Recent Trackbacks

お気に入りブログサイト

河島英五つながり楽曲集

  • LOVE SONG が 生まれるように
    Norman:
    河島英五バックバンド、スロートレインのギタリストであるNorman。Normanは私が高校生のときに始めて参加したときの英五コンサートにもマンドリンで参加していた。その20年後になって、つい最近、自分の小中学校の先輩であったことが判明した。去年の年末には忘年会でご一緒して少しだけ挨拶させていただいた。 YOSHIZUというSHIZUさんとのユニットではNormanのボーカルを楽しむことができる。この歌はNormanのホームページからダウンロードして聴くことができます。 (★★★★★)
  • ピカピカ光ル
    アナム&マキ: Qunai?

    イラク戦争についての反戦歌。英五さんに聞かせたかった。英五さんがまだ元気だったらいったい今の世界をどのように歌ったのだろうかということは、私もいつもいつも考えている。 英五さんの歌の中で、最もこの歌の歌詞で連想されるのは・・・「十二月の風にふかれて」<文明Ⅱ> 茜雲の空に泪ぐむのはなぜだろう? 生まれて暮らしてそれだけで生きているって呼べるだろうか? 2005・5・25『Qunai?』=4thアルバムに収録されました。アツガレコードより。アツガレコードでPVを視聴できます。(→今はできませんね。Youtubeで探してみてください。あります。) 2005年末もしくは2006年初に発売される予定(→これは御報です。スタジオライブDVDはPendingのまま2年の月日が・・・)のアナマキ初のライブベストアルバムにも収録されます。 生の「ファイト!」「ピカピカ光ル」「月の花まつり」はスタジオライブで間近で聴いたのですが・・・圧巻・・・超泪ものでした。泪ちょぎょぎれ・・・本当に泪を流してしまっている客もいました。素晴らしい生演奏でした。 (★★★★★)

mixiリンク

« November 2003 | Main | January 2004 »

December 2003

2003.12.25

リラゴーとはリラックスでGO!

そもそも
リラゴーとは何ぞや!
リラゴーとはリラックスでGO!(りらっくすでごー)という楽曲タイトルの省略語です。
私が作りました。この言葉。
谷和彦さんの楽曲です。
谷さんは河島英五バンドでアコギ&コーラスを担当していました。英五さん在りし日の河島英五コンサートでは谷和彦コーナーがあって・・・
ああ、あの頃がなつかしいなあ。
英五さんを失ってからもうはや3年が・・・もうすぐ・・・
来年が復興の詩=阪神大震災遺児支援10年目、ファイナルだし。
2004年4月25日
よおよお復興=4425と覚えましょう!

2003.12.23

週刊金曜日購読をやめた

http://www.tbs.co.jp/news23/index-j.html

週刊金曜日を創刊以来ずっと定期購読していた。3年購読すると一冊400円なのでずっと3年契約で更新していた。
今回やめたのは経済的な苦境の為。
今度から無料のものにシフトするようにする。でもって、このニュース23のサイトをリンクすることとすると。マイリストもこのテーマでひとつつくるかな?

<週刊金曜日のかわりに!>ということで・・・
週刊金曜日ホームページと23のページとあと週刊SPAとAERAと・・・
あとなんだろう。いろいろ雑誌とか情報源のページをリンクするか~

最近の私の信条は
テレビなんてテレビ欄みてればいいじゃないか!
雑誌なんて吊り広告だけで十分だし!
辞書なんて見出しさえあればいいじゃない!

なんでもかんでも見出し語をもってきて「リンクをはりかえる」
何が大事かは自分の脳味噌に吸収してからのリンクのはりめぐらしかたなのであって・・・
年をとればとるほどそういう方向にいくべきなのだ!
ほとんどこれは確信に近いものがある。

戦争が起きているのも世界が冗談みたいなのも
きっとこのオレの脳味噌を活性化させるためのフィクションに過ぎないのかもしれない。
そんなバーチャルリアリズム的なこともふと思う今日この頃。

北朝鮮の脅威をやたら煽ったりするだけで人気を稼ぐ政治家と
中国の経済成長を脅威の目で見るだけで恐れるだけのちんけな都知事と
やたら刀振り回すらしい刀剣マニアのアホでマヌケなウヨウヨなやつらとか・・・

こいつらと同じ世界に生きていかざるを得ないのか。
さあ、どうする!
逃げ場所はないのか?
立ち向かうか!

