Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« December 2003 | Main | February 2004 »

January 2004

2004.01.28

宮台と江川と教育

ザッツジャパン連続シンポジウム:教育「真」論:最終回

宮台真司と江川達也とのコラボレーション。
新宿でやるんだけど、土曜日かあ・・・いけないなあ。
誰か私の代わりに行ってきて欲しいテーマだなあ。

日本の教育には教える「歴史」と、「歴史」を教える意味が欠落してきているという問題意識は共有できるものだし。日本という「国」のことを教えないできているというのもあたっている。欠落とか意味の喪失という現象だと思う。
そういう背景があるからこそ、小林よしのり『戦争論』だったり、2003年のニッポンのネオコンフィーバーみたいな現象が起きたんだろう。

大人の思考停止と子供の脱社会化という状況をどのようにとらえて、そこからのアクティブな方向性を語るのか?
そこが見所だし、江川達也の話ってのも一度きいてみたいと思っていたところだった。特に漫画をちゃんと愛読したとかそういうファンではないが、存在感を感じる作家だ。時代性と言ってもいいけど。

2004.01.26

わしら、なんで合衆国大統領選に投票できんの?

なんだか盛り上がってますね。毎度のことだけども。
アメリカの大統領選はお祭り騒ぎだからな。
ディーンはトップ走っていたのに、ケリーに抜かれたんだってね。もしも私がアメリカ国民だったら民主党のディーンを支持する若者と一緒にネットでお祭り騒ぎに加わるのだろうけど。
私が払っている税金でイラクに「出兵」しているわけだから私もアメリカ大統領選に投票できるのかと思ったけどそういうわけでもないらしい。アメリカ合衆国大使館に戦争反対でデモをやる人と同じ倒錯がここにはあるんだろうか?
宮台ドットコムをやっとリンクに入れた。まだまだリスト系はちゃんとやってないけどもいろいろもっと増やさないと。宮台の文章を久々に読んだ。音楽についての話題がコメントがたくさんあって盛り上がっていた。ミスチルやキングギドラのことが書いてあった。チャートの上位の音楽のあまりに・・・っていう文脈にはハゲドウではある。
そいや、合衆国大使館にデモをする反戦運動の倒錯については宮台も書いていたな。ゆってたのか?
別に悪くないんだけど、その前に、日本のこの国の政治を変えようというアクティブなことをせなあかんってことだよ。要するに。宮台とか宮崎てっちゃんとかの話をきいているとやっぱり結論・・・。丸山真男に戻ってしまうのか?日本に民主主義を根付かせるというテーマを背負っているように私にはきこえる。彼らの言い分。
こういうと、なんだかそれを相対化して、いや違う?
とかいう文脈かというとそうでなくて・・・ここでもやっぱりハゲドウ

2004.01.23

自衛隊かく戦えり

自衛隊かく戦えり

改めて投稿。一度トラブルがあったらしい。リンクしたのにゆけなくなっていたからなあ。
どういうことだったんだろう?

いよいよ本格的に「陸軍」が「出兵」だ。小泉首相は晴れ晴れとした表情で演説しているように見える。内政とか経済とかむちゃくちゃだから外交でしか点数を稼げないのか?

北方領土にも行くらしいし。そのうち北朝鮮にもいきなり行くのかな?

リンク集にもあとでいれておかないと。

2004.01.18

復興の詩チケット売れ行き好調

1月17日。阪神大震災から9年目。震災の年が1回目の復興の詩だったから、今年で10回目。ファイナル。最後最大最長のイベントとなるのだろう。結局おしておしてまた遅くなるのかな?去年の構成はすばらしかったと思う。また同じ方が構成されるのかな?

チケットが激しく売れている。ぴあが即日完売した。10年目にしてはじめての出来事だと思われる。すごひ。

今年は友人たちと一緒に6人で一緒に参加する。いまから楽しみです。一年にいっぺん復興の詩の為にこの9年間のあいだ生きてきた。というのは言い過ぎでもない。このイベントに参加することが私にとってとっても大事な区切りであった。毎年毎年。

今年は自分にとって不惑の年でもあるし一つの節目になることだろう。

これって、あんましこのコンテンツでは書かないことだけど、ここは更新日記WEB探訪日記だからして・・・

で、更新したのは例によって暴飲暴食やっとおいつく。しかし計数はまだまだ。新年バージョンにはなったがいろいろ不備があることを発見。少し今年からデザインを変えるつもり。
そのうち暴飲暴食もBLOG化しようかな、自分でBLOGを勉強して・・・
なんって・・・ゆうてるだけかな、また

穴マ木ファンのサイトを発見したのでリンクしてみる。結構面白い音楽日記になっていると思う。

ここ

2004.01.17

阪神大震災復興義捐コンサート、復興の詩10、河島英五

1995年1月17日の朝5時46分。
今から9年前の今日のこと。記憶をたどる。思い出してみる。朝ニュースを見ていた。阪神高速の映像。
どこでそのテレビを見ていたのかはもう既に記憶にない。とにかくテレビを見ていた。
震災とオウムの年。あとから振り返ることによって記憶が再構成される。正確な記憶からはむしろ遠ざかっていく。
なんども再構成を経ることによって。
今日は9年前の記憶を呼び起こそうといろいろとホームページを探索して読む。
失った子供の年齢を数えているページ。あれから何日経ったのかを自動的に計数しているページ。トップページで写真が揺れているページ。いろいろある震災のページ。

