Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

2005.05.31

Qunai?がタワレコJ-Indiesウイークリーチャートで24位

アナム&マキの4thアルバム『Qunai?』が24位。→ここ

TOWERレコードのJ-Indiesウイークリーチャートにおいて初登場で24位にランクインしていました。まだ買っていない人はいますかぁ?いいですよお。まじヤバイです。きますよ。きます。どの曲をとっても聞き応えがあります。ライブで聞いていた歌が想定外の出来具合で完成された作品に仕上がっています。こんな曲だったっけなぁ。すごいなあ。こんな風に出来上がるのか。キタローさんと沼澤さんによるリズムが凄まじく迫ってくる。すばらしい。

私は今毎日ヘビロテ状態です。今日はここに発見が。『僕らの9箇条』のサビのところのベース&ドラムのぐびぐび感がたまらない。これだ!ここんところがかっこいいんだよ。すごいよ。毎日発見があるたびにその曲をリピートしまくり。どの曲にもはまるポイントがある。まさに多彩な楽曲群。心にひっかかる音。聞き逃せない。BGMになりにくい音楽。ただ単にここちよいだけの音楽で無いところがこれまたキモチい

2005.05.30

カリフォルニア生活雑感

カリフォルニア生活雑感というブログ。もう何年位前になるんだろう?私が少しは勤め人風の仕事をしていた時代に同僚だったShimuraさんのブログ。はてなのサイトですね。私ははてなユーザーではないのですがなかなか心地よさげですね、はてな。そういえば彼はドラムをたたいていたドラム系の人でした。たった一度だけですがドラムたたくところを見たことがあります。

41.8度はやばそげですね

古田選手のブログが久々に恒例の月曜日ということで更新していました。熱が出る話です。ここのところ連続で身を切った話題です。いよいよ今度の土曜日に2000本安打の祝賀イベントがスワローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合のときに行われるようです。私は塾教師業務があるのでいけないのですが、誰かに代わりに行って下敷きをもらってきてほしいですが・・・。

古田さんはまじで今年は当たり年ですねえ。2000本安打といい、○○○○直撃といい、シーズン中の扁桃腺高熱といい・・・40度超えでなくてよかったですね。そうそう忘れてはいけないこの前の交流戦(対F)での建山投手からのサヨナラHRというのもあります。優勝した97年以来のサヨナラHRですから・・・サヨナラHRの記録を辿れば、97(島田投手から)→95(佐々岡投手から)→93(石毛投手から)→92(森田投手から)、辿ってみれば全て優勝している年であることに気がつきます。これは以前にも話題にしましたが、古田選手がサヨナラHRを打った年は今までは必ずスワローズは優勝しているということになります。

<古田 サヨナラHR>という二語でグーぐるとしっかりと私のブログに来ます。

40度以上の高熱ってのはフラフラしますよね。子供の頃は出したけど最近はありませんねえ。子供の頃はそういう高熱を出すと幻覚をよく見ました。なにか得体の知れない穴みたいなものに吸い込まれるような幻覚。今考えると不思議な気もしますが、16くらいの時に風邪で高熱を出して以来、ああいうことは無くなったなあ。あれは一体なんだったんだろう。

2005.05.28

アツガレコード公式サイトにこれでもかと・・・

身内からなにから山ほどのコメントがUPされていた。アツガレコードのサイト。アナム&マキの4thアルバム「Qunai?」を絶賛・推奨するコメント集。

山崎まさよしさんにはじまって、押尾コータローさん、かまやつさん、元フライングキッズの浜崎貴司さん、 確認のPVで出演していただいたBoBA(田中要次)さん、あみる姉さんから・・・はたまた・・・なにからなにまで、みなさん思い思いにコメントをくれてます。読んでてここまで楽しいコメントってのもないですね。

