Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 産経新聞1月10日付け、17面(連載一日目) | Main | 産経新聞1月12日付け、12面(連載三日目)、アフガン、香田さん、そして『水瓶の唄』 »

2005.01.12

産経新聞1月11日付け、15面(連載二日目)

「酒と泪と男と女」は高校時代に書かれた歌詞であることが書かれていた。
牧子夫人との出会いについて。
小児ぜんそくに苦しんだ幼少時代。
ドボルザークの「家路」

片山知子さんと田中誠一さんからの取材部分あり。
PEPという名前が出てきた。京都レコードの前身。

« 産経新聞1月10日付け、17面(連載一日目) | Main | 産経新聞1月12日付け、12面(連載三日目)、アフガン、香田さん、そして『水瓶の唄』 »

英五」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/2549811

Listed below are links to weblogs that reference 産経新聞1月11日付け、15面(連載二日目):

« 産経新聞1月10日付け、17面(連載一日目) | Main | 産経新聞1月12日付け、12面(連載三日目)、アフガン、香田さん、そして『水瓶の唄』 »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)