Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« ユーロスペースにアトミックカフェを見に行くのだ | Main | 1992.10.10 »

2004.10.10

アトミックカフェを見てきた

ケヴィン・ラファティ監督のクールでシュールでコミカルなドキュメンタリー映画。ニュース映像・プロパガンダ映像の編集による作品。ただただ編集のみによりつくった映像。時代を超える映像。時を超えて訴えるものを創るにはこうするのが最善だったと共同監督ジェーン・ローダーのProduction noteにも書いてある。戦争やファシズムの狂気をその真っ只中で使命感・正義感に導かれて運動(ファシズムも戦争も人間の「運動」の一種か。)を推進する側の言葉で語らせる手法。森達也が2004.9.10の週刊金曜日においてインタビューでこたえていた言葉を想起する。記事タイトルは「検証『華氏911』」。

ネオコンとか石油利権は潤滑油です。人は利権や損得だけで戦争や虐殺には踏み切れない。

ローゼンバーグ事件という今まではあまり意識しなかった事件についてもよく知ることができた。実況中継されたのか電気椅子による殺人が。国家による殺人。死刑。きっとあの事件は多くのアメリカ人にとってもおぞましい事件でありおぞましい歴史なのかもしれない。関連リンク→ここ

ユーロスペースで見た。渋谷桜丘町にある映画館。桜丘に行くのは大昔にキリンシティがあった頃によく通っていたとき以来だ。もう10年以上昔のことだ。

音楽映画としても楽しめる映画だ。ただ権利上の問題でサントラ盤は廃盤状態であるとのこと。

『原爆が落ちるとき』When the drop the atomic bomb
という歌の歌詞の一部。

♪マッカーサー将軍に原爆を落としてもらおう
♪大火事になり、大混乱になって
♪放射能でアカども全員丸焦げだ

のん気な音楽の中にこのような歌詞が歌われている。どれもこれもみんなのん気で楽しい感じのする楽曲。クレージーな歌詞なのだがクレージーの真っ只中に居る人間たちはけっこうこれらを楽しんでいたに違いない。人間っていうのはいくらでも残酷なことをできる存在なのだろう。アカ狩りが吹き荒れた時代。マッカーシー旋風。ファシズム真っ只中の人間は酩酊状態なのか?それがそれとも人間のそもそも本性なのか?南京で地獄絵図が繰り広げられているときに私たち日本人は提灯行列でお祭り騒ぎ。

エセルはなかなか死ななくて殺すのに苦労している様子。それを伝えるニュース。死刑の実況中継。死刑制度の問題性も考えさせられる。恣意的に行われる国家による殺人。恣意性。究極の無期懲役強制労働を殖民衛星でもつくって流刑星でもつくるしかないのか。被害者感情の回復とか言ったってそれを語っている人たちはただのフィクショナルな感情に惑わされているだけのように思う事が多い。

アトミックカフェ(竹書房)

ユーロスペース

洗脳するのも人間、狂気に浸って人が人を殺す、人を殺すのも人間、洗脳から醒めるのも人間、いつまでも過ちを繰り返すのも人間。

« ユーロスペースにアトミックカフェを見に行くのだ | Main | 1992.10.10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/1642010

Listed below are links to weblogs that reference アトミックカフェを見てきた:

» アトミック・カフェ [befounddead]
THE ATOMIC CAFE(1982年アメリカ) 2004/9/23@ユーロ 『華氏911』『ボーリング・フォー・コロンバイン』のマイケル・ムーアにドキ... [Read More]

« ユーロスペースにアトミックカフェを見に行くのだ | Main | 1992.10.10 »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)