Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 高津臣吾がセーブをあげた! | Main | Talking Movies »

2004.06.13

わかったわかったわかった

「わかったジャーナリズム」とはよくいったものだし・・・

辺境通信 Henkyo News
というサイトのページに投げてます。

佐世保の事件については多くのことを沢山の人がブログなどで書いていますね。4日には当人たちのHPは削除されてしまったらしいですね。すばやいですね。いまどきは。

「わかった」「判明した」の連発ですね。たすかに・・・。なにがわかったのか。なにをわかりたいのか。とりあえずなんだかわかったことにしておきたいのか。正直に「警察に教えてもらった」って書けばいいのにね、記者の人たち。

いろいろ「わかった」としても、心の奥の闇は永遠にわからないはずだ。

<<何もわからない。何もわからない。何もわからないで僕はいる。>>・・・『てんびんばかり』=河島英五

とりあえず誰もが皆わかりやすい答えを欲しがるんだよね。こういうときは。人間って、人権とか社会とか宇宙とか報道とかそういうことばっかり考えて生きているわけじゃないし、とりあえず自分の生活さえ快適であればいいかっって言うところがあって・・・今の日本の世の中っていうのは大体が基本的には生きてはいけてしまう

人間と言うのはきっと生きていけてしまうとそれでとりあえず満足してしまうんだろうな。

<わからない>っていうことに耐えられないといけないと最近思うようになった。子供を教える職業について20年。<わからない>状況に耐えつつ、しかも探究心を失わずに世の中にアクセスすることができるオープンな心をもち続けるにはどうすればよいか?そういう事への答えをなんとか子供たちに伝えたいという気持ちになりつつある。

「バカの壁」が流行ったけど、私はあれよりも、橋本治さんの「わからないという方法」がお勧めだと思う。両方とも一種のビジネス本として受け止められているようだ。「バカの壁」はあっちゅーまに読めてしまって二度と読もうと思わない本だと思うが、後者はなんどか味わって読んでみたい本だと思った。

わかったわかったわかった、その言葉を聞けば聞くほど、わからなくなる。

« 高津臣吾がセーブをあげた! | Main | Talking Movies »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

橋本さんの書名を入れたらオートトラバがとんできた。申し訳ない。全くその本について何かを詳しく書いたわけでもなんでもないのだが。
白状すると、「バカの壁」も読もうと思って借りようと思っていたのだが、随分長い間借りれなくて、やっと今日その本を開いたのだった。とかいいながら、いい加減なこと書いてますね。
大体予想通りの内容でスイスイ読めてしまうってのがよく売れた理由ですね。この"壁"ってやつは。

大雑把に言うと大体同じ事を言ってますね。橋本さんも養老ちぇんちぇいも。決定論的因果論みたいなのから解放されて、自分の頭で考えないとアカン。ってことだろうか。そいえば、養老さんが、どっか別の本で、橋本治の「宗教なんかこわくない!」のことを薦めていたよなあ。そいえば。

21世紀ニッポンの<啓蒙思想>なんだろう。ミヤダイとかも含めて。この本体発言記事でも書いているけど、最近のニッポン人は、頭を使って考えるってことをしなくなっているし、それは実はすごく自然な流れでもあって・・・だってナントカナッチマウんだものね。特になああーーーんにも考えていなくたって。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/763387

Listed below are links to weblogs that reference わかったわかったわかった:

» 【書名】 「わからない」という方法 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 「わからない」という方法 [集英社 2001/04/22] この本の要約 ↑関連情報 「わからな... [Read More]

« 高津臣吾がセーブをあげた! | Main | Talking Movies »

無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)