿入されている歌です。主題歌は『風になれ』でこの『夕陽・・・』は挿入歌です。『孤独の叫び』という初期の絶叫作品も挿入歌として流れます。映画の中では聞き取りにくいと思いますが、すごい歌詞です。『人に与えられて生きたくないと思う だけどそれは 人を見くびることではないだろう』とか『もしも神がそこにいてもひざまずきたくない だけどそれは けっして罪なことではないだろう』

 河島英五さんの長男の翔馬さんが今年はデビューするらしいときいている。この『夕陽の摩天楼』をカバーして欲しいと思う。いつの日にか。

『トラブルマン』に出てくる多岐川さんも田中邦衛さんも非常に若いです。沖雅也さんも。

« 元マングローブボーカルの楽美さんのHP | Main | 憲法第九条についてのドキュメンタリー »

英五」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/3958144

Listed below are links to weblogs that reference 夕陽の摩天楼:

« 元マングローブボーカルの楽美さんのHP | Main | 憲法第九条についてのドキュメンタリー »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)