なかでも浜崎さんの<女子だけではなく、男子でも持つ、切なさや愛おしさが>歌われているってのに首肯するものがありました。「うらない」は快作ですねえ。いいと思います。みんなで合唱して歌いたいような歌ですね。カラオケ向きです。「戦え!野良犬」とかって、よくカラオケに入ってはいるんだけども、どうもカラオケ向きではありませんでしたし。この「うらない」ってのがカラオケに入らないかなあ。リクエストしなきゃ。

Little Birdsが今度は渋谷でやる

木曜日金曜日と挫折してしまいまだ見ていない。『Little Birds』が渋谷で土曜日から始まった。しばらくトークショーが盛りだくさんであるようだ。森達也さんも来る。できたらその曜日にゆけたらいいなあ。6月の半ばか。もっと早く見たいので来週こそはいけるかな?渋谷だから古田選手の写真展(東急百貨店)もついでに見てこようかなぁ?

新宿のK's Cinemaではモーニングショー上映は続いているようだ。新宿で見るか渋谷で見るか?それが問題だ。イベントに都合がよければ渋谷のトークショーがある日に行こうかなあ。朝早く起きれたら新宿もいいなあ。

アナム&マキの『ピカピカ光ル』が頭の中でぐるぐるまわっている最近。やはり目を逸らすわけにはいかないと思う。イラク戦争の真実。見極めないと。先日、友人がこの映画を見に行ったようだ。とってもよかったと絶賛していた。やはり映画館で見なければ感じ取れないものがあると思う。この種のものは。途中でトイレに行ったり、なにかを食べながらねっころがりながら見るという気にはならない。

トークショーでアナマキが来るみたいなことがあってもいいかもしれない。もちろん余計なトークを期待しているのではなくて、彼女達にはまさにその歌を歌って欲しいのだが。

2005.05.25

「ピカピカ光ル」PV視聴できます

アツガレコード

アナマキアナム&マキ)の「ピカピカ光ル」PVフル視聴(試聴?)が始まった。新世代の反戦の歌。私達は見逃して見過ごすわけには行かないと思う。私達の代表である政府があの戦争に加担して真っ先に支持表明してしまったわけだし。私達はそのことと無関係ではいられない。テーマの重さとは別に、というよりも、テーマが重く悲しいものであるだけに余計になのか?悲しくも美しい映像的な作品になっている。色彩。ブラック色、茜色、「ピカピカ」という機械的な破壊の色。微笑む者がいて、鈍き者もいる。「明日の我が身を守るため 誰か始末して」には現代=21世紀の”テロ戦争・対テロ戦争”という世界観の中の暴力が凝縮して表現されている。私達は単なる傍観者ではいられない。<輪も繋がっているから 私も加害者>なのだ。

「反戦」となにやら構えた姿勢で歌っているのではなくて、日々の生活の中でのナチュラルな感情としての戦争反対。決して無理して虚勢張って歌っているのではなく。日々生活して日々物をくらって日々排泄物を出して日々愛を交わして日々泣いて日々笑って・・・そういう日常の中からの反戦の言葉。アナマキの歌はそういうあたりまえの生活の中での反戦メッセージとして多くの人の心に届く。

<この世に生まれた花  いつか散る それが運命 ひきちぎらないでと 願い続ける>

ここの曲調がとってもいい。アナムの高音がたまらない。こんなに美しすぎていいのか?

目を逸らすわけにはいかないものについて明日私は映画を見に行く。新宿K's Cinemaにて「Little Birds」を見るつもり。

関連リンク:

http://blog.goo.ne.jp/chiko129/e/3035a1d58a4af05e52baceccc6ef2b10

2005.05.24

Little Birdsが今週の金曜日までだあ

今週の金曜日までということなので早めに行かなきゃだ。その後はモーニングショーになってしまう。朝起きてみるのはつらいし。今週中に見るのだ。そしてアナマキの「ピカピカ光ル」をひたすらリピートで聞くのだ。鈍き者ではいられない。鈍き者のままでいてはあかん。

<そして輪も繋がっているから 私も加害者>なのだ。目をそらせない。

ラミちゃんペッ!

