Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« ひとりごと | Main | 人生を肯定するもの、それが音楽だと思う »

2004.06.07

復興の詩ファイナル、関テレで放映、ピカピカ光る

6月6日、
オーメンの日?
D-day?
ドバドバ大チャットの日?
虫歯週間の三日目?

会社もいろいろ社員もいろいろっていったのは亡国の某首相だが・・・

そう、6月6日といっても、いろいろあるけれど、この世で一匹、平面ガエルのピョン吉様は、根性根性ど根性・・・

じゃなくて

6月6日は、去る4月25日==よおおおおおふっこう
に行われた復興の詩ファイナルが放映された日でした。残念ながら関西エリア限定でしたが・・・

まだ私は見てないのですが、情報に拠れば、残念なことに、私の大好きな谷和彦様の「よぼよぼじいさん」という英五ナンバーはカットされていたということです。悲しい哉。でもたくさん谷さんのかっこいい映像は映っていた。

「100年たったら」とか流れなかったのかな?

先日、・・・私事ながら・・・、親族の葬儀において流した曲でもある。お葬式ソングとしては定番といってもいい歌詞の内容です。河島ファミリー+スロートレインで歌ったんだけど、流れなかったのかな?

たしかに、「ボレロ」は流れて欲しかったな。

DVDで発売しないかな?復興の詩10年の記録!とかなんとか・・・
いろいろ権利の問題が大変だけど。そういうのって。

やっぱり、ゆくゆくは・・・究極の理想としては・・・英五トリビュートアルバムだなあ。そこに谷さんの歌う「よぼよぼじいさん」とか「子供ならもっと高い山に登りたがるはずさ」とかそういうのが入るのが理想だなあ。

それより、実は今一番気になっているのは、三代目魚武さんの出す英五さんカバー曲。
ぜたーーーーーい買うぞ!

最後にもう一つ。
アナム&マキが歌う歌でまだCDになっていない曲が昨日の放送で流れました。
『ピカピカ光る』という歌。
世界のこと、戦争のこと、歴史のこと、・・・さまざまなことを考えさせられる歌詞です。
(多分、直近ではイラク戦争のことについてのイメージを想起します。イラクボディーカウントによれば1万人以上の市民が既に殺されている。)

今回の復興の詩では、エンディングに英五さんの「てんびんばかり」が流れました。
CDなどで手に入るものとは少し違った歌詞の内容の「てんびんばかり」でした。

<人には人の悲しみさえも自分のものにする力があるのだろう>
<人には人の悲しみに知らんぷりをする力があるのだろう>

こういう内容の歌詞(記憶が曖昧なもので一字一句同じではないかもしれませんが)があります。ピカピカ光るの歌詞を最近かみしめながら聴くと、英五さんのここの歌詞につながりがあると思うようになりました。世界情勢とか政治とか経済とか地球環境とか・・・大文字の言葉、大きな世界に対して想像力を失わず、現実を直視して、もしもそれが仮に絶望的な「闇」だったとしても、希望をもって前向きに努力して社会と関わり、世界と格闘して生きていく!

生きていくとはそういうことだ!

「てんびんばかり」を聴く度に思い起こすのはそういうポジティブなメッセージだと思う。

どなたかの書き込みに「ピカピカ光る」→「てんびんばかり」という連想をしたという内容があったが、それは言葉の解釈としては非常に的を射ていると思った。

次のアルバムには入るのかな?
ピカピカ?
今から勝手に予約する私。まだ制作されてもいないのだが、ゆうまでもなく、買うぞ!3枚くらいは買うかな。

« ひとりごと | Main | 人生を肯定するもの、それが音楽だと思う »

アナム&マキ」カテゴリの記事

英五」カテゴリの記事

谷和彦」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

奇しくも同じく6月6日、東京では、環境省の主催するエコライブフェア2004にてアナマキの無料ライブがありました。久々にアナマキさんたちのライブを生鑑賞して参りました。

1、泣きっ面に蜂
2、つつじ
3、掌 or 手のひら? (仮タイトル)(マキさんの曲と思われます)
4、月の花まつり
5、ファイト!

初めてアナマキを見たような人が半分以上はいるのではないか?と思われる状況で、確実で安定したパフォーマンスを見せてくれました。
特に月花とファイト!のところは、通りすがりで見た人はきっとゾクゾク・・・もしくはハッと来たのではないかな。すごくよかった。穴様少し歌詞が飛んでいたけど、、、それは蛇足です。「つきとばした女」がどっか行ってしまっていたようだす。

てのひらという歌は初めて聴きました。めくるめく巻ちゃんワールドだと思いました。私にとってはとってもツボに来るような歌詞でありリズム感でありボーカルであり・・・巻さん大好きです。巻ファンです。また別の箇所でも書くことになるですが・・・とりあえずコメントということで。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/729053

Listed below are links to weblogs that reference 復興の詩ファイナル、関テレで放映、ピカピカ光る:

» それぞれの気持ち。 [■□■あなまきうるぶろぐ■□■]
日曜日から、ずっとグルグルと頭の中を巡っている思いがある。 「手のひら(仮)」という曲を聴いてから、ずっと考えている。 「ピカピカ光る」を初めて聴いた時にも... [Read More]

» 復興の詩 [++ 我楽多 ++]
関西で放送された、「4月25日 復興の詩vol.10」を 友達にお願いして、やっと見ることができた。 最後に思わずもらい泣きしてしまいました。 存... [Read More]

« ひとりごと | Main | 人生を肯定するもの、それが音楽だと思う »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)