Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004

2004.04.28

復興の詩10、てんびんばかり、幻のビデオ作品

復興の詩10参加しました。
最後の最後に「てんびんばかり」でフィナーレというのは・・・やってくれるよなあ。
全く予想外の展開でした。
いろいろ細かくアーティスト別に書こうかと思いましたが、今回はやめます。

てんびんばかり
アンコールが終わって最後の最後にスクリーンが下りてきて、ラクダの絵を色紙に書くシーンから始まる歌。てんびんばかり。英五さんにとってはほとんどライフワークのような作品でしたね。
あの映像は1985年2月10日の新宿ルイードにおけるライブの模様を納めたものだったかと記憶している。
昔ビデオ化された作品からの映写でした。たまたまですがあのビデオは持っていたので、あの最初のラクダの絵からすぐにわかった。あの歌詞はあのビデオでしか味わえない歌詞でした。「てんびんばかり」という歌は演じられるたびにどんどん歌詞がかわっていった歌でした。

あの音源(映像?)の「てんびんばかり」の歌詞の特徴がひとつあります。

<何もわからない 何もわからない 何もわからない でも 僕はいる>
という風に歌っています。
「何もわからないでも」なのか「何もわからない でも」なのかは不明ですが。なんせ歌詞カードが存在するようなCD音源ではありませんでしたし。この「でも」という歌詞は他の機会にはあまり聞いたことがない歌詞でした。

たった一つの助詞?接続詞?に拘るというところが、私の場合は一種の職業病なのかもしれませんが、この<でも>って深く考えると重要な違いですよね。

今回「てんびんばかり」をはじめて聴いた人にはきっとあの歌詞はとってもショッキングだったのではないだろうか?

今、フツーに、出回っているCDとかをいくら探してもあの歌詞の「てんびんばかり」は存在しませんし。たった一回きりの体験になってしまうのかもしれないですね。

ピカピカ光る→てんびんばかり
という繋がりを私は感じました。私は少なくとも。
そして、冒頭のイルカさんのコメントも共感しました。
今この世界で起きていることを英五さんだったら何てゆっただろうか?どういう歌に託しただろうか?きっと何かを歌わずにはおれなかっただろうし。

英五さんだったらどういうふうに?
って、ずっと考え続けるんだろうなあ、この僕も、この先ずっと。


2004.04.24

新宿発奈良行ケイビーバス車中

朝奈良に着きます。疲れているが、寝れるだろうか?
明日は奈良町から神戸へ、ハードスケジュール。
十輪院で英五さんに挨拶してからTTCの場所だけ確認して神戸へ。

ねれるかなあ?

谷和彦さんの歌を聞きたい

りらごーとは元来谷さんの衝撃話題沸騰曲のタイトルに由来します

明日は復興の詩で谷さんの歌をきけそうです。
何をカバーするのかが楽しみです。

2004.04.23

復興の詩10参加前前夜

いよいよ明後日が復興の詩10。
これから先発組を見送りに新宿京王プラザホテルのところまで・・・
私は明日仕事を終えてから土曜夜出発日曜朝奈良到着。
奈良で多くの人と旧友再会してならまちを歩いて、神戸に向かう。
神戸で昼飯を会食して、会場に入り、いつものことながら、トレーナーかTシャツを買ってその場で着替えてスタッフに成りすまして(嘘)・・・そんなことは不可能です・・・
イベントが終わってからは、英五ファンの有志イベントにも顔を出して・・・アナマキウルフ隊長の勇姿を・・・
十二分に楽しむために・・・今年こそバスの中で熟睡したいです。

2004年4月25日=復興の詩10=ファイナル
英五さんよ永遠に!
勝手に副題をつける私

参加するのだ!

2004.04.21

復興の詩を振り返りつついろいろ呟く

復興の詩、故人となった河島英五さんが立ち上げた、阪神大震災復興義捐イベント。今年で9年目で10回目。10回目までやるぞという遺志をついで、あみるさん、あなむさん、しょうまさん、スロートレイン[バンド、事務所]、FJS、FJO、FJJ、・・・その他みなみなみなさまの努力でいよいよ最後のフィナーレが・・・。

本日バスチケットをおさえました。
いよいよ土曜日の夜にはバスに乗り込む私。今年こそ眠れるのか?

