Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 復興の詩ファイナル、関テレで放映、ピカピカ光る | Main | 暴飲暴食日記はメモのまま放置、小此木先生、精神分析 »

2004.06.09

人生を肯定するもの、それが音楽だと思う

小室さんの新書名。小室さんと言っても、TMネットワークとかトモちゃんをプロデュースしていたあの大金持ちの小室さんではなくて、古くからいた小室さん。木枯らし紋次郎のテーマ曲をたしか作曲だかしていた、六文銭のあの小室さんの方です。岩波新書。まだ買っても読んでも、手にとってもいないのに、一応タイトルが気に入ったので記事とすることとした。

小室さんといえば、私が思い出すのは、むかああしやっていた多分70年代最後か80年代最初の頃のテレビ番組で「LIVE G」という音楽番組があったこと。そこで、河島英五と浜田省吾が共演していた。同じ舞台で一緒に歌ったとかそういうのではなかったけど、同じスタジオで同じ回にゲストで出ていたのだった。その頃はハマショーはそんなに知らなかったからあとから考えるとすごくもったいない気がする。もう少し気を入れてその番組を最初から最後まで目を皿にして耳を大型耳にして聞けばよかった。記憶がかすか。
英五さんは、確か「仁醒」を出した直後だったかで「仁醒」を歌っていた。あとはなんだったか覚えてない。浜田省吾はなんだっけなあ?多分。「風を感じて」とか「ホーム・バウンド」の中の曲だったか?だとすれば80年になってからの番組だったかなあ?今度調べてみるか。TBSチャンネルとかで再放送しないかな?

「仁醒」っていう歌は何度かテレビで見ているけど・・・ミュージックフェアとNHKの番組とこの番組の3回ははっきりと記憶がある。ミュージックフェアでは・・・、そのときの司会は南田さんとその旦那さんのご夫妻だったかな。

小室さんのこの書籍。半年くらいしたらブックオフで探してみるかなあ。

追記(6月10日時の記念日?==穴巻的鼻毛記念日・・・漢字で書くなってば・・・)
押尾コータローさんが、小室さん作曲、和田夏十さん作詞の「誰かが風の中で」を発表されているらしいことがわかったので、付記しておきます。トラックバックはそちら関連。河島英五さんがこの歌をカバーしたのは1991年。発売は2月21日であることが、某英五データベースページからはわかる。まだそのころはCBSソニーだったのか。ソニーレコードという形にかわる前の最後のシングルだったのかあ。ちなみにテレビ時代劇のテーマ曲になりましたね。そのときの紋次郎は中村敦夫さんではなくて、岩城さんでしたか?

« 復興の詩ファイナル、関テレで放映、ピカピカ光る | Main | 暴飲暴食日記はメモのまま放置、小此木先生、精神分析 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

@@@六文銭のあの小室さん
正確に言うと、ちょっと違うのかな?
小室等と六文銭
というネームがでているわけだから・・・各種楽曲に。

「誰かが風の中で」というのが木枯らし紋次郎のテーマ曲になった歌です。只今スカパーにて絶賛放送中でして、ここ1年くらい、癖になって見てます。何度も繰り返し見ている。

河島英五さんもカバーしていました。シングルカットしたんだっけ。

で、検索してみたら、押尾コータローさんもインストルメントタルな形でカバーしているんですね。聞いてみたいな。
ということで、本体記事のトラックバックする先を見つけました。

先?
元?
pingってなに?針?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/739959

Listed below are links to weblogs that reference 人生を肯定するもの、それが音楽だと思う:

« 復興の詩ファイナル、関テレで放映、ピカピカ光る | Main | 暴飲暴食日記はメモのまま放置、小此木先生、精神分析 »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)