ラミレスのHPが公開されている。各スポーツ紙で扱われていた。まだいろいろ整備途上でいろいろあるようだ。今後の発展に期待したいところだ。スペイン語英語のページもあって三ヶ国語というのが興味深いところだ。ガンちゃんと仲がいいだけあって、ガンちゃんHPとはしっかりとリンクが張られている。ガンちゃんとラミレスとのあのパフォーマンスはいつみてもおもしろい。インディアンみたいなやつ。あれなんちゅうんだっけ。

アレックス・ラミレス公式HP

「やぐちひとり」で紹介されるらしい

アナマキの新譜がいよいよ明日発売ということで、今日の深夜1時過ぎの番組で「Qunai?」がちらっと紹介されるらしい。普段地上電波を見ていない時間帯だが、今日に限ってみてみることにしよう。多分それより前にフラゲしたQunai?を聞いていることになるのだが。未来完了形。I will have listened that.いま、(塾で教えている)中学3年生が現在完了形でなにやら壁にぶつかっていてその壁を壊すのが大変そう。でも壁は崩さないと。

矢口さんって1983年生まれなのか。知らなかった。モ関連情報はあまり知らない。誰が誰だかあまりわからない。オジサン化している。

やぐちひとり(番組公式HP)

2005.05.20

5月21日は東西でイベントが、英五さんゆかりの店「ふらここ」

明日5月21日には四条畷アイアイランドにて記念コンサートがある。河島三姉妹・・・もとい翔馬さんは姉妹じゃないわな・・・河島三<きょうだい>と近所の子による記念コンサート。英五さんに「四条畷市民草の根人権感謝状」が授与されるということらしい。<河島英五メモリアルギャラリー>も開催されている。5月1日~5月31日。

かたや関東では、明日、ゴールデン街のFにてスロートレイン(関東組??)の集まりがある。私もできたら途中からでもちょっと顔を出したいと思っているが、土曜日はじゅくちょう業務が忙しい日なのでわからない。ゴールデン街のFという場所は、英五さんゆかりの店で、もう開店から5年くらいになるのか?いやもっと経ったのか。英五さんのボトルがいまでも飾られている。英五さん直筆サイン入りの隠し蔵ポスターもあって、隠し蔵を飲める店として私も普段から利用している。

ふらここHP

まだ工事中ではあるが、もうブログはリンクしているので書き込み可能です。ふらここUserの方は是非書きこんでみてください。業務連絡ですが、FのママのHさんマシンではブランコが動いていないらしい。フラッシュが動いて無いってことかな?そのマシン。ダウンロードするところをリンクしておいて欲しいと思います。→WEBマスターの黒偽くんゑ。

土橋、フルキャストスタジアムでノーヒット

土橋選手、仙台フルキャストスタジアムにてノーヒット。ちょっと調子が落ちてきましたね。今日は城石ぽちにスタメンを譲ってお休みですね。規定打席にあと10ちょいまで来ていただけに惜しい気はするけど、規定打席に到達してみたら2割5分というのではなんだし・・・このお休みで体を休めてまた調子を取り戻して欲しいです。

ちなみに土橋とともに古田選手も仙台フルキャストスタジアムではノーヒットでした。仙台での公式戦初ヒットは来年までお預けでしょうか。

22日に「誰も知らない」

是枝監督の『誰も知らない』。今度こそ見る。CSで放映。先日15日に放映があったのだが、原因不明で録画できていなかった。私のHi8レコーダーが4時間に渡って真っ黒な画面を録画していた。チャンネルの選択の間違いだろうか?

