Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 「我々は核兵器を手に入れたら躊躇なくそれを米国、イスラエルに対して使う」と言うパレスチナの少年 | Main | 万死に値する »

2004.11.01

市民に冷淡な国家を愛せよと言われても・・・

私も一市民だし・・・・

↓ワリード・ゾバイディ氏というバクダッド在住の政治アナリストの言葉。東京新聞の記事にあった。

「イラク人の間では、どうして、経済大国で文明国の日本が、自国の市民の命を冷淡に扱うのか、という疑問が広がっている。この事件で、日本に対するイメージは完全に変わったと思う」

天木さんの陳述書

日本の自衛隊が重装備をしてイラクに駐留したことはこれまでの平和国家日本のイメージを一
変させ米国占領軍に加担する侵略国と受け止められたのです。

兵隊が重装備で外国に駐留することが一体何を意味するのかどういうマイナスイメージをもたらすのか?そのことに日本政府は敏感であるべきだ。そんなことわかっていてあえてやっているのだろうが。兵隊が軍服姿で来ることにより民間のNGO活動にどれほどマイナスの効果があるのか。全てを計算して合理的に考えても明らかに国益に反する。

アラブ世界において日本は手を汚してこなかった。イギリスやフランスやアメリカやロシアや・・・さんざん今まで悪いことをしてきた国とは日本は違う。少なくとも今回のイラクへの自衛隊派遣以前までは随分違っていたはずだ。

« 「我々は核兵器を手に入れたら躊躇なくそれを米国、イスラエルに対して使う」と言うパレスチナの少年 | Main | 万死に値する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/1831214

Listed below are links to weblogs that reference 市民に冷淡な国家を愛せよと言われても・・・:

« 「我々は核兵器を手に入れたら躊躇なくそれを米国、イスラエルに対して使う」と言うパレスチナの少年 | Main | 万死に値する »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)