Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« August 2004 | Main | October 2004 »

September 2004

2004.09.28

神宮初敗戦観戦

3打数0安打1三振1四球

8試合連続ヒットはならず。

2004.09.27

度会の立場は微妙?

140歳カルテット

4人の内わけは佐藤真一・土橋勝征・鈴木健・度会博文。
しっかりと奥様のお名前も書いてある。

2004.09.26

11月21日は行けるかな行けるかな?

今度はチケット発売のタイミングを見逃さないで行かないと!
日曜日に折角ライブがあるならば、行く方向で検討しないと。
政治家口調みたいな言い方。

下北 CLUB251
スケジュールにしかーりと出ていた。

「tune like 440」というタイトルで
穴巻以外では、
ハシケンさん
RALLYPAPA AND CARNEGIEMAMAさん
というお名前がある。そもそもこの長い英語の文字列に「さん」をつけて言葉の自然さが保たれているのかどうかは私の責任の負うところではない。

251=10/21
ぴ=10/17[P:183-643]
ロ=10/17[L:39929]

とあるのはチケット発売日ということらしい。
このコード番号をついついいつもぎりぎりにチェックしたりするんだよな。この発言をPHSに転送しておけばいいのか。

ええと
ぴあが 岩見無死身 いわみむしみ、で、ローソンの方が、見苦苦肉、みくくにく・・・かあ、けっこう覚えやすいかも。
なんつって。

なんでもかんでも暗記フェチだな、オレ、職業病かもね。

そもそもこの時期に読売戦一本槍の地上波中継といのがオカシイ

関連新聞記事

オカシイことをオカシイと気がつかなくなって麻痺しているのがわからんのかね?
一部にかなり気が付いてきているようだけど・・・

自力優勝が消えた時点で読売戦をだらだらだらだら地上電波で全国中継するのはやめるべきだ。NPBとか選手会の中にもそういう意見の人がいるといいんだけど。テレビ局も広告代理店もある意味腐っているんだろうな。左から右へなんとなく書類回してハンコをおしてみたいなお役所仕事の世界でもないのに惰性で流れているのでしょう。

本丸はテレビ放映権の一括管理だと思う。読売などの頑強な抵抗があると思われるが少しずつでも変えていく方向に向かうといいんだが。9月以降はペナントレースの展開にあわせて地上電波の・・・特に全国エリア中継に関しては・・・組まれるのが望ましい。一度組んでしまうと中継の弾力的な運用ができなくなっているらしい。

地上電波全国中継のNPB試合は、少なくとも9月以降はペナントレースを反映するような扱いにして欲しい。これが多くのプロ野球ファンの声となるといいと思う。

五十嵐亮太の158キロや岩村のHR争い
カープの嶋の最多安打・・・イチローにどれだけ迫れるか?
そして古田の驚異的な打撃・・・いろいろな意味で・・・
これらをしっかりと見せればかなりソフトとしては魅力的なはずでスワローズが本格的に優勝争いさえしてれば昨日今日一昨日のCS戦やその前のナゴヤドームのDS戦などは多少地味(笑)ではあってもソフトとしては全国放映にふさわしいソフトだと思うんだが。

先週のプロ野球で一番のニュースは・・・もちろんスト回避とか選手会勝利!とかいうのもあるけど・・・五十嵐亮太158キロ3連発、これっしょ。

1997年のスワローズとベイスターズの優勝争いの中で石井一久のノーヒットノーラン試合があった。そのときに毎日新聞の経済部の記者が署名記事で地上波の中継のあり方に根本的な疑問を書いていた。その記事に書かれていた大事なことを思い出した。だからこそこの文章を書いているのだが。

AERAには以前に石井一久がインタビューで答えていた。巨人は要するにルイ・ヴィトンのバッグみたいなもんなんだと。言い得て妙なりとはこのことだ。

大体、ばっかじゃねえの。いまどきさあ。読売の試合を流していれば数字が稼げるだなんて。視聴者をバカにしているんだろう。そういう人たちは。視聴率一桁に驚くみたいな記事がここ数年ずっと続いているのだが、そもそもいまどきそんなことに驚いているのがおかしいし。優勝争いに関係ない試合をだらだらだらだら中継していたら、結果として、日本プロ野球そのものへの興味が失われてしまう。自分で自分の首を締めている。わかっちゃいるけどやめられないのか?

構造的問題は対症療法では対処不能なのか?

2004.09.25

暴飲暴食日記まとめだし9月24日まで、ダンスの公演

今年のペナントも終わったかあ・・・
ドラゴンズのマジックが点灯したし。
暴飲暴食日記もこの形式でやってきて随分たつなあ。
そのうちブログになるのかな?

