Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 水瓶の唄(みずがめのうた)がNHKの「のど自慢」で | Main | アトミックカフェについて、続きを書く! »

2004.09.07

もう一度リンク、以前の記事(過去ログ)にもあるが再度上映するらしいので

アトミックカフェ

以前リンクしたサイトは「たゆたゆ」&「アトミックカフェ」ですぐ記事に行けます。既に押し出されて消去されている記事ですが。

この映画についての記憶は既に頭の中にも随分とかげりが来ている。映画そのものをしっかりと見たかどうかさえ忘れている。話題になっているのをおっかけて・・・ぴあ世代だし・・・内容をチェックしたことと・・・尾崎豊との同時代的記憶と。

既に故人となりし景山民夫さんがスーパーギャングで話題にしていたこと。数々の断片的な記憶。たぶん映画そのものをしっかりと見たことはないのかも知れない。そのYes/Noさえ既に自信がない。11PMなどで紹介された断片的な映像を見たのだろうか?特に当時反核運動とかに関わっていたわけではなかったし。朝日ジャーナルを欠かさず読む左翼的な学生であったのは確かだが。運動に実際に関わった記憶はなかった。なんせノンポリを通り越して自治会さえ成立しないレジャーランドの代表みたいな大学だったからなあ。そういう大学の雰囲気に対するアンチとしての「意思の堅さ」としての<左翼性>選択なのだった。今にしてみればそう思う。

尊敬する新右翼の鈴木邦男さん。→続きは別箇所。

« 水瓶の唄(みずがめのうた)がNHKの「のど自慢」で | Main | アトミックカフェについて、続きを書く! »

更新ウェブ日記~WEB放浪&(ドバドバ)HP更新記録~たゆたゆ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/6571206

Listed below are links to weblogs that reference もう一度リンク、以前の記事(過去ログ)にもあるが再度上映するらしいので:

« 水瓶の唄(みずがめのうた)がNHKの「のど自慢」で | Main | アトミックカフェについて、続きを書く! »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)