Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« 暴飲暴食日記を更新→12月分に突入 | Main | 自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説 »

2003.12.02

ウェブログスタート

イラクで日本人の外交官が殺された。この国はこれを機会にどんどん「戦争の出来る国」になっていくのだろうか?
愛国的とはどういうことか?
日の丸に敬礼して君が代を斉唱するような学校教育が愛国者を産むのだろうか?
甚だしい疑問をおぼえる。
日の丸や君が代がアジア人を殺したわけではないとか、国旗や国歌が戦争犯罪を犯したわけではないとかいう人がいるけれど。もちろんそれはそうだ。しかし、国歌には歌詞があり、歌詞には意味を伴う。君が代の歌詞を天皇と切り離してとらえるなんてことは土台無理な話で、少なくとも第二次世界大戦後に新しくつくられたはずの「日本国」にはなじまないはず。
私はできればこの国を愛したいと思うし、問題になっている「心のノート」の

 国際社会の一員として、地球人の一人として、日本を愛することが、狭くて排他的な自国讃美であってはならない。この国を愛することが、世界を愛することにつながっていく。

・・・という一説は、私は悪くないと思う。いわゆる「左」側の人たちはここを攻撃するのだが。あえてこの部分は、正直に文意をとりさえすれば、とっても大事なこと、いいことが書かれていると思う。週刊金曜日の河合隼雄さんと森巣さんとの対論は必ずしも森巣さんの言葉が勝っていないと思う。週金の読者の中では少数派だろうが河合さんのゆっていることもよくわかる。

« 暴飲暴食日記を更新→12月分に突入 | Main | 自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウェブログスタート:

« 暴飲暴食日記を更新→12月分に突入 | Main | 自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説 »

無料ブログはココログ
April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)