Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« September 2004 | Main | November 2004 »

October 2004

2004.10.30

「我々は核兵器を手に入れたら躊躇なくそれを米国、イスラエルに対して使う」と言うパレスチナの少年

最近欠かさず読んでいる天木さんのブログ。レバノンで会ったパレスチナの少年の言葉としてタイトルの言葉が出ていた。→ここ。この言葉を放った少年の心を想像してみたい。想像力を失わないとはどういうことか。社会認識とか歴史認識とかを育てるとはどういうことか?

世界に脅威を与えることのない最強の国

これって想像してみたい。いい言葉だなあ。天木さん、いいこと言うじゃん。

さあ皆も読もう!天木直人ブログ
あまきって、どことなくアナマキに言葉が似ているなあ。amakiとanamaki。アルファベットでも似てるし。あったらまえか(笑)

エミネム投票に行く

エミネムが投票に行くのかぁ。面白いニュースだ。
関連記事を発見→ここ
彼は「32年の人生で初めて投票に行く」んだってさ。天木さんのブログに書いてあった。孫引用。
反ブッシュのその作品ってどんなんだろう?聞いてみるかな?

世界はつながっていてフィクションではない?

先日アトミックカフェを渋谷ユーロスペースで見たときこう思った。
世界なんて単なるフィクションなのかも。人類って総体としてフィクションなのかな。
そんなことを感じた。なんだかあそこまで行くともう笑うしかないじゃないか。
イラクで日本人の民間人が犠牲になった。来るべきときが来たんだろう。
彼が準備不足で余りに不注意な行為であることは否めない。
でもだからと言って小泉首相の即座のあの一言はまずいんじゃないか?
いくら彼に落ち度があったからといって政府には邦人保護の義務はあるわけだし。私たちは国家と言う装置にお金を払って会員権を得ているようなもんだ。税金ってそういうもんでしょ。なのにポーズだけでまともに動こうともしない。少なくともそのように見えた。いざと言うときにサービスの効かない会員権なんて持ってたってしょうがないし、アイデンティティ不安だからって偉大なる国家だとかに同一化して自尊心を確保しようとしたってくだらないし・・・。

イラクだとかイスラエルだとかパレスチナだとか。いろいろテレビニュースでやっている。
いまどきはBBCワールドを日本にいても見ることが出来るし。しかも日本語の通訳がついている時間帯だってある、ロンドン発なのに。一日じゅうBBCつけっぱなしにしとけば・・・、自然に英語が身についてしまう日本人児童だってこれからはアリエル時代だ。世界は繋がりだしているんだ。
このくにのゆくえを感じるとわけもない憂鬱が訪れるのだが、本当にこのままで平気なんだろうか?
鎖国的排外的感情がいまは地下でマグマが溜まるように溜まりだして充満し始めているのを感じる。いまのこのくには「第三の開国」と言うに相応しい混乱期だと思う。第2次世界大戦後なんとかうまくやってきてある意味成功したともいえる体制をここで改めて方向転換して、この<くに>をあらためて外に開いていかないといけない、そのプロセスの途中の転換期。社会が地殻変動を起こしている。人心がそれに対応できるのか?著しい齟齬が生じて断層のずれが発生して破局的な政治変動ってやつが起きてしまわないだろうか?平気だろうか?

最近、気になる言葉がある。
ニート。
Not in Employment, Education or Trainingという言葉の頭文字。

関連HP

特に何もしないでも餓死しないでなんとなーくやっていけちゃう時代。社会認識を育てる。歴史認識を育むにはいったいどういう言葉を鍛えればよいのか?そこらへんに自分の問題意識がある。国が豊かであること社会が豊かであることがこういう層を産んでいるんだろう。
フリーターでも失業者でも、そしてひきこもりでもない。じゃあ何なんだろう?