最近ふと気が付いた、くだらなジンクス。

山崎まさよしさんが復興の詩に参加する年は、スワローズが優勝している年だった。ということは今年もスワローズ優勝なのか?
97年→復興の詩3
01年→追悼復興の詩7
そして今年もまさよしさんが3回目の出演。

こんなことに気が付くのはきっと世界中で俺しかいないから俺が書くしかない。
97年って自分的にも非常に思い出深い年でした。ネットの知人が爆発的に増えた年。自分の事務所教室を立ち上げて慶真塾という名前を命名した年。慶真塾という名前ができた頃の、塾事務所教室の窓ガラスには、まだカーテンを購入していなくて、外からの視線を隠すために、当時、ハツケーンしてはまっていた山崎まさよしのポスターが張ってあった。すごくトリビアルな記憶。掘り起こした今日。復興の詩フィナーレ4日前。

今回はカテゴリは日記・コラム・呟きとした。複数カテゴリって可能だっけ?心具って。

穴と巻久々更新、野球はまだキホンが更新されてない、オモニα

穴と巻を久々に更新。
復興の詩10に備えての激しく更新モードに入りたい。
プロ野球いよいよ酣・・・
でもまだ神宮にデビューしてない今シーズン。
オープン戦は見に行ったのだが。公式戦はまだ。

野球のキホンてきなところを更新してなかった。
伊藤智仁ページと土橋勝征ページ。
トモの引退セレモニーの写真をアップしないと。
(ToT)/~~~

さらばともよ~
このまえチャールズブロンソンとアランドロンが出ている映画見たなあ。スカパーで。

今日紹介するのは品川青横東品川地区の超有名焼肉店。ドバドバは常連です。毎月20、21日はオモニの日です。よろしこ。

焼き肉オモニα

2004.04.20

英五さんゆかりの店とラストライブというアルバムについての紹介

秀ボーさんによる英五さんゆかりの店紹介
「河島英五Last Live~今日は本当にありがとう」についての紹介文にもなっているのでここでリンクさせていただきます。他の話題でもとっても話題豊富のサイトになっています。秀ボーさん。

今度の日曜日=4月25日に私は東京からバスに乗って奈良にゆきます。奈良でならまちを散策して英五さん縁の店を見学(当日は休業ですので)してから、神戸に向かい、今年で十年目になる「復興の詩10」に参加します。

以前にも一度話題にしていますのでそちらの記事も見てください。

今年は山崎まさよしが、通算三回目でゲストで来ることになっている為か?、最後の最後の復興の詩だからなのか?それもあいまってなのか?チケットが発売直後に完売になっています。2001年の追悼復興の詩以来、2度目の完売のため、当日はホールが超満員となることでしょう。楽しみです。

某巨大掲示板の話の流れでは、いざ開演で幕が上がる段階から、英五コールがこだますることになるのでしょうか?

復興の詩がフィナーレを迎えた後にも、英五ファン有志によるイベントが控えていて、そちらにも顔を出す予定。

この前の「日曜日のそれ」で電話出演していたらしい河島翔馬(英五さんの長男)さんがギターをかき鳴らして歌うシーン。それも今から楽しみです。きっと最後の最後の復興の詩ステージを最後に盛り上げまくって〆てくれることでしょう。

翔馬さん、期待しています。

2004.04.19

英五ファンを分類する

河島英五のファンを分類してみる。
トラックバックの実験も兼ねての発言。内容はむりくりなところあります。
コメント大希望。

<活動側面による分類>
1、純粋に歌手としての英五さんのファン
2、俳優河島英五ファン
3、復興の詩など数々の社会活動に積極的なアーティストとしての英五さんのファン
4、テレビタレントとしての幅広い活動(旅番組・カヌーやモータースポーツ系やその他多数)をしていた英五さんのファン
5、関西人、大阪人代表としての英五さんのファン

関西ではメディアの露出もわりと多かったようですね。残念ながら関東在住の私はあまり見る機会がなかったですが。あるいは中部北陸東海地方でのNHKでも番組をもっていましたね。現在再放送しているらしいですが、中部地方に知人がいない為に誰かに頼むこともできませんが。

4月18日のJOLF「日曜日のそれ」聞き逃してしまった。英五特集だったのに。翔馬くんが出たらしいのに。ダイシツパイ。

3人の人質たたき

キタチョーセン報道の異様さもさることながら、ここ数日のニッポンのメディアによるバッシングは度が過ぎていてキモいものがある。
「テロ」とか「テロリスト」という言葉づかいだって、最近は使い方を間違えているのではないかと思われる用例が多数あり。国際ニュースを英語で見ている印象と、日本語メディアでの今回の一連の事件のとらわれ方掴まれ方って随分と違う。
小泉とパウエルの言葉の力量の差にも彼我の差を感じる。
小泉首相はなんとみみっちいことを言うのか。政府部内でも「自己責任」を論拠に非難している人がいるようだ。
メディアでも、例によって『週刊新潮』、今週の中吊り見出し。いろいろクレームがついたようだ。そりゃそうだ。あの見出し紙面も気持ちが悪い。どうにかならんのかねえ。まあ、社会の膿みたいなものだよなあ。今日のトースポも夕刊フジもどっちも一面のネタはバッシングだった。
いろいろ穿った見方をしがちだが、今回の人質解放に最も役立ったのは、日本がアラブ諸国でこれまで手を汚してこなかったという<歴史>にあるのであって、それ以上でもそれ以下でもないのではないか。