ヒップダンススタジオ

こんどの日曜日にダンス公演を見に行くことになった。いつもは神宮に行く途中にあるホール。青年館の大ホール。


2004.09.17

古田選手会長、『筑紫哲也 ニュース23』出演中

球場のファンから古田コール、鳴り響く。
古田会長の苦渋の決断を激しく支持する。経営側の言葉に空しさをおぼえる。
まだまだ1リーグ制へ向けて球団削減をもくろむ動きが見え隠れする。
ここでその流れをはっきりくっきりと食い止めないとアカン。

他のあらゆる面では全く支持できない東京の恥・・・いや日本の恥だとも思う・・・あの都知事でさえ新規球団加盟への動きの緩さについて的確な批判をしていた。世論を読むのがうまいんだな・・・あのオヤジ。

来季から新規加入球団を受け入れることは可能だ。今からならば十分に間に合うはずだ。

古田さん、信じています。尊敬します。頭が下がります。


頑張れ!選手会 負けるなぁ 古田さん

日本プロ野球選手会 公式ホームページ

プロ野球選手会が70年の歴史ではじめてのストライキ決行を決定!
私はいちプロ野球ファンとして選手会の主張に賛意を表明します。
経営者側の不誠実な対応が最大の原因。
来期からの新規球団の受け入れをキョヒるという態度は実に消極的な改革の姿勢で全く世論の動向を無視している。選手会支持の世論の反動化を防がなければならない。現状ではスト支持が多数派であるが、なにがきっかけで巻き返されるかわからないので、注意してみていかないといけません。

たとえば、これなんか酷い記事だと思う。
夕刊フジですが

ここ

「殿様スト」「やらざるを得ない」識者見解も二分
というタイトルだが、

識者見解二分・・・だなんて嘘ばっかり、どこが二分なんだよ。こういうのって為にする記事。無理やりな結論。

「選手会に組合感覚を、などというが、年俸を5億ももらっている人が労働者なのか。自分の給料を返上して赤字を減らすという考えはないのか」と選手側に厳しいのは、経済評論家の針木康雄氏。

こんなこと言っていっているやつのどこが<識者>なんだ?
佐高や江本が言っていることの方がはるかにまともじゃないか。
もっともらしく「二分」とかいって・・・公正を装って両論併記ってのにはどうも嘘がつきまとっている。

誰だ?これ書いたの?最低の記事だな。
あ、匿名記事かっ。さすがアカ新聞だな。夕刊紙らしいといえばそれまでだが。


2004.09.14

報道ステーションで古田が話題に

栗山さんが古田をネタにしてました。
「日本で一番大変な人」
「古田敦也おそるべし」
古田はイチローに似ている。
ボールの捉え方が確かに似ている。右を左に反転させて比較する手の込み方。
ああいう風に見ると確かにわかりやすい。
古田って年取っても研究熱心でどんどんどんどん打撃スタイルが変化してきている。

2000本安打まであと26本。
残り22試合。

2004.09.12

G2−3S 五十嵐29セーブ

土橋は4打数0安打2三振と奮わなかったがガンちゃんのHRが効果的。
ローズのHRはご愛嬌。
ドラゴンズのマジック点灯阻止。
GUNラミアベックHRの後の恒例パフォーマンス目撃。
岩村40号到達でヒーローインタビュー。

ドームGS 観戦

9/12 GS26回戦

2表2死13塁三振
5表先頭右邪飛
6表2死12塁あわやライト前ヒット?という当たりもライト守備位置が相当前・・・右飛
9表一死無塁三振
4打数0安打2三振

ドバ4タコ
GUNラミ
アベックHR
目撃

2004.09.09

岩村が月間MVPをとった

スワローズの中心バッターへと育ちつつある。いや、すでに、彼が中心打者であると言える。古田をおさえて岩村がMVPをとるような活躍をすれば逆転が可能であると思っていたが・・・もう駄目かもしれないが、でも最後まであきらめずにミラクルを信じて打ち続けて欲しいですね。

ちなみに土橋選手は8月の月間最多安打38本、月間最高打率.413。これは実に輝かしい成績です。38って昔のドバの背番号ですね。土橋は8月に強いんだなあ。去年もGOGO賞だった。