今度こそ22日(日曜日)の昼12時からやるらしいので録画してみる。その日は法事があって外に出かけているはずなので録画せざるを得ない。

日本映画専門チャンネル

2005.05.17

「穴と巻」を久々に更新。暴飲暴食日記は5月5日まで

その他野球のページもまとめて更新してある。アナマキはいよいよ次のアルバムがでるので、そこらじゅうで「Qunai?」を文章にまぜこぜてしゃべっている。ちょっとあんたしつこQunai?って言われるまでやり続ける。

2005.05.15

今日は終電で帰るのだ、大井町経由で大井町郵便局

今日は塾の補習の日だった。塾補習が終わってもだらだらだらだらネットをやっていた。これからラーメンでも食って家に帰るか。今日は家に帰ったら楽しみがあるなあ。『誰も見てない』ちがった。『誰もいてない』でもない。『誰も知らない』がやるんだ。というか録画したんだ。ちゃんと録画できているかな?是枝さんのインタビューも入っているはずだし。それを見るでしょ。それとプロ野球ニュースを見るでしょ。スワローズ7連勝だもの。見ないと。土橋のヒットを見届けないと。しっかりと。Jスポーツを契約して無いので今は。前は契約していた。今年はホームゲームに絞ることにした。シーズン後半はわからんけど。この分だとしめしめ・・・。古田サヨナラHRジンクスもあるしなあ。しめしめ・・・このままうまくゆけば・・・。交流戦首位になったし。史上初の交流戦で首位になった球団はきっと本シーズンでも優勝するだろう。えへへ。まだあんまり大声ではいわんとこう。たまにはこのブログでもこういうなんだかわけのわからないつぶやき系の日記もいいかもしれない。カテゴリーは日記コラムつぶやきってあるし。最近mixiに入ったのだが。噂のソーシャルネットワーキングサービス。GREEってのは招待されてないから入ってないけど。あそこの日記でもなんだか最近つぶやきまくっている。脈絡の無い形の文章。だらだらだらだらした文章。そういうのもおもしろいかもしれない。ここはそんなにだらだら書かなくてわりと情報整理紹介っぽいサイトだったのだけど。ま、日記カテゴリもたまには書かなきゃ。カテゴリーは記事が存在しないと表示されないようだから。いままで空っぽだったカテゴリーも無理やりにも書いてみようかなあ、今度。いろいろなところのお題にもたくさん反応してみてTBを投げまくってみるのも面白いかもしれない。今週はしばらく忙しい。多分毎日塾だなあ。本来は週3日の塾なのだが、中間試験も近いからほぼ毎日補習だ。来週のなかばくらいまでは。今度の日曜日には法事もある。一周忌。5月20日で一年が経つ。あっという間なのか。長かったのか。何度もいろいろなことを思い出す。まだ心のいくらかは喪に服している。やはり救われない心の部分は存在する。死に方が死に方だったから。ああしておけばよかった。こうしてばおけばよかった。もっとちゃんともっとしっかりともっともっとああもうしてこうもしておけばよかった。悔やんでも仕方の無いことなのかもしれないが。どうしても処理しきれない感情の行き先とか。酒を飲むでもないが、ただボーっとする時間が多い。さあ、もうそろそろ自宅に帰るか。大久保→新宿→品川→大井町→大井町郵便局→仙台坂トンネルの上の道→自宅へ。1時間くらい掛かるかなあ。途中にどこかで「めしや」に吸い込まれるんだろう。今日の二食目。

土橋が唯一の得点

まさかまさかあの強いロッテに3連勝するなどとは夢にも思わなかったが、今日もスワローズは盤石の戦い。土橋選手が金曜日のM-S1回戦に続いて貴重な得点、両チームを通じて唯一の得点をあげた。1試合目も3試合目もホームを踏んだのは土橋だけ。

今日はなにもかもが数字がらみだ。スワローズは連勝で、交流戦も7勝2敗。交流戦勝率も。0.777777777777・・・で、四捨五入すると.77だけども。778だなんて・・・なんだか、思わず・・・

だーーーーーーっ 惜しい!

