Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« videonewsのブログ | Main | しんやああああああああ~しんやあああああ »

2004.07.22

政治的無関心について、アパシー症状の進行について

ポリティカルアパシーといいます。政治的無関心。
H. D. Lasswellが『権力と社会』だったかの中で三つに分類したのが古典的な形。
「無政治的態度」「脱政治的態度」「反政治的態度」
行動科学的な政治学の潮流。大学時代からわりとここらへんのことに興味があった。非政治的な言語空間における政治性みたいなことに非常に興味があって、日常的な人間観察の1系統としていっつも座標位置をとか空間認識的な感覚で人を観察しているところがあります。自分。

1,自民党の支持を全面的に支持しており、当然自民党に投票する
2,公明党支持者(創価学会員) 
  -a;党、学会の言葉を全面的に信じ、支持する
  -b;信条により創価学会に入会したが、実は公明党支持するかどうか、迷っている(極々少数と思われる)
3,与党を積極的に支持するわけではないが、それ以上に野党を支持できないので、一応自民党支持
4,与党を積極的に支持するわけではないが、様々なしがらみ(会社、地縁血縁)のため、一応自民党支持(のつもり) 
5,現状に不満がなく、なんとなく与党支持
6,現状に不満もなく、興味も無い
7,現状には不満だが、与野党とも支持しない。
8,野党を積極的に支持するわけではないが、とりあえず現状には不満なため、与党以外に投票予定
9,現状に強く不満を感じているため、野党を積極的に支持するわけではないが、野党に投票
10,野党の政策を支持できるので、野党に投票

blog JUNXIONさんからの引用です。核心部分なのでトラックバックだけでなくて、引用元をあらかじめリンクしておきます。

私の場合は、8から10のどこかだろうか?支持するっていうのはどの程度のことを言うんだろうか?って自問自答してみる。「現状に不満がある」という自覚がそもそもどの程度のものなのだろうって自問自答する。一種のゲームとしての参加。政治というバーチャル?な言語空間へのとりあえずの参加みたいな。とりあえずビール→とりあえず野党ってゆっておくか?自民党ってダサイし。何も考えてみたいに思われるのは自意識が許さないし。なにかいろいろああでもないこうでもないってゆっておけば何か考えているみたいでバカでない田吾作でない自画像に安心していられるし。今あるニッポンのナショナリズムもプチナショナリズムだとするなら。市民主義みたいな意識もなんちゃって市民主義なのか?俺の場合は。

そういう自分を見極めるためにも他者を観察してみたいという欲望にはまるところがあるのだろう。上の分類のいろいろな分類に自分を仮想して言葉を吐いてみる。

この分類は学会とか公明党というキータームで分類してあるところが一つ新しいところなのか?

創価学会の中のゆらぎとか「平和意識」というのは研究対象としてはタイムリーな問題であると考える。そしてそれは戦後憲法的価値観、とくに9条に対する日本国民全体の意識を読み解くときにも有効なのでないだろうか。

自衛隊を事実上の戦場に海外派兵しながらも・・・、平和憲法を誇りにしつつ、9条があるからには自動的に戦争には巻き込まれないんだ!・・・みたいに安穏に思い込める。極めて能天気な政治意識とか平和意識。イラク戦争はそれ程日本人には響いていない。選挙の本格的な争点にはなっていない。争点の一つにはなりえたのかもしれないが・・・選挙前のテレビは違うことばっかりやっているし・・・正面からそれを争点に据えているとはとても思えない。戦争に「参戦」しているという感覚が麻痺しきっている。

しかし・・・否が応でも2005年は憲法論議の年になるのか。

« videonewsのブログ | Main | しんやああああああああ~しんやあああああ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/1028915

Listed below are links to weblogs that reference 政治的無関心について、アパシー症状の進行について:

« videonewsのブログ | Main | しんやああああああああ~しんやあああああ »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)