Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« October 2004 | Main | December 2004 »

November 2004

2004.11.27

13日までアップ。随分前に書いたんだけど。その他いろいろ。

暴飲暴食日記を11/13までアップ。随分前に書いてはあったのだがアップし忘れていた。メモは25日まで。
久々にアナマキも更新。独自カウンターが2222ぞろ目を通過。DトップとSトップから復興の詩ボードとナチュナンをはずす。なんだか寂しい。ウムカジさんところをアナマキページのリンクに追加。アナマキつながりのリンクだし。

Sトップインデックスページにブログの紹介部分を作った。自分が関わっているブログについてあらゆるものを網羅。

指とま

グリー

いずれもソーシャルネットワークサービスのサイト。最近、これ系のサイトによく行くことが多い。自分がやっている地域ブログとも連携していろいろ書き込んでみたい。

2004.11.21

朝まで歌つるべ、時代おくれ、清水ミチコ

『朝まで歌つるべ』を見た。英五さんの歌も歌ってくれた。鶴瓶師匠。鶴瓶師匠は完全に酔っ払い状態でまるで司会者でないみたいな位置。『帰れない二人』の時に、自分が主演した映画のことをネタにするも、完全に流されていて相手されていなかった師匠がとってもかわいそうであった。私はあの映画は大好きな映画の一つですし。『東京上空いらっしゃいませ』は牧瀬が出ていた映画。他には中井貴一さんも出ている。出門英さんも、ちょうどお亡くなりになる少し前の出演だったかと。サントラでは、井上陽水の歌のほか、加藤登紀子さんや憂歌団の木村さん、小笠原みゆきさんの歌も入っていた。おときさんのバージョンが実は好きだったりする。

鶴瓶さん、いつも英五さんのことを少しずつネタにしてくれてとっても嬉しい。今回は朝青龍と河島翔馬さんとの交流の話が出ていた。

前々回の時には、ホモサピエンス時代のことがちらりと話題に。ホモサピエンスがあのねのねのバッキングをしていた話。

清水さんはあんまりしっかりと仕事していなかった気がするが(笑)

追記:初歩的なことを念のために書いておくが、『時代おくれ』は英五さんの作詞でも作曲でもない。山口さんは『どんまいどんまい』を少し話題にされていた。こんどは山口さんの『どんまいどんまい』を聞いてみたいと思った。


2004.11.16

岩村のインタビュー

週刊プレーボーイという雑誌を買った。岩村のインタビューが目当て。25歳のときの松井を越したのが嬉しかったとガンちゃん。ラミレスの去就が注目されているが、岩村ラミレスさえいれば来年のスワローズも期待できるかも。

2004.11.12

世界が完全に思考停止する前に

世界が完全に思考停止する前に

角川


紀伊国屋

森達也さんの最新刊。
是枝さんの名前も出ている。

学校で国歌斉唱の際に起立しなかった教職員が大量に処罰され、公園のトイレに「戦争反対」の落書きを書いたら、建造物損壊で有罪になる社会が現出することなど、いったい誰が予想できただろう。

森さんはもう既に来るべきところまで来てしまっているという時代認識。地下にでも潜るつもりで闘わないと行けない。現状認識の厳しさに学ぶべき点があるとおもう。この人。

野中さんがまともな事をゆっている

小泉首相のファルージャ攻撃支持を批判=野中・元自民党幹事長

野中さんの言葉=「残念だ。成功を祈るような発言をなぜ日本の首相がするのか、非常に疑問に感じる」

もうやめちゃった人だからこそ自由に発言するんだろうか?でもこのくらいのことさえ言えないの?現役だと。自民党という政党の代表がああいうことを言っているんだから、それ以外の何も異議を唱えない自民党の現役政治家は全てそれに同意したと見なしていいという事か。