震災から9年目。震災直後の4月に大阪で始まった「復興の詩」。今年は9年目で10回目となる。河島英五はいなくなってしまったがその精神はFJSのみんなに受け継がれている。河島あみる委員長、穴巻、翔馬君。みんなが引き継いでいる。今年は最後の「復興の詩」。10回目が終わると「たどりついたらなけてくるだろう」となるんだろうか。

今年も17日に発売されるチケットをこれからチケットぴあでまとめて友人の分まで7人分を買うつもり。年に一回会う人たちと神戸で会う。英五さんとも会う。英五さんのバックバンド・スロートレインの人たちをステージでまとめて見ることができるのも、これで最後になるのかも知れない。もしもそうなるとしたら、これは私にとっては、そのことがとっても重みがある。

今年の復興の詩は10回目。4月25日。2時開場、3時開演。
<桂南光/原田伸郎/山崎まさよし/伊原剛志/三代目魚武濱田成夫/堀ちえみ/押尾コータロー/他>

他・・・という中には、当然ながら、河島あみる、アナム&マキ、河島翔馬、ザ・スロートレイン(野間義男、谷和彦、渡辺和栄、植木宏之、鮎川茂行、岡島直樹)が含まれるはずです。
お、忘れてはいけないFJSの皆様方。FJJの皆様方。そして私たちFJO。

2004.01.16

暴飲暴食日記を少しだけ更新、まだ年越せず、真珠会

暴飲暴食日記を更新したがまだ12月31日まで。計算もまだ。1月の半ばなのにまだ年越してない日記。ひこ日記に追いつかれないようにしないと・・・。なんつって。奇妙な対抗心。

アナマキ日記が最近随分更新している。更新が激しいとカウンターもよく進む。

ホムペ全体の解析としては、この時期復興の詩についての検索でドバドバHPに飛んでくる人がたくさんいる。アクセスアップの季節である。毎年のことだが。これも今年が最後なのか?最後なんだよな。

復興の詩で検索をかけるとドバドバHPには来れるようになっている。めったなことかけないなあ。なんつって。でも情報量の多さは自負がある。しかし整理されていないのも地震がある。それはマグニチュードの地震。地震ではなくて自信がある。整理できないっていうのは自分の部屋とか自分の机の上とか見ると・・・アイデンティティなんだなそれ自体が。

たゆたゆだからここはHP探訪でもあるコンテンツなのだが、今回は自腹を切るというか、身内のネタ。そろばん塾のホームページ。私の本名の姓名の名にあたる漢字はこの珠算塾の名前から来ている。私の由来。

珠算塾真珠会ホームページ

2004.01.10

新年初ブログ

新年はじめてのブログ。ついついサボりがちになっていた。
一年の初めから反省。

小泉首相の元旦靖国神社参拝には腹が立つ。アメリカだけが国際社会なのか?アジアで友人をもてないままでいいのか?元旦だったらきっと初詣で許してくれるだろうっていうのは・・・あまりに甘い見通し。かえって反発は強いはず。元旦というのは特別な意味合いの日であるから余計に刺激するに決まっているし・・・。国家百年の道を誤らんとする暴挙だと思う。台湾さえもかなりはっきりと非難しているではないかっ。

歴史忘却民族の恥を世界にさらし続けるのか?
公明党はこういうことを平気で許してしまえるのか?
何のための連立なんだ、いったい。

このまえ、「さざなみ通信」という日共の分派系?のホームページにおいて、週刊金曜日をして<新自由主義>と批判する文章を見つけた。たまたまネットをサーフィンしていて。
私はこういう週刊金曜日への批判は全くの倒錯であたらないと思う。何をもって<新自由主義>とゆっているのかが全く前後関係からもわからぬ文章だった。そもそも<新自由主義>というのは、はっきり言えるのは歴史観論争などで出てきた、小林よしのりだとか藤岡だとかの教科書攻撃と右翼歴史修正主義者のことをさす言葉ではないのか?

事実認知とか政治的な意味解釈の倒錯こそがファシズムの前提であり・・・週刊金曜日を共産党員が<新自由主義>として左?から攻撃するという構造は・・・ワイマール共和国においてドイツ共産党が社会民主党を攻撃したいわゆる社民主要打撃論とアナロジーを感じずにはいられない。

政治的な意味空間の崩壊と<左><右>軸のゆがみ、
いまだに「押し付け憲法」論によって日本国憲法を攻撃するアナクロな言説、
敗戦で傷ついて癒されずに60年経たんとするナショナリズムの暴発。

不気味だ。大変不気味な2004年の冒頭。悪夢ばかりの正月。

いろいろな流れに巻き込まれつつも、巻き返す現場の思想ってのがやっぱり今年も大事なのかなあ。

2004.01.06

アナマキコンテンツ初更新

復興の詩テンの情報をつかんだので穴と巻にアップ。
いよいよ6日には今年はつのアナマキ。
東京J-waveでのライブ。
聞き逃さないのだ!

2004.01.04

新年初更新、トップページに松飾り

新年初めての更新。暴飲暴食には手をつけられず。
穴と巻にFMのラジオ情報をアップしたのと、ドバドバトップに松飾りをつけた。こいう飾り物ジフを配置したのは初めてのこと。がしょーんはがちょーんの変形で賀正とガチョーンを掛けた掛詞。感動の中心はちょの後半にある。谷啓さん系の定型ギャグのような日本語。意味不明。

さばひこさんの戦争反対画像は別箇所に避難。まだトップからリンクなしだが。

« December 2003 | Main | February 2004 »

無料ブログはココログ
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)