とか言ってしまいそうだ。ついでに石井のセーブもこれでセーブ目だ。石井の投球はここのところ更に凄みを増している。広島時代のリリーフエース江夏にも迫るものがある。ありゃあ打てないよ。反則だよっていう声が敵チームのファンから聞こえてきそうだ。

ニッポン放送『日曜日のそれ』

明日、いや・・・もう日付は今日です。「それ」でアナマキ新譜『Qunai?』から「ピンク」がオンエアーされるらしいです。鶴瓶師匠→あみちゃん→アナムという伝言ゲーム?で伝わってきたらしいとか。最近聞けなかったのだが明日はちゃんときかんと。

番組HP→ここ

2005.05.12

いよいよ『誰も知らない』(是枝監督作品)がCSでやる

今度の日曜日。5月15日の日曜日に『誰も知らない』がやる。映画館で見たのだが、もちろんのこと、もういちどじっくりと見たいと思う。録画もばっちりして何度も見て見たい映画であるのは確かです。これは確実な感覚。是枝さんの作家性に感じ入ったからだろう。

日本映画専門チャンネルの該映画情報はここ

5月28日には24時間丸ごと是枝裕和という企画もある。これも是非24時間寝ないで見続けたい(嘘)。そもそも録画しておけばそんな必要も無いのだが。しかしわたしはハードディスクに長時間録画するような装置は持っていないので、やはりまるごと見るにはずっと寝ないで見るしかないのだ。そいえば、大昔に、テレビ東京で『人間の条件』(字が違う?)を見たなあ。あれは凄かった。大長編映画。

2005.05.11

古田選手がサヨナラHRを打つとスワローズ優勝確率100パーセント

今日は出入りの激しい試合でしたねえ。まさか7-0から追いつかれるとは誰も思わなかったでしょ。野球って、本当に、怖いですねえ。(水野さん風)でも、そうですよ、古田さんの言うとおりですよ、勝ちゃあいいんですよ、勝ちゃあ、全てちゃらです。

ところで、古田選手のサヨナラHRは調べてみると、なんと優勝したシーズン以外には今まで出てません。ということは、すなわち、古田選手がサヨナラHRを打つと、その年は必ずスワローズがセリーグ優勝を果たすということです。

  • 1992年4月14日 中日戦 森田投手から
  • 1993年5月25日 巨人戦 石毛投手から
  • 1995年9月20日 広島戦 佐々岡投手から
  • 1997年9月21日 横浜戦 島田投手から

このうち広島戦の佐々岡投手からのHRは神宮球場で見てました。書いていて思い出しました。もしも私の記憶が確かならば。

古田選手、交流戦初ヒット、キン○○直撃からの復帰初ヒットがな・な・なんとこんな劇的なサヨナラHRになるなんて、誰が予想したでしょうか?

今年は、4年ごとスワローズ優勝のジンクスもありますし、改めてスワローズ05年優勝を確信している私です。

ちなみに、古田選手がサヨナラHRを打つと、100パーセントでセリーグ優勝、75パーセントで日本一です。

心から心へ

英五ファンのブロガがまた増えました。りらごーとともに、こちらもよろしく!

ぴーちゃんが綴るブログです。

心から心へ

2005.05.09

講演と映画の集い、文太さんの話きいてみたいな

■日時:5月10日(火)午後1:30開演(12:30開場)

■会場:きゅりあん 8階大ホール

■内容:①講演:菅原文太(俳優) 
演題:「菅原文太のわが人生」
   (手話通訳、要約筆記付)
 
映画:「父と暮らせば」監督:黒木和雄 戦争レクイエム三部作 
原作:井上ひさし 出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信(要約筆記付)

■参加方法:当日直接開場へ(入場無料)

明日品川のきゅりあんであるらしい。先着1000名様ってのは平気だろうか?暇な人がそんなにたくさん昼からいるもんだろうか?主婦ばっかりだろうか?一応早めに行ってみるかな。ただで映画見れて文太さんのお話を聞けるなんてこりゃいかなきゃもったいない気がする。

『ピカピカ光ル』が有線でかかっていた

昨日の夜コンビニの有線放送でアナマキの新譜から『ピカピカ光ル』がかかっていた。ミニストップ鮫洲店。しばし耳を済まして聞いてしまった。どこかできいたことがるメロディだああ!ああああああ

ピカピカだあああああ!!

