Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 産経新聞1月11日付け、15面(連載二日目) | Main | 産経新聞1月13日付け、24面(連載四日目) »

2005.01.14

産経新聞1月12日付け、12面(連載三日目)、アフガン、香田さん、そして『水瓶の唄』

牧子さんの言葉。
 

「お父さんは本当は家にいたかったけれど、発信者として歌を作るために、無理矢理のように旅に出ていた」

そのように子供たちに説明していたという。
英五さん自身も、どこかで書いていたか仰ってた。歌を作るときに、だんだん取材をして書くようなスタイルに自然となっていったと。

アフガン・パキスタン国境で自動小銃をつきつけられたエピソード。

年末に英五さんとの縁もある新宿のとある場所で飲んだ。ここのところ年末恒例行事になっているのだが。そこで一回り上の、とある人生の先輩の方から言われたことを思い出した。イラクで日本政府の過った政策の犠牲になった香田さんの話題。私と同世代もしくは下の30や40の人間がいとも簡単に香田さんの事を批判することに激しくその「人生の先輩」の人は怒っていた。

英五さんは香田さんの事件について何を語っただろう。ふとそのようなことを考えた。そんな年末だった。英五さんのボトルは永遠にその店には飾られるんだろう。

12日付の記事にこうある。
英五さんの言葉。

「仏教とキリスト教とイスラム教が融合したらおれは入る」

初めてあの記事で英五さんに触れた人には補足しておきたいことがある。英五さんの歌はそういう風に宗教を超えたところにあったが、しかしそれがゆえに、逆に非常に、色濃く、激しく宗教的な歌でもあった。私が英五さんの歌に歌詞に言葉にひかれたのはそういうところにもある。宗教とか社会とか人間とかについて深く考えさせられるようなそういう歌であった。もちろん、記事にもあるように、英五さんの言葉にあるように、教団としての宗教とか、そういうものに対しては距離を置いていたし、あくまで宗教的思惟は個人的なものであると考えていたのだと思う。

↓川村暁雄さんのホームページにある英五さんの歌についての紹介記事をリンクします。
以前にも話題にした『水瓶の唄』といういう歌についての文章です。

ここ

上の記事には引用されていない部分を、今日の文章のまとめに引用しておきます。

<違う言葉だとか 違う仕草だとか 違う神を信じているとか>
<覚えてしまったやり方で 人は人を区別する>
<だけど友よそれで それで自由になれたかい>
<拳を堅く握りしめて 何も持たずに生まれてきたのに>

二日遅れになってますが、必ず産経の小金丸さん記事については、一言ずつ書きます。あと2日分。
本日の文章は随分と長くなってしまいました。補足が蛇足がどんどん発展してしまった。新年初めて文章を書いた気分です。

関連リンク:

「銀の裏地の英語日記」~<再度 河島英五 >

http://plaza.rakuten.co.jp/10turnips/diary/200605210000/

水瓶の唄、その他の歌詞など

http://kaeseong.blogspot.com/

« 産経新聞1月11日付け、15面(連載二日目) | Main | 産経新聞1月13日付け、24面(連載四日目) »

英五」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/2573876

Listed below are links to weblogs that reference 産経新聞1月12日付け、12面(連載三日目)、アフガン、香田さん、そして『水瓶の唄』:

« 産経新聞1月11日付け、15面(連載二日目) | Main | 産経新聞1月13日付け、24面(連載四日目) »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)