脱社会的な気持ちを素直に言うなら・・・
もっともらしい「問題意識」などどうでもいいのか?
全部嘘さ♪
皆嘘さ♪
みんなそういうことになっているだけのことで、本当は何処かにリセットボタンが隠されているのかな。
おおおいドラえもん。どこにボタンはあるんだ。

2004.10.28

ニュースの深層、木曜日、葉千栄

今日のニュースの深層は楽しみ。
葉先生のところに、前防衛庁長官の石破茂が出る。
「皆で国防を考えよう」というタイトル。
葉千栄がどこをどう突っ込むのかが楽しみです。

朝日ニュースター

ニュースの深層を含む最新情報のページはここ

来週は特別編成でゲストが多そう。

2004.10.25

暴飲暴食日記を10月11日まで記述

暴飲暴食日記を10月12日まで計数終了。メモを23日分までアップ。

2004.10.22

是枝監督ネタ

再び是枝監督ネタ。

『ワンダフルライフ』の是枝監督「韓国映画の復興が印象的」

朝鮮日報日本語版

朝鮮日報のもう3年前の新聞記事です。

「日本の軍隊(彼は自衛隊と言わず、‘軍隊’という表現を使った)のアフガニスタン派兵など、最近日本の政治的変化にはよくない点が多いですね。一連の首相の発言や教科書問題も納得しにくい。このような過ちに対し、日本人に引き続き話していく必要があります。」

是枝さん自身の言葉。しっかりとしたモチーフなり思想性がしっかりとした作家であることがわかる。しかも高度な技術も伴っている。すぐれた作家であると思う。

朝鮮日報といえば白眞勲が有名ですね。はくしんくん。韓国系日本人国会議員の誕生はとっても嬉しいことです。韓流ブームとやらの裏側でくだらない在日ニッポン人の間で「嫌韓感情」みたいなのが広範に広まっているように感じる。実に不気味。つきあいのある年齢層の低い子供たちの間で特にそういう雰囲気を感じる。


2004.10.20

タテタカコの歌、是枝裕和の映画

Last Sundayに新宿の映画館において「誰も知らない」を見た。
Nobody Knows
カンヌで受賞した作品。
挿入歌としてはじめて聞いた唄が耳について離れない。
週刊金曜日やサンデー毎日とか週刊朝日とか・・・その他いろいろなところで映画批評を見ていた。映画については激賞している映画批評が多い中で、タテタカコの『宝石』という挿入歌については意見が分かれていた。他の部分の批評では全く同じような評価をしている批評家がこの歌については二つに分かれていた。

別ブログでも書いたがこの歌は映画の評価をさらに増幅することはあってもその逆はないと私は思う。この歌と是枝監督とは非常に幸福な出会い方をしている。いわゆるタイアップという業界にありがちな出会い方では全く無いということもタテさんのHPや是枝さんの文章を読んでみてもよくわかる。

是枝さんの映画はまだ見てないものもあるがこれからは是非チェックしようと思った。彼は今現在憲法第九条についてのドキュメンタリー作品を俎上にのせているらしい。これには期待している。彼のドキュメンタリーは以前にスカパーで放映されたものを見ている。その映画も単なるドキュメンタリー作品にとどまらない映像作品に仕上がっている。
『日本人になりたかった・・・』というある在日コリアンのことを追いかけた作品。ギャラクシー奨励賞を受賞しているらしい。そのことは知らなかった。偶然スカパーで見たのだった。韓国の農村の場面。わけもなく切なくなって泪をこらえてしまった自分がいた。なんだったんだろうあの感覚は。もういちど見てみて確認してみたいところなのだが。

一口にドキュメンタリー作品とは言っても、彼の作品はどこかそこからも確実にはみだしているところに魅力があるようだ。Nobody Knowsにしても実際の事件にヒントを得たフィクションであったのだが、ただフィクションの世界の中に閉ざされた虚構世界ではなくて、監督が迫ろうとしたものは単なるフィクションを超えたリアリティだったのではないだろうか?微にいり細にいりディテールに拘るだけで本当のところは何も言いたいことがあるとは思えない映画ヲタ監督が多い昨今のニッポン映画界において是枝さんの作品は異彩を放っている。

是枝裕和オフィシャルウェブサイト

2004.10.18

日本シリーズ視聴率のニュースに疑問

Asahi.comにおける関連記事はここ

このサイトでなくて別のニュースソースで視聴率振るわず!みたいな書き方がされていたが、なにか視点がゆがんでいないか?