2004.09.07

鈴木さんとか一水会とか1980年代的学生時代

鈴木さんから話が続いて。

彼が著書で述べられていた「早稲田では左翼が体制なんですよ」みたいなことを言っていたときに大きく笑いを込み上げてくるのは・・・そいえば慶応義塾とか青学とかって原理系自治会成立みたいな事件の後だったから・・・私はKOの方だが・・・そういうお坊ちゃま二世政治家養成財界御用達大学みたいな雰囲気に対するアンチであったのだろう。私にとっての<左翼性>というのは。「無政治」的雰囲気に対する気色悪さからの反骨精神。ノンポリという言葉がひとつのポリシーでありえた70年代とは違って、私にとっての同世代の<80年代的>大学生というのはポリシーという言葉さえ必要のない脳味噌の不自由なバカ学生の塊だったんだろう。そもそも自治会が成立してないことに何の不自然さ不健全さも覚えないお坊ちゃまたち。キショイって思ったかはともかく。自分自身は流されることなく中曽根政権とタタカッテ・・・なんて思ってたのかなあ?

1986年の中曽根300議席をもたらしたアホバカ世代へ抱いた同世代的嫌悪感を今でも思いだす。イギリスのパンク音楽を聴きながら自民党に投票してしまうことを倒錯とも自覚さえしないバカ同級生。「諸君」という雑誌をこれ見よがしに俺に見せ付けるアホ学生。自分の内なるナショナリズムに無自覚な人間がどうしてナショナルな問題を語れるんだ。右とか左とかいう言葉以前に幼稚な政治意識の大学生をまわりに見て世の中を憂えていた憂国学生だったなあ。

1983年の記憶を蘇らすことになる・・・そしてさらに

<改めていろいろ思い出してみてここでいろいろサイトを調べてみる>

1983年12月1日==『15の夜』発売

確かに思ったとおりだった。入学一年目休学年度の冬だった。もういちど代ゼミのTLコースというところに後期だけ戻ったんだった。思い出した。実質2浪目の受験生だった。アイデンティティ崩壊から回復するための緊急措置だった。俺まで精神病院に入るわけには行かないし。無理やりにも目標が必要だったんだ。

あれから21年が経った今年の春に最初の発病をしてから二度目の投身自殺で今度は成功した試みによって兄が逝った。中年の自殺は成功するのか。まさかこんなことになるとは。

いろいろ思い出してみてももう随分昔。詳細な順番がむちゃくちゃかもしれない。

『アトミックカフェ』という映画をもう一度見たときに私の記憶はどの程度よみがえるのだろう。華氏911と一緒に見ることをお薦めする映画だ。

Summer Christmas

こちらは関連で思い出したミドリブタ林美雄さん関連のHPです。私の音楽や映画に関する趣味に多大な影響のあった林さんへの追悼と感謝の気持ちを込めて。ハコさんも好きだったし白竜さんも林さんの影響だし・・・ゆあヒットしないパレードについて元春さんも語っているじゃんか。なんか嬉しいなあ。佐野元春やRCを知ったのも林さんのラジオだった。ヒットしないパレードで初めて聞いた金子マリさんの歌声をこの前はじめて下北で聴くことができたんだった。

1980年という年が僕にとって激しく記憶に刻まれるのは・・・文明三部作発表BY河島英五と佐野元春のデビューイヤーということだ。元春さんについてはちゃんと買って聞くようになるのは大学生になってステレオセットとCD世代になってからだったが。

順番は不思議なんだがこんな感じだった。河島英五→岡林信康→尾崎豊→浜田省吾や佐野元春。男性アーティストに関してはこんな感じだったかなあ。

アトミックカフェについて、続きを書く!

アトミックカフェ
↑全く同じ箇所へのリンクです。

そうそう、鈴木さんが以前にSPA!で景山と宮台がどちらも小室直樹の弟子だって書いてたな。景山と小室直樹のつながりを私はよく知らなかった。へえ、そうなんだってスパ読んで思った。

尾崎豊が野音でアトミックカフェフェスティバル?だったかに出演したのが確か彼が高校生を自分でやめたすぐ後だったはずだから、私が大学に覚悟して行くことにした年だった。彼と同級生だった知人の知人がいたからそのはずだ。

尾崎豊の音楽にはまるのが大学一年やりなおしの年だからその年がつまり1984年になるのか。学籍番号は83年だったがちゃんと通いだしたのは84年だったんだ。

渡辺美里と尾崎豊と河島英五という組み合わせだったなあ。その頃は。美里さんのラジオが始まったのが多分私が三田三丁目に住み始めた頃だから1985年。入学年度から3年目で実質2学年のときだった。「あの頃」初めて恋のようなものをしていたのだった。そういう記憶と結びついている美里さんの歌声とラジオ。林美雄さんつながりの大発見だったんだよな。みさっちゃんは。(スーパーギャング)こまめに葉書出したりしていた。先日映画版セカチューを見に行ったが少々恥ずかしい記憶を蘇らすことができた。