ところでこのトラックバックってなんなんだろう?
いまいちまだ飲み込めないここのアレコレ機能。

暴飲暴食日記更新、そしてブログ

りらごー

谷和彦さんの衝撃作品「リラックスでGO!」からとった私の別ハンドルの<りらごー>というタイトルでニフティのWEBLOGサイトを開始した。まだ使いこなすまでは至っていないがぼちぼちかいてゆきたい。ここはここ、あそこはあそこ、そこはそこ・・・いろいろ人格と文体とテーマを使い分けつつ・・などと思いつつも・・・要は自分なんだけど。
特にWEBLOGでは硬派なテーマを多く書くつもりなのだ。いまのところ。とはいえただの日記なんだけど。ドバドバHPとは別に運営している別サイトとの内容的な連携はあるかもしれない。

暴飲暴食日記を21日分まで記述。次は月末かな。あるいは年明けかな。久々に22日にチャットをやった。お客さんは千客万来とはいかなかったが。今後しばらく仕事が超多忙生活になるのでのんびりチャットはしばらくなしかな。でも仕事に常駐する脳味噌になるとほぼ常にWEB上に存在する脳味噌になるというところもある。48時間くらいずっとパソコンの前みたいなことがあるからなあ。あああああそういう季節かああ。仕事せなしゃあないかああ。

2003.12.14

暴飲暴食日記を13日まで更新

ドバドバHPの掲示板はただいまコントロール状態。事情はいろいろあり。
暴飲暴食日記をまとめだし。12月の前半の分。今月はばりばり節約状況。とかいいつつ、まだご飯をたいていない。お米をさる筋から頂いた。ありがたい。うまそうなお米。田舎が農家だそうだ。田舎が農家のおうちってお米を買わないそうだ。お米を買わないでも済むっていうことはこれほども有難いことなのか。

2003.12.10

日本人のDNA

遺伝子・DNAから日本人を考える

NHK特集の番組にあったらしい内容を参考にデータをのせているページ。
朝日ニュースター、ニュースの真相において、東海大学の葉先生がこの事実についてゆっていたのがきっかけで検索した。
NHKのその番組は既にDVD化しているらしい。

熊野ライフというホームページの歴史についてのページの一部のページです。近々本体のページもリンク集に入れる予定ではあります。歴史関係のページをいくつかピックアップしてリンク集を作ろうと思っている。

自衛隊派遣計画、朝日新聞一面社説

今日はめずらしく「やじうまワイド」を見た。といっても地上電波ではなくて、ニュースターの再放送。
新聞の社説を比較論評していた。
大谷さんと勝谷誠彦さんが出てた。
あとはテレ朝のみたぞのさんも出てたか、あのNSで国会からレポートしていたひと。

勝谷さんはあくまで朝日が嫌いみたいで、朝日の社説に突っ込んでいた。
突っ込みどころは鋭いと思った。

ときどきすっとんきょうでぼけたこともぶちかますところがあるんだが・・・この人。

「ここでは米英の開戦の大義は問うまい」というところは確かにちょっと腰抜けだ。朝日。

私は駅売りで久々に朝日新聞を手にした。
もうここ10年以上も新聞を購読するという習慣がないので、ごくたまああああーに駅売りで東京とか朝日とかを買う。読売とか産経は寄付するのもやなので買わない。

勝谷さんの日記のHP
http://www.diary.ne.jp/user/31174/

大義なき戦争に出兵するな!
という論法は確かに強い。
加藤紘一も小林よしのりも同じだ。そこは。

「大義があろうがなかろうが」
日本国憲法の精神を、世界に意味あるものとして生かそうと考えるなら、駄目なものは駄目。
私はそう思う。
良心的兵役拒否国家であるべき。

勝谷さん、たしかに言葉が強くてときどきすーっとすることも言うんだが・・・
時々やはり疑問なことも言う。評価は半々。
言葉の重さが感じられない。というのがある。

戦争の問題を重厚さと深みのある言葉で語っている筆頭は・・・文筆家では辺見庸さん。

2003.12.02

ウェブログスタート

イラクで日本人の外交官が殺された。この国はこれを機会にどんどん「戦争の出来る国」になっていくのだろうか?
愛国的とはどういうことか?
日の丸に敬礼して君が代を斉唱するような学校教育が愛国者を産むのだろうか?
甚だしい疑問をおぼえる。
日の丸や君が代がアジア人を殺したわけではないとか、国旗や国歌が戦争犯罪を犯したわけではないとかいう人がいるけれど。もちろんそれはそうだ。しかし、国歌には歌詞があり、歌詞には意味を伴う。君が代の歌詞を天皇と切り離してとらえるなんてことは土台無理な話で、少なくとも第二次世界大戦後に新しくつくられたはずの「日本国」にはなじまないはず。
私はできればこの国を愛したいと思うし、問題になっている「心のノート」の

 国際社会の一員として、地球人の一人として、日本を愛することが、狭くて排他的な自国讃美であってはならない。この国を愛することが、世界を愛することにつながっていく。

・・・という一説は、私は悪くないと思う。いわゆる「左」側の人たちはここを攻撃するのだが。あえてこの部分は、正直に文意をとりさえすれば、とっても大事なこと、いいことが書かれていると思う。週刊金曜日の河合隼雄さんと森巣さんとの対論は必ずしも森巣さんの言葉が勝っていないと思う。週金の読者の中では少数派だろうが河合さんのゆっていることもよくわかる。

暴飲暴食日記を更新→12月分に突入

暴飲暴食日記をたまっていたところどっと出し。全て計数を済ませて新規月間に突入。
ニフティでウェブログサービスが始まった。
早速登録してみたがまだ使い方がよくわからない。

« November 2003 | Main | January 2004 »

無料ブログはココログ
March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瞬!ワード


ヨモギ(はせがわかおり+本夛マキ)