Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 暴飲暴食日記を10月へ、少々バージョンアップ | Main | 山平和彦さん亡くなる »

2004.10.13

キム・ギドク監督、若松孝二監督

10月1日号の週金に宮台のインタビュー記事が出ている。大変興味をひかれた。『春夏秋冬そして春』は10月末に文化村のここで公開されるらしい。これは是非映画館で見てみたい映画だ。シネフィルではない監督による映画であるというところに注目してみてみたい。深い味わいのありそうな映画だ。あまり先入観とかなしで見るために映画批評はざっとしか読んでない。熟読はしてない。でもはげしく嗅覚で引き寄せられるような感覚を覚えた、そんなインタビュー記事であった。

映画と言えば、もひとつ注目しているのは若松孝二監督の最新作。「17歳の風景 少年は何を見たのか」
関連HP→ここ

ニュースの深層で中林さんの曜日に出ていた。10月11日放送分。
<新左翼でリベラルな考え方のはずなのに子供の育て方に関しては古い考え方ですね>みたいな内容のことを中林さんが問い掛けていた。意外な切り口。

娘をアメリカに留学させたらあまりに個人主義になって帰ってきたので今度はパレスチナゲリラにあずけたということだが、それはそれで十分すぎるくらいに過激でリベラルであると思うのだが。

<古風なところ>というのは「便所掃除」というところにシンボリックに語られていた。

« 暴飲暴食日記を10月へ、少々バージョンアップ | Main | 山平和彦さん亡くなる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/1669814

Listed below are links to weblogs that reference キム・ギドク監督、若松孝二監督:

« 暴飲暴食日記を10月へ、少々バージョンアップ | Main | 山平和彦さん亡くなる »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)