今日の夜同じ時間に行ってみようかなあ・・・

追記:『Qunai?』を買ってみて確かめたところ、「ピカピカ光る」ではなくて「ピカピカ光」でした。今になって訂正します。な、なんと、今現在、J-wave Hot100のチャートにこの「ピカピカ光ル」が80位にランクインしています。シングルカットしているわけでもないのに。これを快挙といわずして何を快挙というのでしょう。

2005.05.03

憲法第九条についてのドキュメンタリー

本日は二つ見る予定の番組がある。片方はスカパー、もう一方は地上波フジテレビ。スカパーで見るのは既に記事としてあげている『トラブルマン』で、地上電波フジテレビで見るのは『シリーズ憲法~第9条・戦争放棄 「忘却」』。これは『誰も知らない』で映画賞をとった是枝さんがディレクターとしてつくった作品。是枝さんは以前にもドキュメンタリーをNONFIXでいくつかとっていてそれらはどれもが秀逸の作品になっている。今回の憲法企画で第九条についてやるらしいという話を随分前からそこここで耳にして目にしていたので、これはとっても待ち遠しい作品だ。

フジテレビのそこ

是枝さんところのそこ

NONFIXと是枝ドットコムについては改めてリンクをしっかりとはるつもりです。森達也さんのほうの第一条についてのは結局うまくゆかなかったらしい。いくつかの雑誌にそこらへんの経緯が出ているらしいので今度は図書館でそれらを読み漁ろうと思っている。

是枝さんの作品で今まで特にショックだった作品。私が是枝さんの作品に深くはまりこむきっかけになった作品は『日本人になりたかった・・・』という、これもやはりNONFIXで放映されたドキュメンタリー作品。これも今回、日本映画専門チャンネルでやることになっているらしい。→ここ

もう一度じっくりと見てみようと思う。是枝さんにしてもモリタツさんにしてもドキュメンタリストの作品に凄みのある深みのある作品がここのところ多いと思う。是枝さんにしても森さんにしてもはっきりとした姿勢で闘っているというのがわかる。そこが勇気を見るものに与えるというところがあるのだろう。

戦争の記憶というものがどのように記憶され、また忘却されるのか

今日の夜は是枝さんの作品を見ながら私も考えてみようと思う。

夕陽の摩天楼

空にそびえる摩天楼

大いなる影を横たえて

人生という名前の戦さに

敗れた兵士達の墓場のようだ

下でうごめくちっぽけな俺達の

心のふれ合い ぬくもりを

さげすむように立ちつくす

冷たい風を身にまとい

俺たち淋しさやりきれなさを

仮面の下にひた隠し

何を求めて集まってくるのか

エサに群がるアリのように

※だけど胸は張り裂けそうだよ

 燃え尽きるまで 倒れるまで

 沈む夕陽を追いかけて

 走り続けよう どこまでも

作詞作曲=河島英五

本日1700からCS<日本映画専門チャンネル>でいよいよオンエアーされます。1979年に公開された作品。『トラブルマン 笑うと殺すゾ』。河島英五主演作品。その映画に挿入されている歌です。主題歌は『風になれ』でこの『夕陽・・・』は挿入歌です。『孤独の叫び』という初期の絶叫作品も挿入歌として流れます。映画の中では聞き取りにくいと思いますが、すごい歌詞です。『人に与えられて生きたくないと思う だけどそれは 人を見くびることではないだろう』とか『もしも神がそこにいてもひざまずきたくない だけどそれは けっして罪なことではないだろう』

 河島英五さんの長男の翔馬さんが今年はデビューするらしいときいている。この『夕陽の摩天楼』をカバーして欲しいと思う。いつの日にか。

『トラブルマン』に出てくる多岐川さんも田中邦衛さんも非常に若いです。沖雅也さんも。

« April 2005 | Main | June 2005 »

無料ブログはココログ
June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)