尾崎豊の唄をはじめて聞いたのは、おそらく、私の記憶が確かならば、オールナイトニッポン2部のラジオにおけるOAだった。『15の夜』。鴻上さんと白井貴子お姉さまのところでどっちでも耳に入ってきて・・・レコードショップ(大学生協の購買部、三田だったか?日吉だったか??)に走って買ったのだった。多分深夜3時以降に起きて勉強していたんだろうからそれは大学1年目で実質マイナス1年目の83年の秋から84年の春までのどこかだったはずだ。

もう一度リンク、以前の記事(過去ログ)にもあるが再度上映するらしいので

アトミックカフェ

以前リンクしたサイトは「たゆたゆ」&「アトミックカフェ」ですぐ記事に行けます。既に押し出されて消去されている記事ですが。

この映画についての記憶は既に頭の中にも随分とかげりが来ている。映画そのものをしっかりと見たかどうかさえ忘れている。話題になっているのをおっかけて・・・ぴあ世代だし・・・内容をチェックしたことと・・・尾崎豊との同時代的記憶と。

既に故人となりし景山民夫さんがスーパーギャングで話題にしていたこと。数々の断片的な記憶。たぶん映画そのものをしっかりと見たことはないのかも知れない。そのYes/Noさえ既に自信がない。11PMなどで紹介された断片的な映像を見たのだろうか?特に当時反核運動とかに関わっていたわけではなかったし。朝日ジャーナルを欠かさず読む左翼的な学生であったのは確かだが。運動に実際に関わった記憶はなかった。なんせノンポリを通り越して自治会さえ成立しないレジャーランドの代表みたいな大学だったからなあ。そういう大学の雰囲気に対するアンチとしての「意思の堅さ」としての<左翼性>選択なのだった。今にしてみればそう思う。

尊敬する新右翼の鈴木邦男さん。→続きは別箇所。

2004.09.05

水瓶の唄(みずがめのうた)がNHKの「のど自慢」で

今日放送のNHKのど自慢において歌われたらしい。で、その方が最後にトロフィーをとられたとか・・・
日曜の昼ってなんとなくテレビつけてあそこを見ている人もいるし、全国津々浦々ゆきとどく電波だし、きっとなんていい歌なんだ、なんてタイムリーな歌詞なんだ、なんて深い言葉なんだろう、なんて素敵なメロディだろう・・・どうしてこんな唄を作れる人がいるんだろうって思ったに違いない。

違いない。

今日は私も珍しく地上電波のNHKをその周辺の時間帯に見ていた。しかしチャンネルzappingしばらくの後、かすってしまった。見てみたかった。情報に拠れば今回放映ののど自慢は大阪放送局らしい。八尾だとか。やお。やおってよむんだよね、これ。やお。やお。やお。なんだか変な名前だな。関東人からすると。がはは・・・。やお。出戸っていうのもあるけどなあ。鶴瓶師匠がネタにしとったなあ。正確に言うと・・・鶴瓶さんでなくて・・・新野先生なんだけども・・・在りし日の新野先生・・・って、まだ生きてるし。でもぬかるみがなくなってつまんないなあ。

出戸・・・でと・・・ククククククッ

出戸行きのバス見て笑い出す新野先生。なんやそれ。

いかん、完全にそれている。

そうそうそう、みずがめのうた。水瓶の唄と書くのが正確だが、可能性としては、水瓶の歌とか水瓶の詩とかそう書くと勘違いしている人もいるかな。正確には『水瓶の唄』です。

懐疑派ブログ

懐疑派ブログ

ニュースをいろいろ検索していて見つけたブログ。ロシアのニュースやらオリンピックのニュースやら「健全な愛国心」についての記事などメディア批評が鋭いと思った。社説を比較して読むだけの気力労力が敬意に値すると思った。ブログはこういうことをやってこそのブログだよなあと・・・見本にしたいお手本のようなサイトだと思います。

2004.09.01

8月26日まで暴飲暴食日記更新

26日まで暴飲暴食日記を更新。計数も一部やる。
土橋選手1000本安打を記念して土橋コンテンツ==Swallowsトップページを更新中。
岩村選手ブログをとあるサイトにつくった。これから岩村も本気で応援するのだ。2冠をとって欲しい。

« August 2004 | Main | October 2004 »

無料ブログはココログ
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)