名古屋と九州においてはそれなりに高い数字なんじゃないの?(注=九州というのはここではプレーオフのことを言っているつもり。)
関東関西の視聴率で野球人気がどうしたこうしたとか語るのって判断の土台が歪んでいるのではないか?
巨人戦の視聴率についてもそれを材料にプロ野球人気一般がどうしたとか一般化して論じるのも奇妙です。3位になってAクラスを確保したとはいえ、早々と優勝争いから脱落しているチームの試合をだらだらだらだらただ流しておけばいいや、みたいなそういうテレビ局の編成に視聴者が飽き飽きしているんであって、パリーグのプレーオフはけっこう数字を稼いでいたじゃないかっ!

地域密着の視点で見れば、今回のシリーズは特に名古屋地区の視聴率で判断するべきでしょ。東京霞ヶ関の中央の役所が地方の道路がどうしたこうしたとかの許認可について握っていたりして、地方から霞ヶ関にやたらと陳情がくるとか・・・そういう構図と似てないか?関東エリアの視聴率だけで今年の日本シリーズの視聴率を一般的に論じるのは前提がおかしい。

2004.10.13

山平和彦さん亡くなる

ノンフィックスの放送禁止歌のページ→ここ

山平和彦さんが亡くなった。活動再開していたとは知らなかった。日本のジョンレノンだと岩本さんは彼のことを評している。「放送禁止歌」という歌は四字熟語だらけの歌だ。小中学生の四字熟語の勉強にいいかもしれない。

文庫本にもなっているらしい森達也著の『放送禁止歌』(解放出版社)に歌詞が掲載されているので興味がある人は是非文庫でも解放出版社の書籍のほうでも買い求めて欲しい。買って損はない本です。まちがいない。

その本は冒頭にリンクしたテレビドキュメンタリーを素材として本におこしたものだ。そのテレビドキュメンタリーにおいて、岡林信康の『手紙』(番組のエンディングで真っ暗の画面を背景に流れる。)をはじめとして、赤い鳥の『竹田の子守唄』高田渡の『自衛隊に入ろう』などなどが山平さんの作品とともに素材になっている。山平さんは森達也の強引な押しによりカメラの前で歌うことになる。

「実は昨夜、必死で練習したんだよ」と山平はつぶやき、少し寂しそうに微笑んだ。

実に印象に残るシーン。

放送禁止歌というのは実際には存在しない<妄想>で実体のないものであり、しかしそれにも関わらず、その(規則・規制としては)実体のないタブーが、業界内では共有されていて、<臭い物には蓋をせよ!>DNAに支配される業界人が巨大なタブーに自縛されているプロセスが解明されてゆく。

天皇制、在日韓国・朝鮮人、部落差別。
差別問題と自主規制とについて大変深く考えさせられる書籍であり番組であった。偶然、深夜テレビで目にした。地上波CXのノンフィクス。この番組を見逃さなかったお陰でその後、『A』と『A2』と森達さんをチェックリストに入れることができたのだった。「下山事件」も読まなきゃ。

関連記事→岩本慎二さんのコラム

キム・ギドク監督、若松孝二監督

10月1日号の週金に宮台のインタビュー記事が出ている。大変興味をひかれた。『春夏秋冬そして春』は10月末に文化村のここで公開されるらしい。これは是非映画館で見てみたい映画だ。シネフィルではない監督による映画であるというところに注目してみてみたい。深い味わいのありそうな映画だ。あまり先入観とかなしで見るために映画批評はざっとしか読んでない。熟読はしてない。でもはげしく嗅覚で引き寄せられるような感覚を覚えた、そんなインタビュー記事であった。