このTBSのテレビ番組って時事放談ですよね。11月4日放映とあります。
「イラクと新潟 ~危機管理を考える~」

岩見さんが聞き手をやっている番組。
細川隆元とかがやっていたときは全く見る気のしない番組であったが岩見さんだったら見てもいいかも。

岩見さんといえば、今週のサンデー毎日のサンデー時評は読後感がずっしりくる文章でした。ネット上でも読めますのでお薦めです。

首をはねるという蛮行というタイトルで、香田さんの事件から始まり大河ドラマに話がとんで、深沢七郎の『風流夢譚』にまで言及して、嶋中事件へ。三島事件の森田必勝。で、最後に岩見さん自身の生々しい記憶。

<中国大陸の戦地では、首をはねる日本兵の蛮行が日常的だったのだ。そんな現実を知っておけ、ということだったのか。>

自らの父親が自分と兄とに見せつけた斬首の情景ばかりの写真。

一気に首にまつわる、斬首にまつわる事例が紹介されていて、読後感の胸糞悪さを狙ったような文章。岩見さん、ありがとうございます。大変勉強になりました。スッテンコロコロ。


2004.11.11

江川紹子ジャーナル、暴飲暴食日記を10月末まで更新

江川紹子ジャーナル

イラクの人質事件にまつわる「自己責任」論について切々と淡々と冷静に論じられている姿勢に感銘した。江川さん。

暴飲暴食日記は10月末まで更新済。

2004.11.05

暴飲暴食10月24日あたりまで

暴飲暴食日記を24日のあたりまで記述。まだまだ不完全。一部計数まだ。
アナマキ年末スケジュールを入れないと。
来週くらいから仕事が忙しくなりそうなので今週末にはいろいろ整理していろいろかたをつけておかないと。

2004.11.04

人質事件に関して、小田実の言葉を見つけた

『献身的な市民運動家ではないかもしれないが、イラクで何が起きているのか自分の目で確認したいという普通の青年の行動を誰が非難できるのか』
10月30日の朝日新聞夕刊に載っているらしい。(原文は全部読んだわけではないが。→「献身的な市民運動家」で検索すると文章の一部を引用しているサイトにいける。)

要チェックリストに入れている勝谷某のHPにあった引用から知ったのだが。当然勝谷は非常に否定的に引用しているようだが私はそうは受け取らなかった。

非難するべきは犯人側であって犠牲になった青年はただのふつうの青年ではないか。犠牲になった人間を非難するのはとてつもなく間違っている。

大体、遺体の搬送どころかあらゆる情報を米軍にたよっているような状態でいったいなにができるんだ?
人道復興支援といえば聞こえがいいのだが。

勝谷さんの文章を読んでいて最近気になったのは、今井君のことを劣化ウラン坊やだとかなんとか揶揄している表現。なんだかえらそうだよなあ。ああいうえらぶり方というのは自分の価値を下げるよね。人間ってのはもっと謙虚でないとあかん。ときどき面白いことをいうだけにもったいない気がする。表現のえげつなさ、下劣さみたいなのが。

2004.11.01

池袋防災館

池袋防災館

2004年10月29日金曜日。
福井から来た友人Hさんご一行と共に池袋の防災館に行った。
約2時間で4つの体験コースを体験した。
地震雷火事オヤジの4つではなくて、
地震・消火・煙・救急でした。
順番は、煙→地震→救急→消火。
救急では人工呼吸と心臓マッサージをやったんだが、まったくダメダメで不合格であった。
気道を確保して、鼻をつまんで、息を吹き入れるという三つのことが同時に出来なかった。
鼻をつまみ忘れたり、気道確保ができなかったり・・・。
けっこう難しい。予想していたのだが、やはり、予想通り、大失敗であった。
おまけに無駄に息を吹き入れているうちに自分が呼吸困難に(笑)
だめだこりゃ!
次行ってみよう!
って感じですかね。

