Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« ウェブログスタート | Main | 日本人のDNA »

2003.12.10

自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説

今日はめずらしく「やじうまワイド」を見た。といっても地上電波ではなくて、ニュースターの再放送。
新聞の社説を比較論評していた。
大谷さんと勝谷誠彦さんが出てた。
あとはテレ朝のみたぞのさんも出てたか、あのNSで国会からレポートしていたひと。

勝谷さんはあくまで朝日が嫌いみたいで、朝日の社説に突っ込んでいた。
突っ込みどころは鋭いと思った。

ときどきすっとんきょうでぼけたこともぶちかますところがあるんだが・・・この人。

「ここでは米英の開戦の大義は問うまい」というところは確かにちょっと腰抜けだ。朝日。

私は駅売りで久々に朝日新聞を手にした。
もうここ10年以上も新聞を購読するという習慣がないので、ごくたまああああーに駅売りで東京とか朝日とかを買う。読売とか産経は寄付するのもやなので買わない。

勝谷さんの日記のHP
http://www.diary.ne.jp/user/31174/

大義なき戦争に出兵するな!
という論法は確かに強い。
加藤紘一も小林よしのりも同じだ。そこは。

「大義があろうがなかろうが」
日本国憲法の精神を、世界に意味あるものとして生かそうと考えるなら、駄目なものは駄目。
私はそう思う。
良心的兵役拒否国家であるべき。

勝谷さん、たしかに言葉が強くてときどきすーっとすることも言うんだが・・・
時々やはり疑問なことも言う。評価は半々。
言葉の重さが感じられない。というのがある。

戦争の問題を重厚さと深みのある言葉で語っている筆頭は・・・文筆家では辺見庸さん。

« ウェブログスタート | Main | 日本人のDNA »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592/17629

Listed below are links to weblogs that reference 自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説:

« ウェブログスタート | Main | 日本人のDNA »

無料ブログはココログ
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)