映画と言えば、もひとつ注目しているのは若松孝二監督の最新作。「17歳の風景 少年は何を見たのか」
関連HP→ここ

ニュースの深層で中林さんの曜日に出ていた。10月11日放送分。
<新左翼でリベラルな考え方のはずなのに子供の育て方に関しては古い考え方ですね>みたいな内容のことを中林さんが問い掛けていた。意外な切り口。

娘をアメリカに留学させたらあまりに個人主義になって帰ってきたので今度はパレスチナゲリラにあずけたということだが、それはそれで十分すぎるくらいに過激でリベラルであると思うのだが。

<古風なところ>というのは「便所掃除」というところにシンボリックに語られていた。

2004.10.12

暴飲暴食日記を10月へ、少々バージョンアップ

やっぱりブログにはしないでこのままやろうかな。9月末まで計数は終了。いろいろリンクを張ってみた。やはり地域ブログとの関連性が高いと考えて各地域ブログをリンクした。ブログ関連HPもそのうち特殊ページとして作るかな。
スワローズ観戦コンテンツももうそろそろ〆にはいらないとな。もう最終観戦かな?最終戦は今年は見れないかも。金曜日は補習かな。どうするかな?まだ決めてない。

品川ローカル、商品券1 万で11000

今年も売っている地域商品券。郵便局で売っているらしい。買って
みるか。
品川のシネコンまだ行ったことないな。なにやってるかCHKしない
とな。
新宿ローカル、高麗博物館いかなきゃ。17日までだっけ?

2004.10.10

1992.10.10

タイガースの八木選手が引退するときいた。八木選手で思い出すのは1992年の9月11日9月11日事件ときくと今では2001年のことを指す事が多いが。9月11日にもいろいろあるのだ。アジェンデ政権崩壊(参考ページ)。米国が裏で糸を引いていたのも既に明らかだった事件。民主的に議会で政権を獲得した社会主義政権がアメリカの裏庭という場所的運命性により悲劇的な結末になった事件。9月11日にはいろいろあるのだ。1992年の9月11日には甲子園球場で事件があった。八木の幻のホームランで試合が決着するかと思いきや城選手と飯田選手が審判に抗議。フェンスの縁の部分にぶつかって異常な反発の仕方をしてスタンドインしているのを飯田は見逃さなかった。
15回引き分け、
岡林が最後の最後まで投げた。
10月10日と11日に、雨で流れた分とこの引き分けの分が試合日程に組み込まれた。
そして運命の10月10日。MBSが全国中継してくれた。TBSで見たんだった。
伊東昭光が胴上げ投手。荒木の先発だったな。タイガースファンが「帰れコール」をしたなあ。されたほうは忘れない。したほうはすぐ忘れる。侵略戦争についてだって同じだよな。足を踏んだ方はすぐ忘れるが、足を踏まれた方はそう簡単には忘れない。1985年の神宮では快くホーム球場をお貸ししたのに恩を仇で返すというのはああいうことを言うんだろうな。1997年の優勝のときにやっと借りを返してもらった気がしたものだった。ムッシュ吉田監督ひきいるタイガースは神宮球場で綺麗に整列してスワローズのリーグ優勝を称えてくれた。

今から丁度12年前の出来事。

アトミックカフェを見てきた

ケヴィン・ラファティ監督のクールでシュールでコミカルなドキュメンタリー映画。ニュース映像・プロパガンダ映像の編集による作品。ただただ編集のみによりつくった映像。時代を超える映像。時を超えて訴えるものを創るにはこうするのが最善だったと共同監督ジェーン・ローダーのProduction noteにも書いてある。戦争やファシズムの狂気をその真っ只中で使命感・正義感に導かれて運動(ファシズムも戦争も人間の「運動」の一種か。)を推進する側の言葉で語らせる手法。森達也が2004.9.10の週刊金曜日においてインタビューでこたえていた言葉を想起する。記事タイトルは「検証『華氏911』」。

ネオコンとか石油利権は潤滑油です。人は利権や損得だけで戦争や虐殺には踏み切れない。

ローゼンバーグ事件という今まではあまり意識しなかった事件についてもよく知ることができた。実況中継されたのか電気椅子による殺人が。国家による殺人。死刑。きっとあの事件は多くのアメリカ人にとってもおぞましい事件でありおぞましい歴史なのかもしれない。関連リンク→ここ