順序はさかさまだが高田馬場にある点字図書館にも寄った。物品販売のコーナーをちらっと見たが、そこで一番興味をひかれたのは、
ブレイルメモという製品。→ここ

単体ではシステム手帳であって、パソコンとつなげれば点字ディスプレーにもなるUSBインターフェースも搭載している。でも20万円を超えているなあ。高いんだなあ。

再び防災館の話題。

地震を体験した。生まれて初めての体験。ああいう施設で揺れを実体験することは初めて。
震度6強と震度7をどっちも体験できた。
震度7はまじ半端じゃなかった。動けない。あれでは。
6強と7で随分違いがあるんだってことが実感できた。


万死に値する

小泉とそのあまりに愚かな外交姿勢を許した外務官僚は万死に値する。そのように天木さんは述べられている。激しく首肯する。そうだそのとおりだ。「テロに屈しない」という小泉の言葉はアラブの武装抵抗勢力への宣戦布告に等しき意味がある。そのことをわかっているのか?あまりにお粗末だ。悲しすぎる結末だ。どうして息子を殺された親が世間様に頭を下げるのか?どうして政府を非難しないんだろう。それを許容しない世間様が怖かったんだろう。言いたいことをいえなくて我慢したんだろう。悲しいことだ。香田さんのご家族に嫌がらせをする人間が多数いるという。怒り心頭。久々に激しく憤りを覚える出来事だ。最近、自分的には何ごとにも馴れ合ってしまって怒りを覚えることが少なくなりつつあった。老人化しつつあるのか?いや?老人は怒りっぽいものだろうか?一般的には。それはそれとして、とにかく、腹立たしい。

想像力を保ち続けたい。このまま麻痺していくのは怖い。香田さんの惨殺は始まりに過ぎず事態は悪化しつつある。もしも香田さんの死を無駄にしない方法があるとすれば・・・人の死とは全てにおいて無駄死になのだ・・・とか実存的なことをいうこともありかもしれないが・・・あまりに悲惨な彼の死を受止めるには、せめて生きている私たちが意味あるものとするには、パレスチナや中東の問題群を日本のふつうの民間人にも否が応でも距離感を縮めさせたという捉え方はありではないだろうか?それともただの噂話としてこれさえも風化していくのか?

油があそこらへんから来ているから日本にとって大事だとか・・・そういうことでなくて・・・世界の平和っていうのはただのお題目とかそういうものではなくて・・・まさに自分たちの命の問題なんだっていうこと。危ないところに近づかなければそんなことは関係ないしって思い続ける人はそれでも尚たくさんいるんだろうがなあ・・・。

参考HP→ここ

市民に冷淡な国家を愛せよと言われても・・・

私も一市民だし・・・・

↓ワリード・ゾバイディ氏というバクダッド在住の政治アナリストの言葉。東京新聞の記事にあった。

「イラク人の間では、どうして、経済大国で文明国の日本が、自国の市民の命を冷淡に扱うのか、という疑問が広がっている。この事件で、日本に対するイメージは完全に変わったと思う」

天木さんの陳述書

日本の自衛隊が重装備をしてイラクに駐留したことはこれまでの平和国家日本のイメージを一
変させ米国占領軍に加担する侵略国と受け止められたのです。

兵隊が重装備で外国に駐留することが一体何を意味するのかどういうマイナスイメージをもたらすのか?そのことに日本政府は敏感であるべきだ。そんなことわかっていてあえてやっているのだろうが。兵隊が軍服姿で来ることにより民間のNGO活動にどれほどマイナスの効果があるのか。全てを計算して合理的に考えても明らかに国益に反する。

アラブ世界において日本は手を汚してこなかった。イギリスやフランスやアメリカやロシアや・・・さんざん今まで悪いことをしてきた国とは日本は違う。少なくとも今回のイラクへの自衛隊派遣以前までは随分違っていたはずだ。

« October 2004 | Main | December 2004 »

無料ブログはココログ
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)