Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« レム睡眠はRapid_Eye_Moving_SleepingのREM | Main | ブレアとブッシュがノーベル平和賞?ノミネート? »

2004.03.02

死刑制度、オウム裁判に思うこと

死刑制度を安直に肯定する人間ってのはたいてい思想的基盤の貧弱さが見え透いてみる。国家とか権力とか制度とかををカッコの中に入れた死刑制度論議は全く価値がない。幼稚園児レベル。要するにそういう人って個人的にすっきりしたいだけでニュースを見ている人。そういう人は選挙権剥奪して公民権停止して殖民星におくって強制労働でいいと思うなあ。おれが専制君主だったら。がはは・・・

戦後、日本で死刑執行された人たちの中に、確実に無罪だった人間がいるって知っているか?
退官した最高裁の裁判官だったか??が実際にそういうことを述べたらしい。もうすでに亡くなった人だったが。
(上記項目要調査)

麻原なにがしの死刑をきっかけに死刑制度を擁護するような言論ってのはチープでインスタントで安直だとわしは思う。<民主主義のためにはアメリカ軍はイラク人を何人殺したっていい>という理屈と同根だ。国家による殺人でしょ。死刑も戦争犯罪も。

100万人の虐殺よりは10万人の虐殺のほうがまだましか!

まあ、世の中とか政治とか国際情勢とか人権とか年金とか・・そいう社会科の中で習ったような言葉たちはみんな単なる冗談くらいに受け止めていいのか?ほんとか?

そんなこんなで・・・
麻原裁判を楽しんじゃっている私たちたちはローマ帝国末期の殺し合いを楽しむ民衆と同じだってことか。

« レム睡眠はRapid_Eye_Moving_SleepingのREM | Main | ブレアとブッシュがノーベル平和賞?ノミネート? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

死刑制度を安直に否定する人間ってのもどうかと思うがなぁ。
肯定するにしろ否定するにしろ、「命」の話だから、安易な判断はすべきじゃない。真摯に考え、悩んだ末の決断ならそれが肯定でも否定でも重視すべきと思うがいかがか。

おおおコメントだあああ。うれしいな。そうそう真摯な悩みを共有できるような共同性を保てるかという問題であると確かに思う。結論はどうあれというところはあるでしょう。確かに。

ここのところ、さまざまなことに感じるのはどうしようもない「安直さ」。なににしろ。俗に言う「90パーセント現象」とかいうやつ。少年法論議とかの安直さ。厳罰にすればすべてが解決か?ただそれだけでいいのか?それは思考停止ではないのか?

私自身は安直な否定をしているつもりはないし、よく読んでいただければ実は話の展開が矛盾含みになっていることに気がつくはず。

社会制度、社会システムについての論議にアクチュアルな関心を抱き続けられる基盤が失われているのではないかという危惧。自意識に悩むやつほど社会性がないという状況。前提が失われつつある(?)中でどのように共同性の前提を確保するのか(?)という問題。

結局この世は生きているものの為にあるのだというのがこういう話の最後に思うこと。政治制度の問題をシステムの問題をどれだけ自分自身、われわれ自身の命の問題に結びつけて考えられるか?

でもいいのか?
誰もがみな制度について考える必要などないのか?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/254190

Listed below are links to weblogs that reference 死刑制度、オウム裁判に思うこと:

« レム睡眠はRapid_Eye_Moving_SleepingのREM | Main | ブレアとブッシュがノーベル平和賞?ノミネート? »

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)