Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 深沢七郎「楢山節考」、押尾コータローとSPA! | Main | 新宿と言うローカルな話題、感染と人骨 »

2004.06.24

『サブカルチャー反戦論』を読む

大塚英志、角川文庫。
朝日的なるもの。ポキリと折れてしまったもの。20011002朝日社説

中野重治のこともからめつつの柄谷批判。転向論で語られる中野重治。「戦後」ではなく「戦時下」の言葉を紡ぐことが大事。→関連検索ページ=「戦後文学」の起源について(栗原幸夫さんの文章です。)<「奴隷の言葉」とか「中野重治」という言葉を検索していて辿り着いた。>
大塚は柄谷を「戦時下」からの逃亡であると考えているようだ。イラク戦争勃発直後の柄谷発言への批判。「戦時下」の言葉を失
った文学への批判。憲法への立ち返りを軸にしたアクチュアルな反戦論。「55年体制」という言葉さえその語彙に持たない若者には有効かも。
新たな反戦論。実に啓蒙的。
現在、
『わからないという方法』、『不幸になりたがる人たち』『モラトリアム人間を考える』などなど、全て再読、同時進行中。


« 深沢七郎「楢山節考」、押尾コータローとSPA! | Main | 新宿と言うローカルな話題、感染と人骨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/831873

Listed below are links to weblogs that reference 『サブカルチャー反戦論』を読む:

« 深沢七郎「楢山節考」、押尾コータローとSPA! | Main | 新宿と言うローカルな話題、感染と人骨 »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)