ユーロスペースで見た。渋谷桜丘町にある映画館。桜丘に行くのは大昔にキリンシティがあった頃によく通っていたとき以来だ。もう10年以上昔のことだ。

音楽映画としても楽しめる映画だ。ただ権利上の問題でサントラ盤は廃盤状態であるとのこと。

『原爆が落ちるとき』When the drop the atomic bomb
という歌の歌詞の一部。

♪マッカーサー将軍に原爆を落としてもらおう
♪大火事になり、大混乱になって
♪放射能でアカども全員丸焦げだ

のん気な音楽の中にこのような歌詞が歌われている。どれもこれもみんなのん気で楽しい感じのする楽曲。クレージーな歌詞なのだがクレージーの真っ只中に居る人間たちはけっこうこれらを楽しんでいたに違いない。人間っていうのはいくらでも残酷なことをできる存在なのだろう。アカ狩りが吹き荒れた時代。マッカーシー旋風。ファシズム真っ只中の人間は酩酊状態なのか?それがそれとも人間のそもそも本性なのか?南京で地獄絵図が繰り広げられているときに私たち日本人は提灯行列でお祭り騒ぎ。

エセルはなかなか死ななくて殺すのに苦労している様子。それを伝えるニュース。死刑の実況中継。死刑制度の問題性も考えさせられる。恣意的に行われる国家による殺人。恣意性。究極の無期懲役強制労働を殖民衛星でもつくって流刑星でもつくるしかないのか。被害者感情の回復とか言ったってそれを語っている人たちはただのフィクショナルな感情に惑わされているだけのように思う事が多い。

アトミックカフェ(竹書房)

ユーロスペース

洗脳するのも人間、狂気に浸って人が人を殺す、人を殺すのも人間、洗脳から醒めるのも人間、いつまでも過ちを繰り返すのも人間。

2004.10.04

ユーロスペースにアトミックカフェを見に行くのだ

ユーロスペース

ユーロスペースって1と2があるんだ。25日からはコーヒー事項がやるみたいだし、25日以降に見に行けば超いい感じかも。ちなみにコーヒー事項というのは誤変換ですけども。わざとです。

25日には、森達也さん(映画監督)、青山南さん(翻訳家)を招待してのトークショーが上映前にあるらしい。これは要チェック情報だ。

9時10分ならば、塾が早めに終わった後でも間に合うなあ。

なんだこれは9月のスケジュールかあ、じゃあ、終わってしまっているじゃないか。

2004.10.03

ダンス公演を鑑賞してきたのだ

ヒップダンススタジオ

2002年2月1日にオープンした新しいダンススタジオ、ヒップダンスアーツエンターティメントの第二回の公演。JazzとかModernJazzと分類されている演目に知り合いは出演していた。ストリートとかヒップホップ系のダンスもありで、ダンスの種類はバラエティに富んでいた。

どこかできいたんだが、日本のダンサー人口ってすごく多いらしい。

ダンス公演の記録記憶を辿る。

BDCのサイトの一部

Feburuary 1992 Dance Watch America at the Theater Apple in Shinjuku, Tokyo
という記述がある。このダンス公演も見たなあ。

July 1993 Chinese Dream'93 at Hibiya-Kokaido Theater in Tokyo
日比谷公会堂も行った。花を持ってったなあ。

2004.10.01

ドラゴンズ優勝ですね、おめでとうございます

通算優勝回数で争っているスワローズですが、これで追いつかれましたね。日本一の回数ではまだまだ追いつかれませんが。ドラゴンズってリーグ優勝している回数の割には日本シリーズで勝てないんですよね。まだ日本一には一回しかなったことが無いなんて意外です。

土橋は最近調子が悪いです。100安打まであと4本なんですが。足踏み。

古田欠場は単に休ませたかったんでしょうかね。

« September 2004 | Main | November 2004 »

無料ブログはココログ
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)