Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 環境保護政党は日本には根付かないのか? | Main | 週刊文春、読売の圧力、HPネタ »

2004.07.16

キャップアナムール号

German crew awaits Italy ruling

先日BBCのワールドニュースを見ていたら、なにげなく「アナムール」という名前を耳にした。アナマキのアナムさんの名前の由来がこの船なのかってしばしテレビに見入った。

アナムさんのお父さん=河島英五氏がベトナム難民救援に関わったことがきっかけでアナムさんの名前がここに由来することになったというのは、

『ほろ酔いで夢みれば・・・』

に書いてあった。↑のHPにもその部分が引用されている。

金をかけずに援ける。この妥協無しの哲学を適用する「カップ・アナムール」は人道支援の長い経験を持つ。このドイツNGOは1979年、戦禍をを逃れ、緊急救助を当てにしてボートで洋上に漕ぎ出したベトナム人を救出するために設立された。 数千人の人々が溺死の危険を犯しながら漕ぎ出した。作家のハインリッヒ・ベルの後援を得たドイツの市民運動が、ボートピープルの救援のために集結した。あらゆる予測に反して、ドイツ人たちによってチャーターされた船は奇跡を引き起こした。救助された人の数は1万375人。そのほかに3万5000名が船上で手当てを受けた。

この市民団体が設立された経緯について書いてある部分が引用されている。1979年の出来事。詳細は知らなかったので、今回のこの事件で調べて、勉強になった。アナムさんが生まれたのも1979年だし。

もちろん、トラックバック先の文章を読んでみれば、この船自体は新しいものであるらしい・・・ことがわかる。アナムさんとこの船が直接関連するわけではないようで、ドイツのNGOの名前から来ているんだと思う。

« 環境保護政党は日本には根付かないのか? | Main | 週刊文春、読売の圧力、HPネタ »

アナム&マキ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

@@@アナムさんとこの船が直接関連するわけではないようで、ドイツのNGOの名前から来ているんだと思う。

ということではなくて、よくよく考えてみると、英五さんの「ほろ酔いで夢見れば・・・」にあるように、援助活動に使われた船の名前からって書いてある。

つまり、こういうことだ。
アナムさんの名前は、今、BBCのニュースに映っているところのキャップアナムール号ではなくて、ドイツ人たちによってチャーターされた船の名前から来ているわけだ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/986353

Listed below are links to weblogs that reference キャップアナムール号:

« 環境保護政党は日本には根付かないのか? | Main | 週刊文春、読売の圧力、HPネタ »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)