Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« February 2004 | Main | April 2004 »

March 2004

2004.03.16

宮台真司、誕生日が同じなのね

宮台真司のブログを久々に読みに行った。当然既にリンク済みのページではあるし要注意人物リンクにも真っ先に入れたのだが。今まで気がつかなかった。不思議な繋がりとか縁を感じる。全く不合理かつあやしげな感覚ではあるが、、、こういう物言いは。なんだ、宮台ちぇんちぇって私と同じ誕生日だったんだあ。不思議だ。もしも同じ大学に行っていたら同じ学科に行っていた可能性は大きいんだけど。とかいいつつ、仮にギリギリで合格していたとしても、仮定法過去、進学振り分けみたいなので落とされていたのだろうか?だろうかなあ。確か宮台ちぇんちぇは大学んときはきっとみんせいだったんかな?じゃ、ちょこっとそこは違うのかなあ。

しかし不思議だ。今まで気がつかなかったのも不思議だし。

宮台を語っていると、どうも宮崎哲弥の目線になってしまうなあ。あやしき交通整理屋っていうのは言いえて妙だなあ。立ち回りがうまいよな、いろいろな意味で。みやてっちゃん。M2もセカンドが出たとか出ないとか。買って読まなきゃ。いや・・・セカンドハンドかな?


気になる若手論壇人

ということで、二人について、しっかり纏めている記事をはつけーーん。ニュースの深層の水曜日は最近欠かさず見ているに近い。今一番面白いニュース番組は『ニュースの深層』でしょう。略して ニューシン ? ニューシソ? ニュスシソ?
月曜日から金曜日までそれぞれ非常に個性のある守備範囲の広い番組だこと。

2004.03.14

久々に暴飲暴食日記を大幅更新

やっと確定申告書類も書き終わり、仕事のめどもつき、塾も受験も期末試験もおわり。のんびり春休みモード。
やっとのことで2月の暴飲暴食総額を計数してみた。
し1月2月は内容が薄い。途中のことがほとんど省略されていて主な金額だけの記述。あんましすかすかなので面白くない。3月以降はいろいろごたごた関係ないことも書くつもり。BLOGも更新しなきゃ。なにより本体のドバドバHPをもっと充実しないといけない。

生徒のブログを紹介。


黒づくめの偽善者の黒偽妄言斯く語りき

2004.03.07

サエキケンゾー、PSY・S、元気出してゆこう

サエキケンゾーさんのHP。まだリニューアルしたばっかりのHP。
昔、サエキさんのFMの番組を演出していた構成作家のIR君はいまやどこにいったんだろう?
元気だろうか?
私の方が引っ越してしまってから連絡をとっていないなあ。
まだ音楽とかのライターみたいなことをやっているんだろうか?

サエキさんの歌詞が好きな私。
サイズ=PSY・Sの中の特にアレとかアレとかが好きだ。
今度楽曲名も思い出し思い出し書くのだ。
特にどれがすきかってベスト5くらいつくろうかな。

サイズねたのコンテンツも作らないと。

英五つながりでもあるし。
なぜなら、ラストライブに収録されている「元気だしてゆこう」はチャカさんがゲストで来られたときの音源ですし。

ブレアとブッシュがノーベル平和賞?ノミネート?

ブッシュとブレアのコンビがノーベル平和賞にノミネートされていたらしい。どういうことだろうか?そういうことだろうか?まさか受賞はしなくてもとりあえずノミネートするのか?平和賞はノルウェーの方で決めていてアメリカの影響を受けやすいとか。しかしシュールな話だと思いませんか?
イラクで一万人以上民間人を殺していることはここではゼロカウントなんだろう。
1万人殺しても100万人を救ったのだという理屈。
10万人虐殺する方が100万人虐殺するよりも平和に近い。
人間の数を不等式で判断する。至極合理的な考え方だ。
ナチスの強制収容所でも収容所の人間=人体=bodyから石鹸を作って合理的にリサイクルするということをしたとか。人体から作る石鹸を合理的に計算する。
至極合理的だ。
権力は麻薬みたいなものか?機関車の機関車室にのった人間が機関車の行き先を決めているのか?レールが最初から方向を指示しているのか?機関車室の人間は燃料をただくべるだけの人間か?

受け止めるにはあまりに重過ぎるニュースか?素直には受け止められない。このニュースを素直に受け止めて素直にノミネートを祝福できる人間ってどのくらいいるんだろうか?

2004.03.02

死刑制度、オウム裁判に思うこと

死刑制度を安直に肯定する人間ってのはたいてい思想的基盤の貧弱さが見え透いてみる。国家とか権力とか制度とかををカッコの中に入れた死刑制度論議は全く価値がない。幼稚園児レベル。要するにそういう人って個人的にすっきりしたいだけでニュースを見ている人。そういう人は選挙権剥奪して公民権停止して殖民星におくって強制労働でいいと思うなあ。おれが専制君主だったら。がはは・・・

戦後、日本で死刑執行された人たちの中に、確実に無罪だった人間がいるって知っているか?
退官した最高裁の裁判官だったか??が実際にそういうことを述べたらしい。もうすでに亡くなった人だったが。
(上記項目要調査)

麻原なにがしの死刑をきっかけに死刑制度を擁護するような言論ってのはチープでインスタントで安直だとわしは思う。<民主主義のためにはアメリカ軍はイラク人を何人殺したっていい>という理屈と同根だ。国家による殺人でしょ。死刑も戦争犯罪も。

100万人の虐殺よりは10万人の虐殺のほうがまだましか!

まあ、世の中とか政治とか国際情勢とか人権とか年金とか・・そいう社会科の中で習ったような言葉たちはみんな単なる冗談くらいに受け止めていいのか?ほんとか?

そんなこんなで・・・
麻原裁判を楽しんじゃっている私たちたちはローマ帝国末期の殺し合いを楽しむ民衆と同じだってことか。

« February 2004 | Main | April 2004 »

無料ブログはココログ
December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)