Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 東京はもっと当選してもええんじゃないの | Main | キャップアナムール号 »

2004.07.16

環境保護政党は日本には根付かないのか?

みどりの会議に投票した。政党名ではなくて中村さんへの個人投票という形ではあるが。聞くところによると女性党というとっても背景がまっとうとはいえないような政党にさえ得票で負けたようだ。悲しいことである。6年前の選挙区選挙では中村さんに投票して当選した。死票にならずに済んで、選挙に参加してよかったと心から思ったのもめったにないことであった。私の場合はよく死票になってしまうことが多いし。「さきがけ」に投票して死票になったことがあった。さきがけといえば、古川利明のブログで、<新自由主義>のバリバリな女性と会話している古川さんが自社さ政権について、あの状況ではしょうがない選択だったんではないかっていう立ち位置に少なからず共感を覚えた。

「あれはよかったとは思わないが、新進党路線や保・保連合といった、当時の政治状況を考えれば、あれがいちばんマシな選択だったのではないか」との持論を述べると、こう、逆襲されました。
 おねえちゃん 「リベラルなんて、甘っちょろいことを言ってた人は、社会党の壊滅とほぼ同時に、みんな消えていなくなったじゃないの。やっぱり、小沢一郎みたいにグイグイとやってくれる政治家がいいわ」


古川さんところからの引用です。(全部読むならこっち

ただ、細川政権成立以来の政局の混迷はめまぐるしすぎた。もう一般の人は首相の名前さえ全て言える人は少ないのではないか?政党名の変遷を全て答えられるのもなかなかアリエナイはなしだろうし。入試問題に出してもマニアックな部類でしょ。そういうのって。

今後の日本ではきっと2大政党への流れが加速化するんでしょう。でもそこから逃げているだけでもだめだと思う。環境や平和主義や憲法の問題というものを正面から論じないといけない政治の季節に入りだしているのではないだろうか?否が応でも。(大政党以外にも)新しい政治主体が必要だよ。そりゃ民主党にも頑張って欲しいと思うけど。社民党や共産党にもねえ。

西ドイツで5パーセント条項を突破して緑の党が出てきたときのことを思い出す。絶望しているだけじゃ何も始まらない。選挙制度のことも文句を言いつづけないと。そもそも55年体制以来ずっと半永久的なジミントー政権が形を変えて、例外的な時期を除いて、続いてきているわけだが、その大きい一つの原因が選挙制度にもある。どうして東京が4議席しかないのか?いくらなんでも・・・なんぼなんでも・・・地域代表という側面を勘案してさえ格差が開きすぎだ。15人中9人が合憲とはいえ、9人のうち4人が違憲状態で次の選挙は・・・って警告したわけだから、定数抜本是正なしにおこなわれた今回の選挙は15-9+4=10人が違憲であると判断することになるのではないか?

東京にもう1議席あったら青島さんが通ってたってことでしょ?
東京にもう1議席あったら、中村さんも東京地方区から出た可能性もあるなあ。

みどりの会議のマニフェストから重要だと思ったところを引用してみる。


「平和」「非暴力」を実現するための文化的アプローチの強化という5番目の項目の中から・・・

在日外国人に対する理解や人権の尊重を図り、政治参加を拡大させ、多文化・共生社会をめざす。
民族・人種や性およびジェンダーなどによる法的・文化的差別を撤廃するよう努める。
教育機関における「非暴力」の理念と実践に関する教育プログラムの実現に努める。
歴史教育に対する「自由主義史観」的な立場からの介入に反対する。
周辺諸国との歴史認識協議や共同歴史教科書の策定等を検討する。
戦後賠償や個人補償問題、「軍隊性奴隷」(いわゆる「従軍『慰安婦』」)、強制労働問題、毒ガス遺棄などの戦後問題などについて、真摯に調査し、積極的な解決を目指す。また、これらの問題について国民の理解を拡大・深化させる。

多文化共生社会、民族・人権・性・ジェンダーによる差別撤廃、「自由主義史観」的な介入反対、歴史認識協議や共同歴史教科書策定、「軍隊性奴隷」、強制労働問題、毒ガス遺棄などの戦後処理。

ここらへんのことはこれからの日本の方向性には欠かせない項目でしょ。特に重要な項目だと思います。

ところで、
自民党の民主党批判文書についてはpaisiblogさんの ここ を参照。
参考になります。
自民党と民主党は似たようなもんだし、どっちでもかわりがないって安直に述べられる方がいます。どっちでも同じなら与党に入れたほうがいいわってなもんやっていう方。でも私はそういう風には思いません。もちろんどちらとも大所帯でいろいろなひとがいて、いろいろな考え方が雑居しているわけです。ただ全体として方向性とかってやっぱりよおく観察していると違います。「どっちでもかわらない」「どこにいれてもかわらないよ」「大差ない」とかってよく言うよなあ。知りもしないで。調べもしないで。勉強もしないで。ついつい職業柄そう思ってしまいます。

勉強しろ!

しかし、返す返すも、みどりの会議が議席獲得できなかったのは悲しくも腹立たしくも悔しくもあります。日本はドイツほどには環境が破壊されてなくて、とことんまで環境が破壊されていないってことなんだろうか?危機感もそれゆえにそれ程でもないの?

« 東京はもっと当選してもええんじゃないの | Main | キャップアナムール号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/985531

Listed below are links to weblogs that reference 環境保護政党は日本には根付かないのか?:

» 日本で唯一尊敬する政治家でした [茜色のこころ。]
正直言って、立ち直れないと思うくらいのダメージを受けました。そうか、これが国民の意思なのかと。 ちょっと愚痴ります。 以下は私の愚痴なので、嫌な人は逃げ... [Read More]

« 東京はもっと当選してもええんじゃないの | Main | キャップアナムール号 »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)