パウエルの言葉を引いておく。

「彼らは自ら危険を引き受けているのです。ですから、私は日本の国民が進んで、良い目的のために身を呈したことをうれしく思います。日本人は自ら行動した国民がいることを誇りに思うべきです。また、イラクに自衛隊を派遣したことも誇りに思うべきです。彼らは自ら危険を引き受けているのです。たとえ彼らが危険を冒したために人質になっても、それを責めてよいわけではありません。私たちには安全回復のため、全力を尽くし、それに深い配慮を払う義務があるのです。彼らは私たちの友人であり、隣人であり、仲間なのです。」

2004.04.17

暴飲暴食日記更新大量、いろいろ更新、ソンミ

ソンミ村

今回のイラク情勢を某氏とネット上で情報をやりとりしていてベトナム戦争についてのページを発見したのでリンクしておきます。

リンクしたのは吉川勇一さんのHPのコンテンツです。

暴飲暴食日記を4月半ばまで一挙に更新しました。3月末には毎年恒例の親孝行温泉旅行に行ってきました。生まれてはじめての草津の湯。ただ寝ているだけで気力がなかったのでほとんど観光らしきはできなかった。

野球系も少しだけ更新。

穴巻系は全く更新できず。復興までには一度更新しないと。

2004.04.09

さらばウワシン

オカドメさん、お疲れ様でした。
沖縄行っちゃうのかあ・・・一度ゴールデン街とかでバッタリ会ってみたかったなあ。
今週の水曜日のニュスシソ=ニュースの深層(→ファンMLやってます、勝手に探して入ってください)で、みやてっちゃんの回に出てたなあ。前にも一回どっかの曜日で出てたけど、おんなじ曜日だったっけか?
ウワシンなくなっちゃうのはさびしいなあ、正直いって。
そんなにディープな読者ではなかったけど、ある種の安心感があったよ、確かに。ウワシンがあるんだからまだ言論は自由だなんてあまちゃんなことを考えていたところもある。

だって・・・

スキャンダルマガジンが週刊新潮とか週刊文春とか、、、あとは・・・ブブカとかそういうのだけになっちゃったら、、、ちょっとねえ。今回なんとか文春の問題はいい方向で解決したのかも知らんが・・。メディアの不自由度はもう絶望的だものなあ。でも、不自由だって思うこと、そう結論してしまうことが実は、不自由を是認して大状況に参加することを拒否している態度表明だから、安易に地下に潜るのは私は反対です。勝ち目がないわけじゃない。巻き込まれながらもまだまだがんばって逆転勝ちってことも考えておかないと。
新潮メディアとか文春メディアの酷さかげんってのもあるしね。たしかにね・・・。やっぱり反権力スキャンダルマガジンってのは誰か立ち上げてくれないとなあ。誰かがやってくれれば、、、っていう依存心がよくないよなあ。そもそも。

スキャンダリズムとヒューマンインタレスト

ミヤテツとオカドメの会話はなかなか面白かったですね。太りすぎ←若手文化人はなぜデブが多いのか?←あれは確かにいい切り口だったよなあ←おれもデブだしなあ別に文化人じゃないけどさ←なんでヲタクはデブなのか?

ま、残り、代わりに期待する雑誌は・・・どこだろ?
少なくとも財布的に考えて、ウワシン買う代わりに買う雑誌・・・そうさな、、、ダカーポとかサイゾーとかSPA!とかそういうのか?でも・・どれをとっても物足りないなあ。「創」はなんだかいつ買ってもあんまりネタが豊富でないしなあ。

とりあえず、ダカーポとかに期待するしかないかね、、、噂のダカーポ買っちゃったし・・・魚住さんのコラムはいいと思うし。ところで、辺見庸さん、平気なんだろうか?この前たおれたとか・・・?ウワシン休刊号にいろいろ書いてたな?「敵前逃亡」だとか。

メモ。
田原=筑紫=宮哲
久米さんがいなくなって、噂の真相がいなくなって・・・次は誰がいなくなるんだろう?

2004.04.05

久々更新、暴飲暴食はまだだが

春の温泉旅行から帰ってきて、塾はいよいよ春補習。
野球の開幕にあわせて、野球関連コンテンツをちょこっと更新。
暴飲暴食はまだ。

チェリーフレンド

増殖するブロガーたち。このサイトはまだまだ超若いお友達のサイトです。応援しています。
皆様方、ぜひカキコしてあげてください。バラエティに富んでいます。

« March 2004 | Main | May 2004 »

無料ブログはココログ
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)